« やっと塩イカ胡瓜もみ … 酒処「吉本(よしもと)」(新宿) | トップページ | 店情報: 立飲み「串揚100円ショップ(くしあげひゃくえんしょっぷ)」(立石) »

店内は6人で切り盛り … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石)

お新香とタン生、焼酎梅割り"


 先週の土曜日に引き続いて、今週も宇ち中(うちちゅう)さんと宇ち入りです。

 今週は出版社のSさん、Oさんも加わって4人で、宇ち中さんが「ニの字」と呼んでいる、表側の入口すぐ左手に2本並んだ細いテーブル席の奥のほうに、4人が並んで座ります。

 まずはまだ残っていたタン生(もつ焼きはすべて1皿2本で180円)とお新香(1皿180円)、そして煮込み(1皿180円)をもらって、飲み物は宇ち中さんと私がビール大瓶(540円)を分け合って、SさんとOさんは、最初から焼酎の梅割り(180円)です。

 「宇ち多゛」の創業は終戦直後の昭和21(1946)年。場所は今の場所のままですが、最初は仲見世通りに面した小さな店として創業し、徐々に徐々に広がっていって、裏側の入口があるほうまで突き抜けて、横にも広がって今の大きさになったんだそうです。だから店内の形状も、かっちりと四角形ではなくて、継ぎ足し継ぎ足ししたようなスタイルになっているんですね。

 現在の店内には約40人が入ることができますが、これを男性3人、女性3人の合計6人で切り盛りしています。

 常連さんたちの噂話によると、その6人の構成は次のとおりです。

 煮込み鍋の横、L字のカウンターの中にいるのが、マスターこと二代目店主で、客席は三代目のアンチャンと、九州出身のソウさん(男性)が担当しています。お新香を出してくれるお女性が、二代目店主の奥さんで、アンチャンのお母さんです。焼き台を担当しているのは、マスターのお姉さんと、その娘さんの母娘。もつ焼きが焼きあがると、この娘さんが、

「シロタレよく焼きぃ~っ!」

 と、とてもよく通る声で店内にアナウンスしてくれます。これをアンチャンやソウさんが、

「シロタレよく焼きはどこ?」

 と確認しながら、席まで持ってきてくれるのです。

 もつ焼きは、あらかじめ下ゆでしていることもあってか、ほとんど待つこともなく焼きあがってくるのが「宇ち多゛」の特長で、しかも間違いが少ないのです。私が知っている範囲では、味や焼き具合なども含めて、注文したものと違うものが出るのを見た記憶はありません。

 なお、焼き台の娘さんが大きな声で「レバ塩若焼きぃ~っ」とアナウンスしてくれる呼び方が、アクセントの場所やイントネーションなども含めて、「宇ち多゛」のもつ焼きを注文するときの呪文の唱え方の基本となります。慣れないうちは、この呼び方をよく聞いて覚えるのがいいのではないかと思います。

 お店の営業は平日は13:30ごろ開店の売り切れ仕舞い(19:30ラストオーダー)、土曜日は昼ごろ開店して売り切れ仕舞いというのが基本ですが、行列の状況などによって多少ずれることもあるそうです。

 本当は平日も土曜日も14:00開店だったらしいのですが、行列が周りのお店に迷惑をかけないようにしているうちに、今の状態になったようです。

 たっぷりと2時間ほどの滞在は、4人で5,940円(一人あたり1,485円)でした。どうもごちそうさま。

091024a1 091024a2 091024a3
煮込み / ハツ生・お酢 / レバ塩・若焼き

091024b1 091024b2 091024b3
アブラタレ / ガツ素焼き・お酢 / お新香・お酢

091024c1 091024c2 091024c3
シロタレ / シロ塩とガツ塩(2人前用の大皿で) / シロ味噌・よく焼き

店情報前回

《平成21(2009)年10月24日(土)の記録》

|

« やっと塩イカ胡瓜もみ … 酒処「吉本(よしもと)」(新宿) | トップページ | 店情報: 立飲み「串揚100円ショップ(くしあげひゃくえんしょっぷ)」(立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/47392404

この記事へのトラックバック一覧です: 店内は6人で切り盛り … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石):

» 〔コラム〕 連休二日目は下町酒場めぐり [居酒屋礼賛]
 大型連休の二日目、4月30日(金)は、連休中にポツンと挟まった平日です。午前中のうちに銀行の手続きや散髪などを済ませ、午後から宇ち中(うちちゅう)さんと示し合わせて立石です。向かうのはもちろん「宇ち多゛(うちだ)」。どうかな?  おぉ~っ。すごい行列だ。仲見世通り商店街の入口まで行列が延びています。ちらりと裏側ものぞいてみるものの、裏もまた似たようなもの。表側に並んで、待つこと1時間弱。やっと店... [続きを読む]

受信: 2010.05.09 20:56

« やっと塩イカ胡瓜もみ … 酒処「吉本(よしもと)」(新宿) | トップページ | 店情報: 立飲み「串揚100円ショップ(くしあげひゃくえんしょっぷ)」(立石) »