« 〔コラム〕 今年のテーマは「大衆酒場考」 | トップページ | 刺身三点盛りも大人気 … もつ焼き「ミツワ(みつわ)」(立石) »

店情報: もつ焼き「ミツワ(みつわ)」(立石)

    091013z
  • 店名: もつ焼「ミツワ」
  • 電話: 03-3697-7276
  • 住所: 124-0012 東京都葛飾区立石1-18-5
  • 営業: 17:00-21:00、日・祝日の月・休
  • 場所: 京成立石駅南側の立石仲見世商店街の中。公衆トイレの手前。
  • メモ: 店内は4人×5テーブル、奥の座敷に8人分。カウンターは中が3人、外が詰めて8人ほどの約40席。
    〔もつ焼(1皿2串220、1本ずつ組み合わせ可、各種ほぐし350)〕肝臓(レバ)、心臓(ハツ)、大腸(シロ)、軟骨(ナンコツ)、舌(タン)、胃袋(ガツ)、頭赤身(アカミ)、頭身(アブラ)。
    〔焼きもの〕うなぎ1串430、肉ダンゴ1串150、ネギマ1串150。
    〔もつ刺(湯通し済、1皿350)〕大腸(シロ)、舌(タン)、胃袋(ガツ)、頭身(アブラ)。
    〔煮込み・一品(各320)〕煮込み、煮込み豆腐、冷奴、冷トマト、お新香、お浸し、塩らっきょう、もやしナムル、ミミガー、大根煮。
    〔飲みもの〕キリンビール(大)550・(中)480・(小)380、焼酎ストレート220、焼酎ハイボール350、日本酒(白鹿・超辛口)350、冷酒(白鹿・生)350、ウィスキーハイボール(ボストンクラブ)350、ウーロンハイ350、梅干ハイ450、リンゴ割り450、生グレープフルーツ割り450、レモンエキス150、梅エキス150、ソフトドリンク(ウーロン茶、サイダー、オレンジジュース)300。(2016年12月調べ)

    〔もつ焼(1串90、2串1皿180)〕肝臓(レバ)、心臓(ハツ)、大腸(シロ)、軟骨(ナンコツ)、舌(タン)、胃袋(ガツ)、頭赤身(アカミ)、頭身(アブラ)。〔もつ生(1皿270)〕肝臓(レバ)、大腸(シロ)、舌(タン)、胃袋(ガツ)、頭身(アブラ)。煮込み豆腐270、うなぎ串焼1串300、肉だんご1串150、ほぐし1皿270。〔飲み物〕キリンビール(大)520・(中)450、焼酎ストレート190、焼酎ハイボール320、日本酒(白鹿・超辛口)320、冷酒(白鹿・生)320、ウイスキーハイ320、ウーロンハイ320、梅干ハイ350、リンゴ割り400、生グレープフルーツ割り450、サイダー250、ジュース250、ウーロン茶250。もつ焼きは8種類が1皿2本で180円で、1本ずつ混ぜることもできるのが大きな特長。(2009年10月調べ)

|

« 〔コラム〕 今年のテーマは「大衆酒場考」 | トップページ | 刺身三点盛りも大人気 … もつ焼き「ミツワ(みつわ)」(立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/47230838

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: もつ焼き「ミツワ(みつわ)」(立石):

» 刺身三点盛りも大人気 … もつ焼き「ミツワ(みつわ)」(立石) [居酒屋礼賛]
 下町酒場のすばらしさを世に伝えた「酔わせて下町」のFさんが、〔立石のもつ焼き四天王〕と呼ぶのが「宇ち多゛」、「江戸っ子」に、「ミツワ」と「ホルモン屋」。Fさんが「酔わせて下町」を作ろうと決意したときに、立石の名店として真っ先に浮かんだのが、これら4店だったのだそうです。  同じ都内でも、西部エリアに住む私にとって、立石のある東部エリア(下町エリア)は意外と遠くて、出かけていくにはひと気合いが必要... [続きを読む]

受信: 2010.01.07 21:48

» ガツとアブラを混ぜて … もつ焼き「ミツワ(みつわ)」(立石) [居酒屋礼賛]
「レバ刺しと、だんごタレ。あとガツとアブラを混ぜタレよく焼きで。それとレバのほぐしをお願いします」  魚の刺身三点盛り(500円)に続いて、もつを注文してくれるdetchさんですが、筋向いの「宇ち多゛」ほどではないものの、こちらもまた専門用語的な注文が飛び交います。  まず、もつ生(刺身)ですが、肝臓(レバ)、大腸(シロ)、舌(タン)、胃袋(ガツ)、頭身(アブラ)の5種類が選べ、それぞれ1皿1人前... [続きを読む]

受信: 2010.01.11 17:02

» 奥の座敷でゆっくりと … もつ焼き「ミツワ(みつわ)」(立石) [居酒屋礼賛]
 立石の3軒目は、口開け(午後5時)の「ミツワ」です。  奥の小上がり席に集まったメンバーは、宇ち中(うちちゅう)さん、出版社のSさん、歩く酒場データベースKさんやdetchさん、「酔わせて下町」のFさんに、この店から新たに、ぼあ子さんと、ミステリー作家の高田崇史さんのお二人も加わって、総勢8人です。  ボール(焼酎ハイボール320円)をもらって乾杯すると、立石通のみなさんたちが、この店の名物を次... [続きを読む]

受信: 2010.01.27 22:41

» シロとレバの混ぜタレ … もつ焼「ミツワ」(立石) [居酒屋礼賛]
 南千住から立石に移動して、今日の2軒めは、もつ焼き「ミツワ」。実に7年ぶりである。  立石方面には行きたいお店がたくさんあるんだけれど、来たら絶対に「宇ち多゛」に立ち寄りたいので、「江戸っ子」や「ミツワ」といった、他のもつ焼き店に入る機会が減ってしまっているのでした。  今日はハシゴ酒の2軒めなので、そもそも「宇ち多゛」に入ることはできないし、現在の時刻が午後7時20分ということもあって、「宇ち... [続きを読む]

受信: 2016.12.17 09:01

« 〔コラム〕 今年のテーマは「大衆酒場考」 | トップページ | 刺身三点盛りも大人気 … もつ焼き「ミツワ(みつわ)」(立石) »