« 珠玉の老舗酒場で一献 … 大衆酒場「斎藤(さいとう)」(十条) | トップページ | 〔ご紹介〕 呑んべぇフロンティア 野方 … 「東京通本」 »

名物しょうがみょうが … やきとん「すっぴん酒場(すっぴんさかば)」(野方)

しょうがみょうが(手前)とチーズつくね


「料理はすべてに自信があります!」

 と話してくれる店主は、もともと洋食の道を歩んでいたのに、もつ好きが高じて、もつ焼きの道に転向。もつ焼き屋で修業した後、平成18(2006)年11月15日に、野方の地に「すっぴん酒場」を開店しました。

 それからまだ2年9ヶ月なのに、もう常連さんがいっぱいついている人気店です。

 野方も平成16(2004)年創業の「秋元屋」あり、「すっぴん酒場」あり、そして平成20(2008)年には「ヨシミ商店」もオープンして、徐々にもつ焼き濃度も高まってきました。

 ここ「すっぴん酒場」は、つくねの種類が多いのも特徴のひとつ。普通のつくねの他に、おやじつくね、チーズつくね、たたきつくねと全部で4種類あって、すべて1本100円です。

 他ではあまり見かけない、あぶらにんにく(100円)や、しょうがみょうが(150円)、おくら巻(200円)なども人気の品なんだそうです。

 刺身は、れば刺、こぶくろ刺、がつ刺の3種類があって、いずれも400円。刺身用のもつは、すし屋のネタ同様に、金属製のケースに入れられて、かたまりのまま冷蔵庫に保管されています。注文を受けてから引いてくれるので、鮮度抜群です。

 こうやってもつに力を入れる一方、ちょっと遊び心を感じるメニューもあります。

 たとえば、もち(150円)は、お餅をそのまま焼いてくれるんだそうです。

 中島メンチ(200円)は、すぐ近くの中島屋精肉店のメンチカツ。

「中島屋精肉店は、メンチだけじゃなくて、ハムカツやコロッケも美味しいんですが、うちの店が狭くて、あれこれ置けないので、メンチだけにしてるんですよ」と店主。

 同じく高山ベーコン(200円)は、都立家政の高山肉店のベーコンです。地域に密着してますねえ!

 立ち飲みカウンターの背後の壁には、袋菓子もたくさんぶら下がっていて、1袋50円です。

 キャッシュ・オン・デリバリーでさっくりと楽しめるお店です。

090814a 090814b 090814c
「すっぴん酒場」 / 瓶ビールとお通し / 壁の袋菓子

店情報前回

《平成21(2009)年8月14日(金)の記録》

|

« 珠玉の老舗酒場で一献 … 大衆酒場「斎藤(さいとう)」(十条) | トップページ | 〔ご紹介〕 呑んべぇフロンティア 野方 … 「東京通本」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/46348110

この記事へのトラックバック一覧です: 名物しょうがみょうが … やきとん「すっぴん酒場(すっぴんさかば)」(野方):

» ていねいな仕事が人気(前編) … やきとん「すっぴん酒場(すっぴんさかば)」(野方) [居酒屋礼賛]
 平成18(2006)年11月15日に創業した「すっぴん酒場」は、今年で創業3周年。地元の常連さんたちに愛される、商店街の人気店です。  この店の特徴は、品質が高く、鮮度のいいモツの仕入れと、店主のていねいで一所懸命な調理です。  店主・徳宿克治(とくしゅく・かつじ)さんは、洋食屋で働いた後、新橋にある炭火串焼の「三政」で修業をして、この店をオープンしました。その「三政」と同じ仕入先からモツを仕入... [続きを読む]

受信: 2009.12.17 23:56

« 珠玉の老舗酒場で一献 … 大衆酒場「斎藤(さいとう)」(十条) | トップページ | 〔ご紹介〕 呑んべぇフロンティア 野方 … 「東京通本」 »