« トマト、ポテト、古漬 … 立ち飲み「ぼんそわ」(新橋) | トップページ | チュルトロ鶏足煮込み … 中華料理「楽園(らくえん)」(横浜市・石川町) »

モツだけのスペシャル … 中華料理「楽園(らくえん)」(横浜市・石川町)

センマイとネギ・生姜の和え物


「モツの美味しい店となると、この店をはずすわけにはいかんでしょう」

 そう言って、濱の酒場通・iiさんが連れてきてくれたのは、横浜中華街にある広東料理の店、「楽園」です。

「いつもは、モツ系は1~2品もらって、あとは中華風の刺身(要予約)や、名物の巻揚(まきあげ)、ウナギ、青物の炒めなどを注文することが多いんだけど、今日はモツだけのスペシャルで行きましょう。4人だから、4品前後なら食べられるでしょう」とiiさん。

 この店は、1品1,500円前後という値段ながら、だいたいひとりあたり1品見当で注文すれば、ちょうどいい量になるので、結果的にはとても安くつくのです。中華のお店はどこもそうですが、なるべく大勢でやってきて、あれやこれやとたくさん注文するのが楽しいですよねぇ。

「それじゃセンマイとねぇ、あとハチノスと…」

 と、いつものようにメニューも見ないで、するすると注文してくれるiiさん。

「この店のいいところは、こうやって食べたいものをあれこれと注文しておいても、出す順番や、調理法(味付け)などに、うまく変化をつけてくれるところ。あまり似たようなものが続いた感じにならず、どれも美味しく食べられるんですよ」

 ビール(520円)と一緒に、お通し代わりに出してくれた、自家製のザーサイをつまみながら待つことしばし。

 まず出てきたのはセンマイとネギ・生姜の和え物(1,500円)。真っ白いセンマイが、ここ「楽園」のトレードマーク的な存在でもあります。

「漂白してるわけじゃないんですよ。新鮮なセンマイ(牛の第四胃袋)を、タワシでごしごし洗うと、表面の黒い皮が剥けて、こうやって白くなるんです。とにかく鮮度が良くないと、こうはならないんですよ。鮮度が悪いと、どう磨いても灰色にしかならないんです」

 そう教えてくれるのは、この店の女将・曽賜珍(そう・しちん)さん。店は先代が昭和23(1948)年に創業し、今年で創業61年になったのだそうです。

「iiさんには、昔からずっといらしていただいてるので、私がご説明するよりも、むしろiiさんのほうがよくご存知だと思いますよ」と微笑んでくれます。

 センマイとネギ・生姜の和え物は、白いセンマイと、白髪ネギ、その白髪ネギと同じくらい細く切った生姜、そして香菜(パクチー)をさっと和えたもので、ほんわりと温かい状態のものに、別皿で出してくれる唐辛子味噌をつけて食べるのがおすすめです。この唐辛子味噌の辛さで、味わいがビシッと締まるのです。

「はいっ。牛モツでございます」と牛モツ煮込みの登場。内臓のいろんな部分を、醤油味で煮込んでいる。八角(ハッカク)の風味がよく効いていて、もつ焼き屋の煮込みとは、これまたまるで違う感じ。「みんなは“イカ”って言うけど、ほんとはイカじゃないのよ」と女将さんが言う、白くて弾力の強いモツは、ハツモト(大動脈)なのかな。

 この煮込み、牛モツ以外の具はレタスのみなのですが、思いっきり煮込まれた牛モツに対して、このレタスがシャッキリ感を残した絶妙な火のとおり加減で、さすが中華です。

 東京のモツ煮込みは、腸が主役になることが多いのですが、ここの煮込みには腸は使われていないようです。メニューを見ても、腸を使った料理は見あたりません。う~む。これも不思議ですねぇ。

(後編に続く)

090624a 090624b 090624c
「楽園」 / 青山(チンタオ)ビール / 牛モツ煮込み

店情報前回

《平成21(2009)年6月24日(水)の記録》

|

« トマト、ポテト、古漬 … 立ち飲み「ぼんそわ」(新橋) | トップページ | チュルトロ鶏足煮込み … 中華料理「楽園(らくえん)」(横浜市・石川町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/45900945

この記事へのトラックバック一覧です: モツだけのスペシャル … 中華料理「楽園(らくえん)」(横浜市・石川町):

» チュルトロ鶏足煮込み … 中華料理「楽園(らくえん)」(横浜市・石川町) [居酒屋礼賛]
「これは内臓ではないんですけど、肉ではなくてパーツだからいいでしょう」  と言いながら、濱の酒場通・iiさんが注文してくれたおすすめメニューは、鶏足の醤油煮込み(1,570円)です。  トロトロに煮込まれた鶏の足を口に入れると、舌と上あごではさんだだけで、歯も使うことなくチュルリととろけます。後に残るのはコロコロと小さな骨ばかり。 「小さな骨は、この骨壷(なのか?)に出してくださいね」  と、一緒... [続きを読む]

受信: 2009.08.12 23:58

« トマト、ポテト、古漬 … 立ち飲み「ぼんそわ」(新橋) | トップページ | チュルトロ鶏足煮込み … 中華料理「楽園(らくえん)」(横浜市・石川町) »