« 店情報: 立飲み「串揚100円ショップ(くしあげひゃくえんしょっぷ)」(立石) | トップページ | 奥の座敷でゆっくりと … もつ焼き「ミツワ(みつわ)」(立石) »

味のついた絶品串揚げ … 立飲み「串揚100円ショップ(くしあげひゃくえんしょっぷ)」(立石)

串揚100円ショップ


 「宇ち多゛」を出て、歩く酒場データベースKさんやdetchさん、「酔わせて下町」のFさんも合流して向かったのは、線路のすぐ近くにある立ち飲みの店、「串揚100円ショップ」です。

 店名のとおり、串揚げ全品が1本100円。1種類2本からの注文になりますが、今日は人数も多いので大丈夫ですね。

 「串揚100円ショップ」の創業は平成15(2003)年6月。創業6年を過ぎて、7年目のシーズンに入っていますが、私自身、この店にやってきたのは、今日がはじめて。立石には行きたい店が多すぎて、私のようにときどきやってくるくらいでは、なかなかすべてを回りきれないのです。

 今日の同行者は、ほとんどの方がこの店のリピーター。酎ハイ(250円)をもらって乾杯したら、注文はみなさんにお任せします。

 他の関西風串揚げの店と同じく、カウンターの上段に油切りのバットが置かれ、下の段には「二度付け禁止」のソースと、食べ放題のキャベツ、そして各自の取り皿が置かれます。

「この店にやってきたら、これは絶対に食べなけりゃ!」

 と注文してくれた1品目は大根です。

「え!? 串揚げで大根なの?」

 と思いながらも、言われるままにソースも何もつけずに口に運んでみると、なんと、この大根、味が付いているんです。ものすごく上品にできあがったおでんの大根に、薄い衣をつけて揚げたような感じ。初めての食感ですねえ! これはおいしい。

 そしてコンニャク。これまた「なぜ、あえてコンニャクなの?」と思う一品ですが、これまたコンニャクにいい味がついてるんです。甘~く煮たコンニャクの串揚げです。おもしろいなあ。

 関西風串揚げ(串カツ)というと、小さいネタに、分厚い衣がついて、ネタもさることながら、もっちりとした衣もまた楽し、といったイメージだったのですが、この店の串揚げは衣が薄い。カリッと薄い衣の下から、ちゃんと味のついたネタが出てくるのです。

 続いて紅生姜ロール。これも何もつけないでいただきます。紅生姜を豚肉で巻いてるのかな。あっさりと食べやすい味わいです。

 うずら玉子はたっぷりとソースをつけて、里芋は塩をふっていただきます。

 店のおにいさん(店主)もユニークだし、串揚げもおいしいし、なにしろ安いし。今度は1軒目としてじっくりと来てみたいですね。

 ひとり千円ずつ出して、おつりは次の店(三次会)の会費となりました。どうもごちそうさま。

091024d1 091024d2 091024d3
「串揚100円ショップ」 / 大根 / コンニャクと紅生姜ロール(奥)

091024e1 091024e2 091024e3
紅生姜ロールの中身 / うずら玉子はソースで / 里芋は塩で

店情報

《平成21(2009)年10月24日(土)の記録》

|

« 店情報: 立飲み「串揚100円ショップ(くしあげひゃくえんしょっぷ)」(立石) | トップページ | 奥の座敷でゆっくりと … もつ焼き「ミツワ(みつわ)」(立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/47398817

この記事へのトラックバック一覧です: 味のついた絶品串揚げ … 立飲み「串揚100円ショップ(くしあげひゃくえんしょっぷ)」(立石):

» 立石・立ち飲みツアー … 立ち飲み「串揚100円ショップ(くしあげひゃくえんしょっぷ)」(立石) [居酒屋礼賛]
 11月11日は第1回目となる「立ち飲みの日」。日本記念日協会には『かつては密な社交場として地味な存在だった立ち飲みも、今では女性も気軽に出入りできるメジャーな存在になり酒文化と食文化の一翼を担っている。立ち飲みをこよなく愛し「東京居酒屋名店三昧」(東京書籍)の著者である作家の藤原法仁氏と浜田信郎氏が制定。日付は11と11の形が人が集って立ち飲みをしている様に似ていることから』と登録されていますが... [続きを読む]

受信: 2010.12.28 00:21

« 店情報: 立飲み「串揚100円ショップ(くしあげひゃくえんしょっぷ)」(立石) | トップページ | 奥の座敷でゆっくりと … もつ焼き「ミツワ(みつわ)」(立石) »