« 〔コラム〕 続・セントルイス紀行(5) … たっぷりとプライムリブ | トップページ | 〔くれ便り〕 古典喫茶店「バンビ」でカツカレー »

〔くれ便り〕 22年ぶりに桜満開の呉に転勤

平成22(2010)年4月3日(土)

 入社と同時に配属になった先が広島県呉市。その後、昭和から平成へと変わる昭和63(1988)年に東京に転勤し、工場の移転とともに横浜へと移ったのが平成13(2001)年のこと。そして、この4月1日付けで、22年ぶりに呉へと戻ってきました。

 年明けから、「東京飲み歩き手帳」(ぴあ、1,000円+税)の作成でバタバタし、それがやっと落ち着いたと思ったら異動の内示があったり、米国に出張に出かけたりと、ブログもほとんど更新できないような1~3月を過ごしました。

 横浜の単身赴任寮を出たのが3月31日(水)の朝。横浜の工場にちょっと顔を出して、その後、新幹線で移動すべく新横浜へ。だいたいの時刻しか伝えていなかったのに、駅にはにっきーさんと、私の家族が見送りに来てくれていてびっくり。寒いなかを、長く待っててもらったんだろうなあ。申し訳ありません。ありがとうございました。

 早い夕方には呉に到着して、新しい職場に荷物を置かせてもらってホテルへ。横浜の単身赴任寮からの荷物が到着する土曜日までの三日間、出張のときと同じようにホテル住まいなのです。

 そして土曜日。ホテルで朝食を食べてからチェックアウトし、徒歩5分ほどの、新しい単身赴任社宅へ。呉には単身赴任寮はないそうで、ほとんどの単身赴任者が借り上げ式の単身赴任社宅なのです。

 この社宅の住所は、呉市中通(なかどおり)1丁目。呉をご存知の方は「ははん」と思われるかもしれません。ここ中通1丁目は、まさに呉の酒場街への入口的ポジションなのです。前に呉にいたときは、広(ひろ)という、隣町にある独身寮に住んでいたので、こんな呉の中心地で暮らすのは初めてです。

 荷物を受け取って、その荷物をすべて出し終わると、もう昼過ぎ。トコトコと歩いて、今日の昼食はうどんの「一心(いっしん)」です。

P1090379 呉のうどんは麺が細いのが特徴。普通のうどんと冷麦(ひやむぎ)の中間くらいの太さしかありません。熱の通りがよくすぐにできあがり、ダシとのなじみもいいというのが細麺の良さで、その細麺をはじめて出し始めたのが、ここ「一心」だと言われています。

 玉天うどん(640円)を注文すると、ほとんど待つこともなく出てきました。とろろ昆布が入っているのも、呉のうどんの特徴なのかな。

 ちなみに普通のうどんは440円、天ぷらうどんは590円です。

 近くの家電店で、LANケーブルなど、ちょっと不足している物を買いそろえて帰宅し、夕方までに片づけを終了。夕食は大正10(1921)年創業の田舎洋食の店、「いせ屋」です。

 まずはビール大瓶(キリンラガー、700円)をもらうと、すぐに出されるお新香の小皿。これにはキュウリと大根のぬか漬けが、それぞれ2切れずつ盛られています。このぬか漬けは自家製。洋食屋なのに自家製の漬物があるところもまた「いせ屋」の特徴的なところで、メニューも和洋折衷的なものが多いのです。

P1090400 料理は名物の特製カツ丼(1,100円)をもらいます。これは、皿に盛ったごはんの上に、薄くまん丸に伸ばして揚げたビーフカツがのり、その上にたっぷりとデミグラスソースがかけられたもの。これをフォークでいただきます。

 ビーフカツは揚げあがってから3センチ角くらいにカットされているので、フォーク1本でもとても食べやすいのです。

 この特製カツ丼。食事としてももちろんですが、これそのものが、そのまま酒の肴にもなる一品でもあります。熱々のビーフカツでいただく冷たいビールの美味いこと!

 さあ、あとは新しい社宅でお風呂に入って寝ますかね。

|

« 〔コラム〕 続・セントルイス紀行(5) … たっぷりとプライムリブ | トップページ | 〔くれ便り〕 古典喫茶店「バンビ」でカツカレー »

コメント

ご無沙汰しております。
呉に転勤ですか。

どうぞお身体に気をつけて。
新天地でのご活躍をお祈りしております。

投稿: もと | 2010.04.04 20:48

今後は呉での居酒屋情報となるのでしょうか?
うーむ、正直ちょっと残念。。

投稿: eg | 2010.04.04 21:13

年末の飲み会調整から実現しなかったのが残念です。もっと私は禁酒中で本日K39。
呉か!遠いな。

首都圏で居酒屋ブログキング争奪戦とかテレビチャンピオン的な話題になりませんか?煮込みのにおいをかいで店の名前を当てるとか??

国分寺一度案内しようと思って実現しなかったのが...

また、盆と正月にでも声かけてください。

投稿: ebisu | 2010.04.05 11:49

きょう午後、EBISUさんから携帯に電話が入っていて、何かと思ったら「風早人さんが呉に転勤だって!」という連絡でした。

私の故郷は呉と三原の中間。1,2年前に東広島市に吸収されてしまいましたが、町内に「風早」という地区があります。ということでパソコン通信FCHIKENで風早人さんの存在を知ったとき、非常に親近感を覚えたものです。上京時はいつもお付き合いいただきありがとうございました。

さっそく、呉でもお得意の居酒屋探訪ですね。

投稿: N | 2010.04.05 19:06

よく拝見させていただいていたのですが、
呉に転勤されてしまったのですね・・。
お仕事とはいえ、都内に住む私も正直ガッカリ・・・。
土地勘無いし、地方紹介されてもなぁ~・・・。

投稿: きびなご | 2010.04.12 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/47995868

この記事へのトラックバック一覧です: 〔くれ便り〕 22年ぶりに桜満開の呉に転勤:

« 〔コラム〕 続・セントルイス紀行(5) … たっぷりとプライムリブ | トップページ | 〔くれ便り〕 古典喫茶店「バンビ」でカツカレー »