« 愉快な呑ん兵衛たちと … 居酒屋「みますや」(淡路町) | トップページ | 酒は純米、燗ならなお良し … 純米酒「吟雅(ぎんが)」(阿佐ヶ谷) »

店情報: 純米酒「吟雅(ぎんが)」(阿佐ヶ谷)

    090905z2
  • 店名: 吟雅
  • 電話: 03-3312-9813(FAX共)
  • 住所: 166-0004 東京都杉並区阿佐谷南2-20-2
  • 営業: 18:00-01:30(月祝は -00:00)、日休
  • 場所: JR中央線・阿佐ヶ谷駅南口を出て左へ。信号を渡って、マクドナルドの右側の中央線と並行する道を、高円寺・新宿方面に歩くこと約5分(250mほど)、左手。
  • メモ: カウンター6席。
    〔日本酒 無濾過純米生原酒 1合(半合も可)〕鶴齢(かくれい)特純950、菊の司 生もと純米 亀の尾 1000など。冷蔵酒と火入れの日本酒もあり。〔日本酒以外〕エビスビール小瓶450・中瓶650、さつま五代の梅酒600、グラスワイン900~1200など。
    〔和風〕焼きネギ味噌500、こだわりトマト 宮古島と大島の海塩で550、新銀杏のバター炒め600、卵黄の味噌漬け600、トマトとカリカリじゃこのサラダ600、いかの塩辛糀(こうじ)風味600、能登産白魚の塩辛600、自家製リコッタチーズ豆腐600、アボカドと温泉玉子のマヨクリソース650、クリームチーズの粕漬け650、ホタルイカのゆず醤油漬け650、チーズのたまり醤油漬け700、島豆腐のステーキ 吟雅風ソース750、莫久来(ばくらい、ホヤとコノワタ)850、佐渡産フグの子の粕漬け850、アボカドと豆腐の味噌マヨネーズグラタン(お二人様分の量があります)950、サーモンの昆布締め1000、鴨ロースもろみ風味1200、熊本産馬刺し 極上もも肉1500。
    〔洋風〕自家製マヨネーズのパリ風ポテトサラダ600、合鴨のソーセージのボイル700、地鶏の自家製ハム ローズマリー風味700、自家製リコッタチーズと豆乳のビアンコ・マンジャーレ700、ソラマメのスフォルマート(イタリア風茶碗蒸し)750、トマトとモッツァレラのサラダ(カプレーゼ)750、南仏風野菜の煮込み(ラタトゥイユ)750、吟雅のスペシャリテ 赤ピーマンのムース800(秋鹿[酉元]しぼり ぐい呑み一杯つき +300)、モツ煮イタリアン(トマトソース煮)850、豚肉とキノコのバルサミコ煮850、地鶏のハムとビアンコ・マンジャーレの盛り合わせ900、アボカドとパンチェッタの温製サラダ900、子羊とヒヨコ豆のハンバーグ950、カチャカヴァロチーズのグリル1000、白トリュフ風味!モッツァレラと玉子のオーブン焼き1150、ゴルゴンゾーラとマヌカの花のオーガニック蜂蜜1200、佐渡「へんじんもっこ」の貴腐サラミと田舎風パテ1300、子羊と野菜の煮込み(ナヴァラン)1300、羊タンのソテー モンゴルの岩塩で1400、パルメザンチーズのリゾット950(イタリア産白トリュフバター入り +400)、無加水ビーフカレー950、子羊のドライカレー1000(温泉玉子入り +100)、生クリームの入らないカルボナーラ1200、モツ煮ソースの太いショートパスタ(リガトーニ)1350、ラタトゥイユの冷製パスタ1400、ナヴァランソースのクスクス1650、もうひとつのスペシャリテ 黒糖のクレームブリュレ650。 (2009年9月調べ)

|

« 愉快な呑ん兵衛たちと … 居酒屋「みますや」(淡路町) | トップページ | 酒は純米、燗ならなお良し … 純米酒「吟雅(ぎんが)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/46666790

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 純米酒「吟雅(ぎんが)」(阿佐ヶ谷):

» 酒は純米、燗ならなお良し … 純米酒「吟雅(ぎんが)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 「みますや」を出て、同じ方面に帰る橋本先生、倉嶋編集長とともに電車に乗り込みます。 「せっかくなので、もう1軒、寄って帰りますか」  当然のようにそんな話になるのも、呑ん兵衛ならではですよねえ。もちろん行きますとも!  向かったのは、阿佐ヶ谷駅南口から、高円寺方面に歩いて5分ほどのところにある「吟雅」です。 『酒は純米、燗ならなお良し』  表の電灯看板にはそう書かれています。  なにしろ、店の肩... [続きを読む]

受信: 2009.11.03 22:47

« 愉快な呑ん兵衛たちと … 居酒屋「みますや」(淡路町) | トップページ | 酒は純米、燗ならなお良し … 純米酒「吟雅(ぎんが)」(阿佐ヶ谷) »