« 店情報: もつ焼き「ばん」(祐天寺) | トップページ | 激辛・熱々、豚尾豆腐 … もつ焼き「ばん」(祐天寺) »

レモンサワー発祥の店 … もつ焼き「ばん」(祐天寺)

レモンサワー


 祐天寺にあるもつ焼きの名店、「ばん」にやってきました。

 「ばん」の創業は昭和33(1958)年。以来、47年間、中目黒の名店として愛されてきましたが、中目黒駅前の再開発に伴って平成16(2004)年末に閉店し、翌平成17年に、祐天寺に新生「ばん」として再オープンしたのでした。

 私自身、中目黒にあった当時から「いつかは行かなきゃ」と思いながら、なかなか機会を作ることができず、やっと今日、来ることができたのでした。

 再オープン後、さらに平成19(2007)年に、となりの店と合体して大きくなったという「ばん」は、入口も2箇所あります。そのうち、祐天寺駅に近い、駒沢通り沿いの入口から店に入ると、火曜日、午後7時半過ぎの店内はほぼ満席状態です。

「ひとりですか?」

 と確認してくれるのは、ホールを担当しているアジア系外国人(中国の方かな?)のおにいさん。店内をざっと見渡して、

「こちらでいいですか」

 と、入口右手の立ち飲み用サブカウンターのところに、空いている椅子を置いてくれます。やあ、なんとか入れて、まずは良かった。立ち飲みでもいいんだけど、せっかく椅子を出してくれたので、座らせていただきますか。

 店内は、両側の入口の間が厨房になっていて、もつ焼きもそこで焼かれています。どちらの入口から入っても、奥のトイレのところで双方に通過できるようになっていますが、入口の近くあたりは、それぞれ別々のお店という感じです。

 私が入った手前側は、入口の左手が厨房を囲むL字カウンターで、右手に3~4人は立てそうな壁に作り付けの立ち飲み用サブカウンター。奥にはテーブルがずらりと並んでいます。

 まずは、ほとんどの客が注文しているレモンサワーを注文します。

 焼酎を炭酸で割った飲み物を初めて“サワー”と呼んだのが、ここ「ばん」(中目黒時代)で、そのときに名称を一緒に考えた常連さんが、のちに“ハイサワー”が主力商品となる博水社の社長(当時)だったのだそうです。

 この店ではレモンサワーと注文すると、氷入りのジョッキに焼酎を入れたものと、それとは別に瓶入りの炭酸水が出され、それとは別に半分に割れる寸前まで包丁が入ったレモン1個が、絞り器とともに出されます。焼酎と炭酸までがメニュー上の“サワー”で300円(税別。以下、価格はすべて税別表記)、1個分のレモンが100円です。

 炭酸水は、瓶の半分くらい入れて、ちょうどジョッキいっぱいになりますので、ほとんどの人は2杯目はナカ(焼酎のおかわり、250円)だけをもらって、レモンも半分ずつを2杯分に分けて使います。つまり300円(サワー)+250円(ナカ)+100円(レモン)の合計650円で、2杯のレモンサワー(1杯あたり325円)が飲めるということなんですね。

 そのレモンサワーと一緒に出されるのは、小さなタオル製のお手拭(コースター代わりに使っている客も多い)と、「ばん」の定番のお通し(サービス)である小皿のお新香(大根、キュウリ、ニンジンの盛り合せ)、そして毎週火曜日にサービスで提供されるゆで卵です。いい日に来ましたねえ。

(つづく)

店情報

《平成21(2009)年11月10日(火)の記録》

|

« 店情報: もつ焼き「ばん」(祐天寺) | トップページ | 激辛・熱々、豚尾豆腐 … もつ焼き「ばん」(祐天寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/47737563

この記事へのトラックバック一覧です: レモンサワー発祥の店 … もつ焼き「ばん」(祐天寺):

» 激辛・熱々、豚尾豆腐 … もつ焼き「ばん」(祐天寺) [居酒屋礼賛]
(前編からの続き)  食べ物でぜひ食べてみたかったのは、この店の名物のひとつでもあるトンビ(豚尾)豆腐です。メニューを確認すると、そのトンビ豆腐には“1本”(350円。以下、価格は税別表記)というのと、“2本(W)”(500円)と書かれたものの2種類があり、“1本”のほうを注文。  トンビ豆腐は、豚の尻尾を、ネギ、ニンジン、セロリなどの野菜類と一緒にじっくりと煮込んでいるものに、注文を受けてから、... [続きを読む]

受信: 2010.03.07 08:56

» もつやき ばん 〜祐天寺 [金融起業家 河合圭のオフショア投資ブログ]
東急東横線の祐天寺駅から徒歩7分くらいのところにあるこの『もつやき ばん』というお店は、元々中目黒で40年以上もあったそうですが、それが閉店となり、数年前にここ祐天寺に店主だった方の弟さんが新たに...... [続きを読む]

受信: 2012.07.01 13:39

« 店情報: もつ焼き「ばん」(祐天寺) | トップページ | 激辛・熱々、豚尾豆腐 … もつ焼き「ばん」(祐天寺) »