« ゆったりとゆっくりと … 居酒屋「どん底(どんぞこ)」(呉) | トップページ | 平貝の網焼きで高清水 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

レバカツも人気の一品 … もつ焼き「ばん」(祐天寺)

レバカツ


 先日、会社帰りにチラリと立ち寄った祐天寺の「ばん」。ぜひゆっくりと味わってみようと、土曜日の今日、再訪です。

 店に着いたのは午後4時半。この店は午後4時オープンなので、まだ開店30分後。この時間なら大丈夫かなと思いきや、店はすでにほぼ満席です。

 二つある入口の、(駅から歩いていって)奥側の入口から入り、かろうじて空いていた左手壁際に作り付けのサブカウンターに座り、今日もレモンサワーからスタートです。

 前にも書いたとおり、この店のレモン(100円)と、サワー(300円)に付いてくる炭酸水は2杯分あるので、これにナカ(焼酎のおかわり、250円)を足した合計650円が、サワー2杯分の値段(税別)と思っていいようです。つまり1杯分が325円(税込みで341円)という計算です。

 お通し代わり(無料)のお新香(大根、キュウリ、ニンジン)盛り合せも出されます。

 料理の1品目は今日もトンビ(豚尾)豆腐1本(350円)。そして売り切れてしまわないうちに、3種類のカシラ(赤身、フランス、アブラ)を1本ずつ(各100円)を塩焼きで注文します。

 はじめて食べるフランスは、赤身と白身が半々になってフランス国旗(青・白・赤)の右側のようなものを想像していたのですが、実はマグロの中トロと同じように、ちょっと脂っぽい赤身といった感じです。

 続いては、「ばん」のもうひとつの名物、レバカツ(1串130円)です。レバカツは薄く延ばした四角い豚レバーの1辺の近くに、その辺と平行に串をうち、衣を付けてカツにしたもの。熱々のレバーに、仕上げにとっぷりと浸けられるウスターソースの味と香りがよく合って、人気があるのも納得です。

 ここ「ばん」は、看板にも「もつやき」と書かれているとおり、もつ焼きが主体のお店ながら、ずらりと並んだメニューには魚介類あり、野菜類ありと、とても多彩です。

 たとえば今日の魚介類メニューは、まぐろブツ(380円)、しめさば(380円)、たこぶつ(380円)、新さんま(280円)、ししゃも(280円)、さんま開き(280円)、鯵ひらき(300円)、メザシ(250円)、カキフライ(350円)などなど。そして野菜ものは納豆(150円)、オニオンスライス(150円)、おしたし(200円)、エシャレット(250円)、枝豆(250円)、冷トマト(250円)などなどと、これまた安くて幅広いのです。

 そんな中から、里芋煮ころがし(280円)を注文すると、小皿に盛られて出てきたのは、コロコロと丸い里芋が3~4個に、これまたまん丸いコンニャクがコロコロと6~7個。やぁ、これはいい肴(さかな)になりますねえ。

 1回目のセットと中(なか)を飲み干して、レモンサワーも2巡目(杯数で言うと3杯目)に突入です。

 つまみには納豆(150円)をもらうと、刻みネギと削り節が、下の納豆が見えないくらいたっぷりとトッピングされています。レモンサワーの中もおかわりし、これで4杯目。もつ焼きや、名物のトンビ豆腐、レバカツだけでなく、どの料理も安くておいしいですねえ。

 ゆっくりと2時間強の滞在は2,740円(2,610円+税)でした。満足、満足。

091121a 091121b 091121c
お新香とレモンサワー / トンビ豆腐 / アブラ、フランス、赤身

091121d 091121e 091121f
里芋煮ころがし / 納豆 / グリグリと混ぜて

店情報前回

《平成21(2009)年11月21日(土)の記録》

|

« ゆったりとゆっくりと … 居酒屋「どん底(どんぞこ)」(呉) | トップページ | 平貝の網焼きで高清水 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/48140632

この記事へのトラックバック一覧です: レバカツも人気の一品 … もつ焼き「ばん」(祐天寺):

» 〔この一品〕 祐天寺「ばん」のトンビ豆腐 [居酒屋礼賛]
 〔この一品〕というタイトルながら、上の写真に写っている3品が、もつやき「ばん」の名物メニュー。手前左がトンビ豆腐(トンビ1本入り、350円+税。以下、価格はすべて税抜き表記)、手前右がレバカツ(1串130円)、そして奥がレモンサワー(サワー300円+レモン1個100円)です。  トンビ豆腐は、唐辛子が入った激辛のスープで、豚の尻尾、豆腐、ネギ、ニンジン、セロリなどを煮込んだ一品。豚の尻尾と豆腐が... [続きを読む]

受信: 2010.06.01 22:34

» もつやき ばん 〜祐天寺 [金融起業家 河合圭のオフショア投資ブログ]
東急東横線の祐天寺駅から徒歩7分くらいのところにあるこの『もつやき ばん』というお店は、元々中目黒で40年以上もあったそうですが、それが閉店となり、数年前にここ祐天寺に店主だった方の弟さんが新たに...... [続きを読む]

受信: 2012.07.01 13:39

« ゆったりとゆっくりと … 居酒屋「どん底(どんぞこ)」(呉) | トップページ | 平貝の網焼きで高清水 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »