« 店情報: 割烹「牧野(まきの)」(新馬場) | トップページ | 店情報: もつ焼き「ほ志乃(ほしの)」(北品川) »

名物・活穴子踊り焼き … 割烹「牧野(まきの)」(新馬場)

名物・活穴子踊り焼き


 京急本線・新馬場(しんばんば)の駅から歩いて3分ほどの古い商店街の中に、おいしい海の幸が味わえる店、割烹「牧野」があります。

「名物の活穴子踊り焼き(1,650円)は必ず食べましょう」

 と注文してくれるのは、築地王さん。

 築地王さん、jirochoさん、「酔わせて下町」のFさんと一緒に、共著で出版した「東京 居酒屋名店三昧」でも、ここ「牧野」は紹介されていて、それを書かれたのが築地王さんなのでした。ぜひ一度来てみたかったお店です。

 活穴子は、注文を受けてからさばかれ、1尾分が、長さ方向に17分割ほどに切られて、お皿の上に整然と並べられて出てきます。

「わっ。すごいっ!」

 と驚きの声を上げるのは、もう一人、今日ご一緒させていただいている華麗叫子さん。なにがすごいって、切ってお皿に並べられている身が、ピクピク、ピクピクと元気よく動くのです。

 身の端っこのほうに、櫛(くし)切りのレモンがのっているのですが、そのレモンまでビクビク動いてしまうほどの元気よさです。

「皮のほうから焼いてくださいね」と、お店のスタッフが声をかけてくれます。

 その指示に従って、最初の数切れを、七輪の網の上にのせると、炙るにつれて、ジワァ~ッとUの字型に身が丸まってきます。

 皮の方に丸くなるかと思いきや、身がある側に丸くなって、なんとはなしに元の穴子の姿に戻っていきます。

 ふんわりと焼きあがったところで、添えられたワサビをのせて、ちょっと醤油をつけていただくと、とろりととろける脂ののった身が美味しいこと。

 飲み物は、四合瓶で出される冷酒「緑」(純米吟醸、3,500円)。焼きたて熱々の穴子と、よく冷えた冷酒の相性も良くて、お酒もクイクイ進みます。

「皮が香ばしくなるほどよく焼くのもうまいんですよ」

 という築地王さんの教えに従って、じっくりと焼き上げてみると、たしかにこれもうまい。身のプリプリ感は少なくなるものの、冷酒には、むしろこっちのほうが合いますね。

 今日は、まずメンチカツや、豪華な刺身盛り合せでスタートした後、ハタハタ焼き(3尾500円)と活穴子踊り焼き(1尾1,650円)をいただいたのでした。

 いろいろと打ち合わせもしながら、2時間弱の滞在は、3人で12,270円(ひとりあたり4,090円)でした。どうもごちそうさま。

090821a 090821b 090821c
お通しの冷奴 / メンチカツ / 刺身盛り合わせ

090821d 090821e 090821f
七輪が出されて、冷酒「緑」 / ハタハタ / 焼き上がり

090821g 090821h 090821i
活穴子はピクピク動く / 皮のほうから焼くと / 身の側にくるんと丸まる

店情報

《平成21(2009)年8月21日(金)の記録》

|

« 店情報: 割烹「牧野(まきの)」(新馬場) | トップページ | 店情報: もつ焼き「ほ志乃(ほしの)」(北品川) »

コメント

☆⌒(*^-°)v Ciao!!

お久しぶりです♪

牧野は大好きなお店です♪

最近は2週間に1回通ってます♪

(^m^)プッ

(^-^)ニコ

てりぃ~

投稿: てりぃ~ | 2009.10.21 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/46416349

この記事へのトラックバック一覧です: 名物・活穴子踊り焼き … 割烹「牧野(まきの)」(新馬場):

« 店情報: 割烹「牧野(まきの)」(新馬場) | トップページ | 店情報: もつ焼き「ほ志乃(ほしの)」(北品川) »