« 営業時間は3時間のみ … バー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜市・桜木町) | トップページ | 店情報: 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(横浜市・新杉田) »

今宵の〆はタンメンで … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜市・日ノ出町)

タンメンと紹興酒


 「ホッピー仙人」を後に、3軒目はシメタン(=締めの炭水化物)を求めて、京急本線・日ノ出町駅近くの「第一亭」です。

 さっくりと麺類で締める予定で店に入ったものの、「あら、いらっしゃい」なんて満面の笑みで迎えられると、「紹興酒のW(650円)を温かいのでお願いします」とついつい飲み物もたのんでしまいます。

 今日の席は「火が上がるのを嫌がる人もいるんですよ」という、カウンターの一番奥側の、コンロの前あたり。お店の人たちとも話しやすいし、ここでジャーッという炒め音とともに立ち上る炎を見るのが好きなんだなあ。

 特にホルモン炒めを作るときには、カンカンに熱した中華鍋に、一気に生の腸を入れるのが、この店の昔からの調理法なんだそうで、そのときにはゴォォーーッと一段と大きな炎が上がります。

 エルマガジン社から出された「横浜本」の反響も良かったそうで、ゴールデンウイークの連休中は、この本を持った人が、ここ「第一亭」にもたくさん来てくれたんだそうです。

 もともと安くて美味しいお店として、地元の人たちに愛され続けている老舗(昭和34年創業)なので、テレビ(「出没!アド街ック天国」の野毛の回にも登場)や本などで紹介されなくても、大勢のお客さんがいらっしゃってるお店だと思うのですが、そんな風に喜んでいただけると、「横浜本」で「第一亭」の紹介文を書かせていただいた私もホッとひと安心です。

 さてさて、まだ紹興酒も残っているものの、そろそろ締めの麺として、今日はタンメン(550円)をいただきますか。

 タンメンは塩味スープのラーメンに、野菜炒めがのっているような麺料理です。しかも首都圏エリア独特のメニューらしく、私自身、転勤で首都圏にやってくるまで、タンメンの存在は知りませんでした。

 ここ「第一亭」のタンメンは太麺で、店のおねえさんも「出汁(だし)が美味しいでしょう。私も好きなんです」と話してくれるとおり、やわらかくて、やさしい味のスープが、飲んだあとにも心地好い一品です。

 午後10時過ぎまで楽しんで、お勘定は1,200円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《平成21(2009)年5月13日(水)の記録》

|

« 営業時間は3時間のみ … バー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜市・桜木町) | トップページ | 店情報: 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(横浜市・新杉田) »

コメント

ボクは よく焼きそばかネギソバをいただきます。
次はタンメンにも挑戦したいと思います。

投稿: しんでん | 2009.08.04 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/45510646

この記事へのトラックバック一覧です: 今宵の〆はタンメンで … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜市・日ノ出町):

» パターンをつけ麺風に … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜市・日ノ出町) [居酒屋礼賛]
 昭和34(1959)年創業、今年で創業50年の台湾料理の店、「第一亭」にやってきました。  昼の11時半から、夜の11時半まで、12時間通しで営業しているこのお店。88歳になる創業者・中山富夫(なかやま・とみお)さんを中心に、桜田冨美枝(さくらだ・とみえ)さん、木村雪枝(きむら・ゆきえ)さんの娘さん姉妹。その弟さんの中山政彦(なかやま・まさひこ)さんの4人で交代しながら切り盛り中で、午後6時から... [続きを読む]

受信: 2009.10.21 23:37

« 営業時間は3時間のみ … バー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(横浜市・桜木町) | トップページ | 店情報: 国民酒場「じぃえんとるまん新杉田店」(横浜市・新杉田) »