« 食堂の皮を被った酒場 … 「ゑびすや食堂(えびすやしょくどう)」(立石) | トップページ | 牛レバー刺身発祥の店 … 「丸好酒場(まるよしさかば)」(八広) »

店情報: 「丸好酒場(まるよしさかば)」(八広)

    091024z5
  • 店名: 丸好酒場
  • 電話: 03-3611-2420
  • 住所: 131-0032 東京都墨田区東向島6-63-6
  • 営業: 16:00-22:30(日は12:00-20:00)、当分の間、月・火・金定休(2009年10月の店内張り紙)
  • 場所: 八広駅(京成押上線)を出て、鐘ヶ淵通りを鐘ヶ淵駅(東武伊勢崎線)方面に北上すること約300m。水戸街道(国道6号線)との交差点の左手前角。
  • メモ: 名物の牛レバ刺しは日本で初めて出したという噂。牛煮込みは脂こってりでうまい。いろんな料理の仕上げに、先代が考案したという特製醤油ダレが使われる。 〔食べもの〕牛レバー刺身400、牛レバー焼650、牛モツ煮込400、牛ハツ刺身300、牛ハツ塩焼450、豚足350、どぜう丸煮500、どぜう(玉子入)鍋800、ニラ玉子焼250、ポテトサラダ250、野菜炒め400。 〔飲みもの〕丸好ハイボール300、ウーロンハイ350、ライムハイ350、梅干入酎ハイ400、梅酒ハイボール350、生ビール中500・小350、瓶ビール大550、ギネスビール500、清酒(千寿舞)350、ウィスキー(サン白)ハイボール400、ビタミンC抹茶割り350。 〔丼もの〕ホルモン丼500、牛丼550、ジャジャめん450、ホルモンめん550、肉うどん600。 〔ホワイトボードの手書きメニュー〕どぜう鍋玉子入800、どぜう皿500、自家製いか塩辛300、豚バラしょうが焼700、ニンニク正油漬350、野菜炒400、ポテトサラダ350、牛肉ニンニク煮350、豚足350、松前漬300、キュウリ古漬250、冷ヤッコ250、冷トマト250、ニラ玉子焼250、いか丸焼450、サバミソ煮400、赤タイ焼450、鮭かま焼350、いか大根煮250、ジャガカレー250、ナスピーマンあんかけ250、里いも煮300、しいたけバター焼350、春菊ゴマ合250、マグロ刺身650、マグロブツ400、しめさば350、キュウリぬか漬250、ナメコ汁300、しじみ汁250、とうふ汁200、豚足ヤサイスープ300、あんず酒、牛千枚(センマイ)300、牛ハツ焼450、牛ハツ刺身300、牛レバ焼650、牛レバニラ炒650、どぜう丸煮500、どぜう鍋玉子入800。(2009年10月調べ)

|

« 食堂の皮を被った酒場 … 「ゑびすや食堂(えびすやしょくどう)」(立石) | トップページ | 牛レバー刺身発祥の店 … 「丸好酒場(まるよしさかば)」(八広) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/47423030

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 「丸好酒場(まるよしさかば)」(八広):

» 牛レバー刺身発祥の店 … 「丸好酒場(まるよしさかば)」(八広) [居酒屋礼賛]
 「ゑびすや食堂」を出て、みなさんと解散し、detchさん、出版社のSさんと一緒に向かったのは八広(やひろ)の「丸好酒場」です。  今から11年前、1998年10月に出版された名著「下町酒場巡礼」の冒頭(第1章の第1話)を飾る店が、ここ「丸好酒場」です。それを読んで以来、ずっと来てみたかったのですが、なかなか機会がなくて、やっと今日、常連のdetchさんさんに連れてきてもらうことができました。この... [続きを読む]

受信: 2010.01.29 23:00

» 〔コラム〕 連休二日目は下町酒場めぐり [居酒屋礼賛]
 大型連休の二日目、4月30日(金)は、連休中にポツンと挟まった平日です。午前中のうちに銀行の手続きや散髪などを済ませ、午後から宇ち中(うちちゅう)さんと示し合わせて立石です。向かうのはもちろん「宇ち多゛(うちだ)」。どうかな?  おぉ~っ。すごい行列だ。仲見世通り商店街の入口まで行列が延びています。ちらりと裏側ものぞいてみるものの、裏もまた似たようなもの。表側に並んで、待つこと1時間弱。やっと店... [続きを読む]

受信: 2010.05.09 21:07

« 食堂の皮を被った酒場 … 「ゑびすや食堂(えびすやしょくどう)」(立石) | トップページ | 牛レバー刺身発祥の店 … 「丸好酒場(まるよしさかば)」(八広) »