« iiさんはこう楽しむ(前編) … 豚料理「味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 店情報: ホルモン焼「けむり」(川崎市・久地) »

iiさんはこう楽しむ(後編) … 豚料理「味珍(まいちん)」(横浜)

味珍のメニュー


 尻尾と豚足をいただいたところで、サイドメニューの辣白菜(ラーパーサイ、300円)です。辣白菜は白菜の漬物。中華料理の辣白菜は、白菜の甘酢+唐辛子漬けで、白い色合いですが、ここ「味珍」の辣白菜は、それに醤油が加わっているので、淡~く褐色がかっています。

「昔は夏場は白菜がなくて、キュウリやキャベツを漬けたりしてたんですよ。今は夏でも、信州の高原や北海道で作った白菜が入るので、年中ありますけどね」と店長。

 この辣白菜にも、iiさんおすすめの食べ方があります。それは、テーブル上のおろしニンニクを入れて、豚料理用に作ったタレをちょいと付けて食べるというやり方。ピリッと辛みが加わって、口中がよりリフレッシュされます。

 続いては、みんなから猪肚(チュートウ)と呼ばれる豚の胃(700円)をもらいます。

「あと、腐乳(フニュウ)を1個だけもらえますか」と追加注文するiiさん。

 腐乳というのは、香港から輸入された発酵豆腐で、本当は小さな2個に刻みネギがトッピングされたものが1人前で150円。豆腐の塩辛とでも言うべきしょっぱさとコクで、お酒がどんどん進む一品です。

 iiさんは、この腐乳を1個だけもらって、その小皿にお酢を入れて、腐乳を溶かします。これを猪肚を食べるときのタレにするのです。

 コラーゲンたっぷりの尻尾や豚足と比べると、弾力が決め手の猪肚は、あっさりとした味わい。これを腐乳+お酢ダレでいただくことで、濃厚なコクが加わって、いい味わいになるのです。タン(豚の舌、700円)にもこの腐乳ダレがよく合います。

 2個1セットの一人前の腐乳をもらって、1個はそのままつまみにし、残る1個をお酢で溶いてタレにするのがいいのではないかと思います。

 カシラ(700円)には、くらげサラダ(400円)とピータン(300円)です。

 カシラは、豚の頭肉をチャーシュー状に巻いて、プレスハムのようにかためたもの。「味珍」の豚料理の中では、普通の豚肉にもっとも近く、初心者にも安心してすすめることができます。

 くらげサラダは、レタスの上に、くらげ、玉ネギ、コーン、紅生姜などを置き、ドレッシングをかけたサラダ。

 薄くスライスされたカシラで、このくらげサラダを巻くようにして食べるのも、iiさんのおすすめの食べ方です。ワシワシと食べることができます。

 そしてピータン。「味珍」のピータンは、黄身のところが(特に今日のは)トロトロの上物。中華街などでは8つに切って出すお店が多いのですが、ここ「味珍」のものは、トロトロなので、4つにしか切り分けられません。

 塩をパラリとふって食べるのもいいのですが、お酢とラー油をかけて食べるのがiiさんのおすすめ。

「いつもは、くらげサラダの上に、ピータンものせて出してもらうんですよ」とiiさん。常連さんたちはいろんた食べ方を楽しんでるんですね。

 iiさんがこの店に来はじめた15年ほど前は、ほとんどが男性ひとり客で、お皿2枚に焼酎を2杯くらい飲んで、40分くらいでスッと帰っていく人が多かったんだそうです。今や若い女性客も大勢いて、隔世の感があります。(トイレは狸小路の共同トイレで、女性用は鍵を借りて行きます。)

 iiさんがこの店に通い続ける魅力は、お客と一体で作り出した店の雰囲気にあるんだそうです。4店舗ある各店で、それぞれ雰囲気が違うのもおもしろいところ。各店の店長さん、店員さんに、それぞれお客さんがついて、各店の雰囲気を作り出しているのです。

 料理が残った場合は、持ち帰り可能なのも「味珍」のいいところです。どうもごちそうさま。

 2階の店に入った場合は、帰りに急な階段を転げ落ちないように気をつけましょうね!

090919o1 090919o2 090919o3
辣白菜 / 猪肚 / カシラ

090919p1 090919p2 090919p3
腐乳(1個分) / 腐乳を酢で溶いて / 猪肚につける

090919q1 090919q2 090919q3
くらげサラダ / ピータン / カシラ+くらげサラダ

店情報前編

《平成21(2009)年9月19日(土)の記録》

|

« iiさんはこう楽しむ(前編) … 豚料理「味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 店情報: ホルモン焼「けむり」(川崎市・久地) »

コメント

浜田様

居酒屋探偵DAITENです。
先月、こちらのお店に始めて行って参りました。
本当に雰囲気のあるお店です。
生まれ故郷の路地裏にそっくりなので、
さらに愛着を持ってしまいました。

投稿: 居酒屋探偵DAITEN | 2009.12.25 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/47001567

この記事へのトラックバック一覧です: iiさんはこう楽しむ(後編) … 豚料理「味珍(まいちん)」(横浜):

» 〔この一品〕 横浜「豚の味珍」の猪尾 [居酒屋礼賛]
 横浜駅西口の狸小路(たぬきこうじ)にある「豚の味珍(まいちん)」。この店ならではの一押しメニューが、豚の尻尾を独特の醤油ダレで煮込んだ猪尾(700円)です。  “猪尾”は、本当は“チューミー”と読むのだそうですが、ほとんどの常連さんは普通に「尻尾(しっぽ)ください」と注文しています。  注文した品が届くまでの間に、タレを作って待っておくのが、この店のやり方。席に着くとすぐに出してくれる小皿に、ま... [続きを読む]

受信: 2010.06.28 23:32

« iiさんはこう楽しむ(前編) … 豚料理「味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 店情報: ホルモン焼「けむり」(川崎市・久地) »