« アジとカツオの2点盛 … 大衆酒場「みとめ」(東十条) | トップページ | 珠玉の老舗酒場で一献 … 大衆酒場「斎藤(さいとう)」(十条) »

十条名物・からし焼き … 大衆酒場「みとめ」(東十条)

名物・からし焼き


 前編からのつづきで、東十条の大衆酒場「みとめ」で飲んでいます。

 ホッピーのナカ(270円)をもらって、2品目の料理は、ここ十条地区の名物という、からし焼き(470円)です。

 その元祖は、ここ「みとめ」とは駅をはさんで反対側にある、「とん八」とのこと。

 「みとめ」では、奥の厨房で調理が進むため、どのように作られているのかを見ることはできませんが、注文してしばらくするとジャーッという肉を炒める音が聞こえてきて、期待が高まります。

 今か今かと待っていると、このジャーッという音が聞こえなくなってから、できあがるまでの時間がけっこう長くて、まだかなぁ~、と思うころに、やっとからし焼きが登場します。

 見た目は、楕円形の平皿に盛られた肉豆腐といった様子。大きく切った何個かの豆腐の上に、一緒に煮込まれた豚肉や玉ネギがたっぷりとのっていて、一番上に、スライスしたキュウリがトッピングされているのがおもしろい。

 煮汁の中には、これまた一緒に煮込まれたらしい、粒ごとのニンニクがゴロゴロと入っています。

 なるほど。おそらく最初に肉や玉ネギを炒めた後、煮汁で豆腐を煮込むので、時間がかかるんですね。豆腐にもよく煮汁が染み込んでいます。

 煮汁そのものは甘みが主体の味付けながら、そこにニンニクが加わることで、ピリッとした辛味が出て、けっこうなボリュームなのに、どんどん食べられます。

 十条地区のからし焼きの中では、この店のからし焼きは、マイルドなほうなんだそうで、他の店では唐辛子なども入って、もっともっと辛い感じなんだそうです。

 刺身の2点盛りと、からし焼きで、もうすっかり満腹。1時間20分ほどの滞在は、1,890円でした。どうもごちそうさま。

店情報前編

《平成21(2009)年8月12日(水)の記録》

|

« アジとカツオの2点盛 … 大衆酒場「みとめ」(東十条) | トップページ | 珠玉の老舗酒場で一献 … 大衆酒場「斎藤(さいとう)」(十条) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/46311568

この記事へのトラックバック一覧です: 十条名物・からし焼き … 大衆酒場「みとめ」(東十条):

« アジとカツオの2点盛 … 大衆酒場「みとめ」(東十条) | トップページ | 珠玉の老舗酒場で一献 … 大衆酒場「斎藤(さいとう)」(十条) »