« 隠れ家にもぐり込んで … 焼酎バー「くんちゃん」(野方) | トップページ | あいかわらずの大人気 … 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地) »

焼き台横で立ち飲んで … 「西口やきとん(にしぐちやきとん)」(浅草橋)

焼き台の様子


 土曜日ながら、都内での仕事を終えて、浅草橋駅に到着したのは午後4時45分。すぐに「西口やきとん」に向かいます。

 「西口やきとん」の公式開店時刻は午後5時ながら、「お客さんがいらっしゃったら開けなきゃいけねえだろ~よ」ということなのかどうなのか、少し前からお客さんが入っていることが多いのです。

 おぉ、やっぱりお客さんが入ってますねぇ。しかも、入口左手のメイン立ち飲みカウンターなんて、ほぼ満席ではありませんか。かろうじて半人前くらいのスペースが空いていたメインカウンターの一番手前、焼き台のすぐ横のところに割り込むように入れてもらって、まずは生ビール(300円)を注文します。

 この店の生ビールは、ボール(レモンハイボール、280円)と同じ、小さいジョッキに注いでくれるので、飲み始めの喉(のど)をグッと潤すに、ちょうどいい量なのです。

 ッカァ~~ッ。特にこの一口めがたまりませんなあ。

 ちょっと落ち着いたところで、確認しないといけないのが、ホワイトボードに書き出された「本日の日替り小皿」。今日は、クリーム煮(150円)、昨日のカレー(150円)、つまみもやし(100円)、漬けきゅうり(100円)、コンソメスープ(150円)の5品が載っています。

 そこへ、となりに立ってるおにいさんから、名物・塩煮込み(150円)の注文が飛びます。

「今日は塩煮込みじゃなくて、コンソメスープになるんだけどいい?」と店のお兄さん。

「うん。じゃ、コンソメスープね」と、となりのおにいさん。

「それじゃ、私もコンソメスープ。あと漬けきゅうりもお願いします」と私も便乗注文です。

 すぐに出されたコンソメスープは、見た目はほとんど塩煮込み。いつもの塩煮込みのスープだけをコンソメ風味に変えたんですね。このスープがまた美味しくて、汁まですっかり飲みきってしまいます。(塩煮込みのときも飲み干してるけれど…。)

 漬けきゅうりは、きゅうりの酢漬けが小皿に5~6切れ。「酔わせて下町」のFさんオススメの一品でもあります。(「東京 居酒屋名店三昧」をお持ちの方は、「西口やきとん」のページをご笑覧ください。)

 続いてはボール(280円)をもらって、焼き物としてガツしょう油(100円)に、白獅子(しろじし、100円)を味噌で、そしてフランスパン(100円)を、それぞれ1本ずつ注文します。

 白獅子は、1本の串にカシラのアブラの部分と獅子唐(ししとう)を交互に刺して焼いた、この店の名物のひとつ。ハツと獅子唐を交互に刺した赤獅子(あかじし、100円)と合わせて注文されることも多い一品です。

 フランスパンが焼き上がったところで、皿なんこつ(150円)をもらって、フランスパンにのせて食べるのも定番。ボール(280円)もおかわりです。

 今日は、団体で予約のお客さんも入っているので、筋向いにある2号店、「西口やきとん広場」も営業中。そのついでに、グループ客も次々と「広場」のほうに案内されるので、本店側は比較的ゆったりとした状態です。こんなにゆるい雰囲気の「西口やきとん」は珍しいかも。

 午後6時前まで、1時間ほど楽しんで、今日のお勘定は1,410円。お腹もふくれて、ヘロヘロに酔って、この値段ですんじゃうのが「西口やきとん」なんだよなあ。

「西口やきとん」 漬けきゅうりとコンソメスープ ガツ醤油と白獅子 皿なんこつ
「西口やきとん」 / 漬けきゅうりとコンソメスープ / ガツ醤油と白獅子 / 皿なんこつ

店情報前回

《平成21(2009)年6月20日(土)の記録》

|

« 隠れ家にもぐり込んで … 焼酎バー「くんちゃん」(野方) | トップページ | あいかわらずの大人気 … 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/45836521

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き台横で立ち飲んで … 「西口やきとん(にしぐちやきとん)」(浅草橋):

» 仏蘭西パンの生みの親 … 「西口やきとん(にしぐちやきとん)」(浅草橋) [居酒屋礼賛]
 今日は、浅草橋は「西口やきとん」の常連、そばさんと共に「西口やきとん」にやってきました。  “そば”というハンドルネームでもわかるとおり、そばさんは路麺大帝(ろめんたいてい)とも呼ばれるほどの路麺(立ち食いそば)通。浅草橋あたりには、昔から路麺の名店が多いんだそうで、そういう店々を探訪するうちに、ここ「西口やきとん」にも入るようになったのだそうです。 「5~6年前から、週に2回ずつくらいのペース... [続きを読む]

受信: 2009.09.03 22:40

« 隠れ家にもぐり込んで … 焼酎バー「くんちゃん」(野方) | トップページ | あいかわらずの大人気 … 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地) »