« 本ワサビに変えました … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 一個人増刊の取材後に … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »

〔コラム〕 間もなく発売、「古典酒場7」(新橋大特集)

一斗入りキンミヤ焼酎


 業務用、一斗(18リットル)入りのダンボール箱入りのキンミヤ焼酎が、でんと置かれたこの場所は、ホッピービバレッジ調布工場。

「すごいっ。このキンミヤ焼酎、わが家にも欲しいですね~」

「こんなのお店でも見たことがないです。いいなあ」

 大きなキンミヤ焼酎を見ながら話しているのは、日経BP局長で作家の渋谷和宏(しぶや・かずひろ)さんに、古典酒場編集長の倉嶋紀和子(くらしま・きわこ)さん。

 今日は7月10日(金)〔←今週末です!〕に発売が予定されている「古典酒場7」のホッピー座談会で、調布工場にやってきたのです。

 この座談会にはホッピービバレッジ株式会社取締役副社長のホッピーミ~ナこと石渡美奈(いしわたり・みな)さんや、入社2年目となった広報担当のオタマイク・カレラさんも加わっていただいて、「どんなつまみがホッピーに合うか」を真剣に話し合います。

 とは言うものの、つまみは各自が「これが白ホッピーに合う」「黒ホッピーにはこれだ」と思う品々を持ち寄って、それを実食しながら、件の箱入りキンミヤ焼酎で作った生ホッピーをガンガンいただくというもので、とても楽しい時間なのです。

 しかも、白ホッピーも黒ホッピーも、この工場でできたばかりの生ホッピーを使って、ホッピービバレッジの社員の方がシャキッと作ってくれるので、おいしくて、おいしくて。

 フラフラと酔っ払った帰り道は、前回同様に、自宅が近くの編集長と一緒に、大きなホッピートラック(ボルボ製の11トン車)で荻窪駅まで送っていただきます。高い視点から見おろす道路の気持ちいいこと。

 そういえば、昨日も編集長と一緒に飲んだのでした。

 今回の「古典酒場7」には、もう1箇所、登場させていただいていて、それはなんと「新・居酒屋談義」。

 この「居酒屋談義」シリーズ、第1号ではなぎら健壱さん、第2号が安西水丸さん、第3号が太田和彦さん、第4号が坪内祐三さん、そして第5号の吉田類さんの後から新シリーズとして、リレー形式で次の人にバトンタッチする仕組みとなり、第6号で森下賢一さんが登場。おそれ多くも、その森下さんからバトンを回していただいたのでした。

『えぇ~っ。私でいいのかなあ~!?』

 と思いつつも、午後4時に取材場所である阿佐ヶ谷の「川名」に到着。「居酒屋談義」を担当されている「酒とつまみ」編集発行人の大竹聡(おおたけ・さとし)さん、カメラマンの遠藤純(えんどう・じゅん)さん、そして編集長と4人で、「川名」の奥の小上がりの1卓を囲みます。

 すでに何度かお会いした方々ばかりなので、「今日もよろしくお願いしま~す」と乾杯のときからすでに盛り上がった状態で、飲むは食べるは、しゃべるは飲むは。

 一次会だけでは飲み足らず、中野の「ブリック」に出て二次会。大竹さんのボトルをすっかり飲みきって、もう1本入れたボトルもまた飲みきって。

 取材のはずなのに、なぜかとってもよく飲んだ土日でした。

 どんな記事になったのかは、「古典酒場7 新橋大特集」をお楽しみに~。

《平成21(2009)年5月23日(土)~24日(日)の記録》

|

« 本ワサビに変えました … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 一個人増刊の取材後に … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/45568337

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム〕 間もなく発売、「古典酒場7」(新橋大特集):

« 本ワサビに変えました … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 一個人増刊の取材後に … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »