« 激辛・熱々、豚尾豆腐 … もつ焼き「ばん」(祐天寺) | トップページ | 昔ながらのもつ焼き屋 … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »

今年も冬がやってきた … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪)

いか大根


 昨年(2009年)末から、公私の特に“私”の面でなにかとバタバタしていて、ブログの更新も遅れ気味。今日、これからご紹介する「やき屋」の様子は、今から4ヶ月前の去年の11月。晩秋となり、これから本格的な冬へと向かうころのお話です。

 その日、店に到着したのは午後10時。いつも満員の「やき屋」ながら、この時間帯であれば比較的ゆっくりと入れます。

げそ揚げ メイン立ち飲みカウンターの中央あたりに陣取って、まずはウイスキー水割(400円)を注文し、つまみにはゲソ揚げ(170円)をもらいます。ゲソ揚げは、カウンター上の大皿に盛られていて、注文に応じて店長のゲンさんが一人前分を取り分けてくれます。すぐに食べられるのがいいところなんですね。

 ウイスキー水割は300mlのミニボトルに入ったニッカ・ブラック。氷入りのサワーグラスと一緒に出されます。普通に注いで2~3杯分になるので、これで400円は安いのです。

 となりに入ってきたお客さんは、ホッピー(320円)とイカ大根(170円)を注文です。

 そうかあ。今年も冬場の名物、イカ大根が始まったんですね! 追いかけるように私もイカ大根を注文します。

 黒く透き通るほど煮込まれた大根は、箸を入れるとサクッと割れるほどのやわらかさで、イカ以上にイカらしい、実にいい味に仕上がっているのです。

 おでん屋だと1切れ200円も300円もすることもある大根が、ここ「やき屋」では大きな2切れの大根が、イカとともに出されて170円。この値段がうれしいではありませんか。

 「やき屋」のイカ大根を食べると、冬だなあ、という感じがするんですよねえ。

 ゆっくりと1時間弱の立ち飲みは740円。この値段だからこそ、毎日やって来るお客さんが多いんですね。どうもごちそうさま。

店情報前回

《平成21(2009)年11月10日(火)の記録》

|

« 激辛・熱々、豚尾豆腐 … もつ焼き「ばん」(祐天寺) | トップページ | 昔ながらのもつ焼き屋 … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/47761670

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も冬がやってきた … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪):

» 宿酔にはカツカレー? … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 大型連休初日は「昭和の日」で祝日。『激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす』という日です。そんな祝日にも開いている名酒場の1軒が、荻窪駅すぐ近くの立ち飲み「やき屋」です。  八戸から直送されたイカで作る各種のイカ料理が、ほぼ170円均一で食べられる「やき屋」は、いつもいつも満員の状態が続く人気店ですが、今日はさすがに祝日だけあって、午後6時半の店内は比較的ゆったり... [続きを読む]

受信: 2010.05.02 14:31

« 激辛・熱々、豚尾豆腐 … もつ焼き「ばん」(祐天寺) | トップページ | 昔ながらのもつ焼き屋 … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »