« 店情報: もつ焼き「ほ志乃(ほしの)」(北品川) | トップページ | 生シラスで燗酒を一献 … 居酒屋「金田(かねだ)」(自由が丘) »

こってり系もつ煮込み … もつ焼き「ほ志乃(ほしの)」(北品川)

煮込みは牛シロ、ハチノス、豆腐


 築地王さん華麗叫子さんと行く2軒目は、北品川にある、もつ焼・煮込みの人気店、「ほ志乃」です。

 G.Aさんの「至高のはらわた」の中でも紹介されていて、この店も、前から一度来てみたかったお店なのです。

「ここに来たら、煮込みを食べなきゃ」

 すでに何度もいらっしゃっている築地王さんも一押しの煮込み(500円)は、牛シロ(腸)とハチノス(牛の第二胃袋)を、豆腐とともに煮込んだもので、仕上げに刻みネギがトッピングされています。

 とろりとやわらかく、脂がたっぷりと付いた牛シロに、弾力感の残るハチノス。昭和34(1959)年の創業以来、継ぎ足し継ぎ足ししてきたという濃厚なみそ味の煮汁にチューハイもすすみます。

 実はこのお店、「東京 居酒屋名店三昧」でも、取材候補恬としてリストアップされていたのですが、その昔、アド街ック天国に出たら、お客が殺到。常連客からのクレームで、それ以来、一切取材を受けないことにしたということで、お断りされたのでした。

 たしかに、あまり大きくない店内(カウンター6席ほどに、4人掛けのテーブルが4つ)は、今日も近所のビジネスマンらしきお客さんたちでいっぱいです。この店内を、ご夫婦ふたりで一所懸命切り盛りされているので、これ以上、ドンと増えると困っちゃうんでしょうね。

 ここ「ほ志乃」には、看板メニューのもつ煮込み(500円)や、もつ焼き(1本120円)のほかに、アジたたき(豊後産、750円)やシメサバ(600円)、マグロブツ(650円)といった魚介類や、ラビオリ(470円)、フライドポテト(470円)、ちくわ揚げ(430円)などの揚げ物などもあって、大衆酒場風に、腰を据えてくつろぐことができそうです。

 メニューに肉ウドン(600円)もあるのがおもしろい。浅草の「正ちゃん」のように、煮込みをのせてくれるのかなあ??

 築地王さんおすすめのもう一品、ハンペン刺身(480円)は、八つに等分したハンペンの上に、“ダシ”という山形の漬物をのせたもの。添えられたワサビもちょいとのせていただきます。これまた、他では食べたことがない味ですねえ。

 1時間ちょっとの滞在は、3人で6千円ちょっと(ひとり2千円強)でした。どうもごちそうさま。噂にたがわぬいいお店でした。

090821j 090821k 090821l
「ほ志乃」 / 天井の蛍光灯 / 煮込

090821m 090821n 090821o
もつ焼・塩 / 肉じゃが / もつ焼・タレ

090821p 090821q 090821r
ちくわ揚げ / 明太ウメキュウ / ハンペン刺身

店情報

《平成21(2009)年8月21日(金)の記録》

|

« 店情報: もつ焼き「ほ志乃(ほしの)」(北品川) | トップページ | 生シラスで燗酒を一献 … 居酒屋「金田(かねだ)」(自由が丘) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/46434387

この記事へのトラックバック一覧です: こってり系もつ煮込み … もつ焼き「ほ志乃(ほしの)」(北品川):

» 幸せ感じるもつ煮込み … もつ焼き・煮込み「ほ志乃(ほしの)」(北品川) [居酒屋礼賛]
 ほとんどの客が注文する「ほ志乃」の煮込み(600円)。  ここの煮込みは『牛もつ煮込み』で、具材は牛シロ(牛腸)とハチノス(牛の第二胃袋)、そして豆腐。仕上げに刻みネギがトッピングされる。  牛もつ煮込みは、脂分が多くて、旨み、甘みが強いのが大きな特徴。幸福を感じる逸品なのだ。  これにさっぱりとしたホッピー(430円)がよく合うんだなあ。  ここのホッピーは、氷入りのホッピーグラスで、あらかじ... [続きを読む]

受信: 2016.06.12 21:46

« 店情報: もつ焼き「ほ志乃(ほしの)」(北品川) | トップページ | 生シラスで燗酒を一献 … 居酒屋「金田(かねだ)」(自由が丘) »