« 煮込みとイカフライ? … やきとり「喜よし(きよし)」(川口市・蕨) | トップページ | 〔コラム〕 社員食堂でいただく、手打ちそばに冷酒 »

とり豆富は締めの一品 … やきとり「喜よし(きよし)」(川口市・蕨)

とり豆富


主:とり豆富(400円)は、この店の締めの一品的な料理ですね。

熊:お腹がすいてる人は、もちを焼いてもらって中に入れたりしてます。

ふ:鶏肉がジューシーなんですよね。

主:こちらの梅さんもご紹介しておきますね。梅さんこと梅田修治(うめだ・しゅうじ)さんは、もう30年以上通っています。先代の頃の話は梅さんに聞いてみてください。

梅:そうねえ。中学校を出て働き始めて、買い物先でここの大女将(先代の奥さん)に出会ったんだ。「うちはやきとり屋をやってるよ」って言って誘ってくれて。16~7歳くらいの頃だったかなあ。それからずっとだよ。今53歳だから、もう36~7年になるのか。

――大女将は?

主:いつもは奥の厨房で働いてるんですが、土曜日はお休みなんですよ。

――先代は、どんな感じの人でした?

梅:先代は昭和一桁生まれの頑固オヤジで、いやな客は「もう来るな」と追い返していたよ。飲み物も、昔からずっと瓶ビールと酒(日本酒)しかなくて、チューハイブームがやってきた頃に、やっと焼酎のアルカリイオン水割りが登場したんだ。今みたいに、いろんな飲み物が飲めるようになったのは、今の店主になってからだよ。

――店はどんな感じでしたか?

梅:店内は昔から今と同じ感じだったけど、入口のところのテーブル席(テラス席)はなかったな。昔は黙って座ればみそ焼きが出てきてたんだ。伝票もなくて、皿と串とで勘定してた。

――なるほど。当時からやっぱりみそ焼きだったんですね。

梅:そう。今もみそ焼き。ここにかなうみそダレは、他にはないんじゃないかなあ。ここのみそ焼きは、みそダレを浸けながらじっくりと焼くからか、冷めてもうまいんだよ。お土産で持ち帰る人も多いよ。

――お持ち帰りもできるんですか?

主:そうですね。おみやも出前も多いですよ。この近く、飲食店も多いんで。

熊:私も、みそ焼きのおみやを1~2人前もって帰るんです。梅さんの言うとおり、ここのみそ焼きは冷めてもうまい。電子レンジでチンして食べてもうまいんだけど、みそ味そのものを楽しみたいんなら、冷めたままのほうがうまいんです。

――梅さんも、この店にはしょっちゅういらっしゃってるんですか?

梅:昔は毎日来てたんだけど、今は週に2~3回くらいかなあ。毎日9時過ぎくらいに来ることが多いんだよ。ん? その時間に来て売り切れてないかって? あぁ、もちろん売り切れてるものはあるけど、何かは残ってるから、みそ焼きは必ず食べられるんだよ。

――梅さんがこの店にずっと通っている魅力はなんでしょう?

梅:居心地のよさかな。二代目になってメニューも増えて、客層も変わってきたんだけど、昔と変わらず客同士の喧嘩がない店なんだよ。それがいいね。だから不況でも客が減らない。

主:不況になって、今まで赤提灯とか利用していなかった層の人たちも来てくれるようになった感じかな。昔からの常連さんたちは、「知らない人が増えたな」という印象を受けてるんじゃないでしょうか。

――女性客はどうですか?

主:最近は女性も多いですよ。カップルが多いですね。

――この店ならではのユニークなメニューもありますか?

主:冬場には、鉄板鴨ねぎ焼きがあります。

熊:自分でジュージュー焼いて、割り下で食べるんです。締めにうどん玉を入れたり。

――鉄板!? どこで焼くんですか?

主:自分の席で、周りのお客さんの顰蹙(ひんしゅく)を買いながら焼くんですよ。「油が飛ぶんじゃねぇか」って(笑)。混んでるときは、みんな遠慮してやらないんです。

――ライブの案内も張り出されてますけど?

主:半年に一回くらい、この店でやるんですよ。入り口のあたりを片付けて、楽器を入れて。大好評ですよ。

 店主は、いろいろな新しいことにも取り組もうとされているようです。「料理についても、こんなのがあったらいいなという希望を、店主はよく聞いてくれるんだよ」。梅さんもそう話してくれます。

 ゆっくりと2時間ちょっとの滞在は、熊さんと、私と、私の同行者の3人で4,200円(ひとりあたり1,400円)でした。どうもごちそうさま。いろいろとお話を聞かせてくださったみなさん、ありがとうございました。

店情報前の記事

《平成21(2009)年7月4日(土)の記録》

|

« 煮込みとイカフライ? … やきとり「喜よし(きよし)」(川口市・蕨) | トップページ | 〔コラム〕 社員食堂でいただく、手打ちそばに冷酒 »

コメント

川口市在住です。隣の赤羽、または西川口には魅力的な酒場がありますが川口駅周辺にはこれといった酒場がありません。秋元屋の味噌だれに魅せられて、この味がもう少し近くで味わえたらと思っていた所今回の記事を拝見し早速行って参りました。蕨にこんな素晴らしい店があったとは。飲み過ぎてしまいました。味噌だれの他みょうがとおくらが秀逸でした。愛知から出てきた身にはとてもありがたいブログです。いつも参考にさせていただいてます。

投稿: あき | 2009.08.29 06:40

昨日は突然に、大変失礼致しました。
憧れのお二人にお会いでき、興奮のあまり、あの後飲み過ぎ。。。
のんべ道を直走って来て、本当によかった。
指折り数える、日曜日!
今後も更新を楽しみにしております!
ありがとうございました!!

投稿: いえろーボイス | 2009.08.30 23:28

いえろーボイスさん
 こちらこそ、お声をおかけいただき、ありがとうございました。
 突然の美女おふたりの登場で、びっくりしましたよ~(^^)
 今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 浜田信郎 | 2009.09.01 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/46057488

この記事へのトラックバック一覧です: とり豆富は締めの一品 … やきとり「喜よし(きよし)」(川口市・蕨):

« 煮込みとイカフライ? … やきとり「喜よし(きよし)」(川口市・蕨) | トップページ | 〔コラム〕 社員食堂でいただく、手打ちそばに冷酒 »