« 店情報: 串揚げ「たけちゃん」(三田) | トップページ | 学生時代の友人が上京 … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町) »

サワー3杯に串を9本 … 串揚げ「たけちゃん」(三田)

串揚げ「たけちゃん」


 田町近くでの仕事を終えて、本場の大阪串揚げの店、「たけちゃん」にやって来ました。午後5時の店内は、まだお客さんもチラリホラリ。私も入口すぐ左手の立ち呑みカウンターの一角に立って、まずはレモンサワー(300円)を注文します。

 大阪串揚げといえばビールですが、今日はなんとなくチューハイが呑みたい気分だったのです。ちなみにビールは大瓶が550円、生ビールは420円です。

 すぐに「たけちゃん」の店名が入ったサワーグラスでレモンサワーが出され、金属のバットに入ったキャベツと取り皿も出され、そしてカウンターの上段には油切り用の金属バットが置かれて準備完了。

 さっそく、牛肉(90円)、チーズ(90円)、ちくわ(90円)という90円の串揚げトリオからスタートです。

 串揚げのネタは、カウンターの中にある厨房の、大きな金属バットに整然と並んでスタンバイされていて、注文を受けてから、ボールに溶かれたネットリとした衣をつけて、次に粉のように細かく砕かれたパン粉を付けてから、フライヤーに投入されます。

 できあがった串揚げは、カウンター上に「2度づけはだめよ」と書いて置かれているソースにどっぷりと浸けていただきます。

 この衣がもっちりとしていて実にいいんですよねえ。

 衣+具でひとつの食品になっているという印象です。わかりやすい比喩かどうかはわかりませんが、天ぷらそばの天ぷら(具)と、そば(串揚げの衣に相当)の関係と似てるんじゃないかなあ。衣も大切な役割を担っています。

 食べ終わった串は、カウンター上段に置かれた、それぞれのお客さん専用の湯呑みに立てておきます。串揚げの値段に応じて、違う串が使われていて、最後はこれでお勘定する仕組みです。

 なお、飲み物についても、各飲み物に相当する箸が湯呑みの中に入れられていて、合わせてお勘定できるようになっています。カラフルな模様がついた箸が1本立っているのが、レモンサワーの分ですね。

 続いて玉子(110円)を注文すると、串に刺したゆで卵に衣をつけて揚げてくれます。

 次は大阪の串揚げ屋では、よく食べられるらしい紅生姜(110円)。店主が、薄くスライスされた丸い紅生姜の端っこを指でつまんで、衣をつけて、フライヤーに投入していきます。できあがったところで、2枚を上下に重ねて、上から串を打ってできあがり。

 レモンサワーはちょっと甘かったので、2杯目は梅サワー(300円)にしてみます。うーん。レモンサワーほどではないものの、これもちょっと甘めですねえ。まわりを見ると、やはり生ビール(420円)を注文している人が多いようです。

 そして、どて焼き(110円)。どて焼きは一連の串揚げメニューと一緒に並んでいるものの、実際には串揚げではなくて、串刺しの牛スジ煮込みです。どて鍋と呼ばれる浅い四角い金属製の鍋に、整然と2列に並べて煮込まれていて、ダシがなくなりそうになると、別途用意されているダシが足されます。

 注文するたびに、注文した本数のどて焼きに、生姜をおろしてかけ、小皿に取り分けてくれます。煮汁や、煮汁の中にちょっとこぼれている肉片なども、コテですくってかけてくれます。

「お好みで七味をかけて食べてください」と出されるどて焼き。煮汁の甘~い味付けと、おろし生姜のピリッとした感じがよく合います。

 3杯目はウーロンハイ(300円)をセレクトし、ハツ(110円)とナットウ(110円)を揚げてもらいます。

 この店には、串揚げ以外のサイドメニューはなく、串揚げと、先ほどのどて焼きのみと潔い。そのかわり串揚げメニューの中に、肉や魚、野菜類などがずらりと45種類近く並んでいて飽きさせないようになっています。

 ハツは鶏の心臓で、菜箸でフライヤーの底に押し付けるようにして、衣をつけずに素揚げされます。これはソースではなくて、カウンター上に置かれた塩をふって食べるのがいいですね。

 ナットウは、刻んだ野菜と一緒に混ぜた納豆を油揚げに包んで、その口のところにちょいと衣をつけて揚げてくれます。ちょっと迷ったけれど、これもソースにどっぷりと浸けていただきます。

 ここのソースはあっさりと甘めなので、遠慮なくどっぷりと浸けても大丈夫で、どんな食材にでもよく合います。

 店は店主ご夫妻に加えて、午後6時以降はアルバイトの男子学生が3人ほど入ります。

 串揚げを自分であれこれと選ぶのが面倒な場合には、「おまかせ串セット」という、どて焼きも入って8本で1,050円のセットもあります。このセット、バラで注文するよりは、ちょっとお得になっているそうです。

 最後にもう1本、どて焼き(110円)をもらって、1時間半ほどの立ち呑みは、サワー3杯と串揚げ9本。すっかり満腹になってのお勘定は1,830円でした。どうもごちそうさま。

090910a 090910b 090910c
レモンサワーなど / 牛肉、チーズ、ちくわ / 玉子

090910d 090910e 090910f
紅生姜 / 店内の様子 / どて鍋

090910g 090910h 090910i
どて焼き / 串立てとウーロンハイ / ハツ

090910j 090910k 090910l
ナットウ / ナットウの中身 / どて焼きをもう1本

店情報前回

《平成21(2009)年9月10日(木)の記録》

|

« 店情報: 串揚げ「たけちゃん」(三田) | トップページ | 学生時代の友人が上京 … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/46706509

この記事へのトラックバック一覧です: サワー3杯に串を9本 … 串揚げ「たけちゃん」(三田):

» 大阪風の串カツで飲む … 串揚げ「たけちゃん」(三田) [居酒屋礼賛]
 三田方面での仕事のあと、同じ会社の人たちと4人で向かったのは大阪風串揚げの「たけちゃん」です。  奥のテーブル席に座り、生ビール(420円)と、おまかせ串のAセット(8本1,050円)を注文します。  テーブル席では、『初回のオーダーは一人につき「お好きな串5本以上」または「おまかせセット(8本1,050円/6本890円)」のいずれかを注文すること』というルールがあるのです。  その8本が終わっ... [続きを読む]

受信: 2014.12.31 14:08

« 店情報: 串揚げ「たけちゃん」(三田) | トップページ | 学生時代の友人が上京 … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町) »