« 新杉田にもやってきた … 立ち飲み「じぃえんとるまん新杉田店」(横浜市・新杉田) | トップページ | 〔コラム〕 間もなく発売、「古典酒場7」(新橋大特集) »

本ワサビに変えました … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

シメコハダ


 店主の腰痛でしばらく(といっても定休日も含めて4日間)お店を休んでいた「竹よし」が再開したという話を聞いて、様子を見にやってきました。

 カウンター内で店主を手伝っているのは、いつもは土曜日に手伝いに入っているキティちゃん。私は金曜日か日曜日に来ることが多いので、久しぶりにお会いしました。

 さっそく「高清水」の冷酒(300ml瓶、600円)とシメコハダ(500円)を注文して、チビチビとやりながら話を伺います。

「久しぶりに痛風が出ましてね。痛いほうの足をかばいながら仕事をしてたら、その体勢が悪かったのか、今度は腰に来ちゃった。まだ本調子じゃないんですが、毎日のように常連さんたちが顔を出してくれて、忙しそうな状況になると手伝ってくれるんですよ。本当にありがたいことです」と店主。

「おまたせしました」と出されたシメコハダを見ると、おろしたての本ワサビがたっぷりと添えられています。

「おぉっ。すごいですねぇ!」

「魚料理屋なんで、前から本ワサビを使いたかったんですが、値段が高くて、なかなか仕入れられなかったんです。やっと普通に使えそうなのが見つかったので、本ワサビに切り換えてみたんです」

 カウンターの奥側に座っているお客さんが、さっそくその本ワサビを使った新メニュー「ワサビ巻き」(600円)を注文すると、ワサビだけを具材にして巻いた海苔巻きが出されます。その1個をパクッと口に入れたお客さん。

「ウワッ!」と口をおさえると、目からはジワァ~ッと涙がにじんでいます。

「これは効きますね~!」

「そうでしょう。でも、このワサビ巻きには、もうちょっといい海苔じゃないと合わないような気がしてましてね。ちょっと当たってみてるんですよ」

 なるほど。いい食材をひとつ使い始めると、そのまわりのものも、それに合わせてランクアップしないと釣り合いがとれなくなってくるんですね。

「これなんかも、美味しいですよ」

 と、その本ワサビを添えて、小皿に数切れだしてくれたのは、マグロの脂身(トロ)の部分。どれどれ。

 なるほど。これもいいですねぇ。醤油も弾いてしまうほどの脂なのに、ワサビでピシッと締まります。

 最近、焼き鳥屋でも豚トロ焼きにワサビを塗って出してくれたりしますもんね。脂とワサビは相性がいいのかもしれません。

 もう1本冷酒(300ml瓶、600円)をもらって、店の閉店時刻(午前0時)まで、1時間ほどの滞在。お勘定は1,900円でした。どうもごちそうさま。

090215a 090522a 090522b
「竹よし」 / 冷酒とお通し / マグロの脂身(トロ)

店情報前回

《平成21(2009)年5月22日(金)の記録》

|

« 新杉田にもやってきた … 立ち飲み「じぃえんとるまん新杉田店」(横浜市・新杉田) | トップページ | 〔コラム〕 間もなく発売、「古典酒場7」(新橋大特集) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/45566494

この記事へのトラックバック一覧です: 本ワサビに変えました … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» キンメダイ1尾4千円 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
「どう。このキンメダイ。1.8キロもの。キロ2,200円だから、これで4千円ほどだよ」  いい魚を仕入れることができて、本当に嬉しそうな店主。カウンターに居並ぶ常連さんたちは、 「えぇーっ。原価をばらしちゃっていいの? 値段がつけにくいんじゃない?」  と心配しつつも、まだ値段も発表されていないうちに、われも我もと、ポンポンと注文が入ります。みなさん、店主に負けず劣らず魚好きですねぇ。考えてみれば... [続きを読む]

受信: 2009.08.20 19:18

« 新杉田にもやってきた … 立ち飲み「じぃえんとるまん新杉田店」(横浜市・新杉田) | トップページ | 〔コラム〕 間もなく発売、「古典酒場7」(新橋大特集) »