« ハモと小アユで菊正宗 … 小料理「ぎおん」(本郷三丁目) | トップページ | 東京のおでんの立役者 … おでん「呑喜(のんき)」(東大前) »

店情報: おでん「呑喜(のんき)」(東大前)

    090611z2
  • 店名: 呑喜
  • 電話: 03-3811-4736
  • 住所: 113-0023 東京都文京区向丘1-20-6
  • 営業: 11:45-14:00、16:30-22:00(祝15:00-20:30)、日休(8月は半月ほど休)
  • 場所: 地下鉄南北線東大前駅エレベーター出口より徒歩1分。本郷通り沿い、第六中学校そば。
  • メモ: 明治20(1887)年に創業した“江戸おでん”の面影を残す老舗。もともと東京のおでんは田楽や煮物風だったが、2代目が、明治40年ごろにダシ汁にしょうゆで味付けしてタネを浮かせた現代スタイルを作り出したという。大根や袋などの、今となっては定番のおでん種を考案したのも2代目だそうである。袋は、当時大流行した牛なべをヒントに、糸コンと玉ネギと牛肉を揚げの中に入れたとのこと。
  • HTML版(2003年以前): (03.07.05)

|

« ハモと小アユで菊正宗 … 小料理「ぎおん」(本郷三丁目) | トップページ | 東京のおでんの立役者 … おでん「呑喜(のんき)」(東大前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/45698252

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: おでん「呑喜(のんき)」(東大前):

» 東京のおでんの立役者 … おでん「呑喜(のんき)」(東大前) [居酒屋礼賛]
 せっかく東大の近くに来てるのでもう1軒、と足を伸ばしたのは、地下鉄南北線・東大前駅のすぐ近くにある、明治20(1887)年創業の老舗おでん屋、「呑喜」です。  午後6時半過ぎの店内は先客はなし。入口すぐのテーブル席を通り過ぎ、奥のL字カウンター席の、大きなおでん鍋の前に陣取ります。  この店にはメニューはなく、おでん鍋の中に入っているネタや、横のガラスケース内に並んでいいるネタなどを見て注文する... [続きを読む]

受信: 2009.07.21 20:18

« ハモと小アユで菊正宗 … 小料理「ぎおん」(本郷三丁目) | トップページ | 東京のおでんの立役者 … おでん「呑喜(のんき)」(東大前) »