« 〔くれ便り〕 同期の友と呉の夜 | トップページ | 竹鶴17年のハイボール … バー「どん底(どんぞこ)」(呉) »

〔くれ便り〕 しんちゃんさんが呉にやって来た

「鳥八本店」ささみ天ぷら


 人形町のおでん屋、「ナポリ」の大常連・しんちゃんさんが、お仕事の関係で呉にやって来て、一緒に飲むことになりました。

 しんちゃんさんは、ときどき呉に出張されているんだそうで、定宿まで決まっているほど。その定宿のロビーでしんちゃんさんの呉到着を待って、まず出かけたのは、今日もやっぱり「とり屋」です。今日は中通4丁目の「鳥八本店」に入り、ビールと味噌煮(鶏皮の煮込み)でスタートします。

 ビールに続いては、しんちゃんさんは焼酎の湯割り、私は日本酒を燗でいただきつつ、つまみには刺身の盛り合わせと、じゃこおろしです。じゃこおろしは、大根おろしの上に音戸(おんど)のチリメンジャコをたっぷりと載せたもの。音戸ちりめんは、広島の特産品のひとつでもあります。刺身の盛り合せは、ハマチ、タイ、イカなどを盛り合せたもの。瀬戸内の地魚というわけではないのがちょっと残念です。

 飲み物をおかわりしながら、ささみの天ぷらや鶏ひざナンコツの唐揚げも追加注文です。このささみの天ぷらというのも、呉のとり屋の名物品のひとつ。ささみを丸ごと天ぷらにしたものが出され、天つゆでいただきます。

 2時間ほど楽しんで、ここは二人で5,800円(ひとり2,900円)。しんちゃんさんも私も、食べるよりは飲むほうなので、普段よりは安めにおさまりました。

「2軒目は私が昔行っていたスタンドにしようと思うんですがどうですか?」

 と、しんちゃんさん。それはもうぜひお願いします。

 しんちゃんさんが手にした住所と店名をキーワードに、向かった先はバー「じょうもん」です。

 男性二人客と入れ替わるように入った店内は、我われ二人のみ。コの字カウンターの中にいるのは店主(マスター)ひとりのみ。う~む、しんちゃんさん。この店はスタンドバーではなくて、オーセンティックバーそのものではありませんか。

 ちなみに、呉でスタンドバーというのは、カウンターのみのスナック風の店で、女性が1~3人くらいカウンターの中にいて、お酒を注いでくれたり、話し相手になってくれたりするお店のことです。彼女たちは女性バーテンダーではないので、カクテルなどは作りません。ロックか水割り、かろうじてソーダ割りといったところなのです。ほとんどの店にはカラオケ装置があって、つまみは比較的簡単な物ばかりというのも、スナックと同じですよね。

 ここはそうではなくて、シャキッとスーツ姿で、その立ち姿を見るだけで「どんなカクテルでも任せてください」と言わんばかりのベテランマスターが、カウンターの中にすっくと立っています。それもそのはず。このマスターは日本バーテンダー協会中国地区本部の常任相談役を務めている方。戦後間もないころから、呉の、そして広島のバー文化を築いてこられたのだそうです。

 メーカーズマークで作るバーボンソーダをもらうと、その味わいの柔らかいこと。バーボンの甘みがたっぷりと感じられるバーボンソーダです。

 私の目の前になんでもないように立っているのは、ジョニーウォーカー・ブルーラベルのボトル。

「すごいっ。こんなにさりげなくブルーラベルが置いてあるなんて…。」

 と驚くと、

「私がよそ見してる間に、ちょっと飲んでみてかまいませんよ。」

 と笑いながら、氷の入った空のロックグラスをトンと置いてくれるマスター。お言葉に甘えて、ちらりとブルーラベルを注ぐと、

「そんなちょっとじゃ、味はわかりません。じじぃ(←ご自分のこと)が一人でやってる店ですから、どうぞ遠慮なく。」

「えぇ~っ。いいんですか。」

 と言葉では遠慮しながらも、トクトクトクと、グラスにたっぷりのブルーラベルです。

 ジョニーウォーカーは、一番普通のが赤ラベル、12年が黒ラベル、15年がグリーンラベル、17年がスウィング、18年がゴールドラベルと続き、それ以上のものが、今いただいているブルーラベルで、数十年物のウイスキーがブレンドされていると言われています。っかぁ~っ。味わいが深い、濃い! アルコール度数の強さをまったく感じません。

「これも珍しいものなんですよ。」

 とマスターに進められた白州のオーナーズカスク(アルコール度数58度!)などをいただいて、お勘定はひとり2千円ずつ。安すぎるっ! ブルーラベルの1杯だけでも、けっして2千円では飲めないくらいなのに。。。 どうもありがとうございます。

 最後にもう1軒、と向かったのは、これまたしんちゃんさんがかつて行ったことがあるという「パールバー(Pearl Bar)」。ここもまたオーセンティックですねえ。聞けば呉の老舗バー「ナポレオン」の姉妹店なんだそうです。

 ここでも2杯ずつ程度いただいて、ひとり2千円ずつ。そろそろ日付も変わる時間になり、本日はこれにて終了です。

 たまの呉出張の時間を、たっぷりとお付き合いいただきありがとうございました。出張の際には、ぜひまたご一緒させてくださいね。>しんちゃんさん

100512a 100512b 100512c
「鳥八本店」ビールと味噌煮 / 刺身盛り合せ / じゃこおろし

100512d 100512e 100512f
ナンコツ唐揚げ / 「じょうもん」にて / 「パールバー」にて

《平成22(2010)年5月12日(水)の記録》

|

« 〔くれ便り〕 同期の友と呉の夜 | トップページ | 竹鶴17年のハイボール … バー「どん底(どんぞこ)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/48449775

この記事へのトラックバック一覧です: 〔くれ便り〕 しんちゃんさんが呉にやって来た:

» バーでじっくりと仕上 … バー「じょうもん」(呉) [居酒屋礼賛]
 「広島駅のすぐ近くにもこんな大衆酒場があったんだ!」とびっくりさせてくれた「やよ福」を出て呉へ。呉の屋台「八起」で締めのラーメンを食べたことはすでに書いたとおりです。  週半ば(水曜日)でもあるし、あとは単身赴任寮に帰って寝るだけだな、と堺川沿いをトコトコと南下。午後10時前の飲み屋街には、客寄せのおねえさんが何人か出ていて、とてもいい目の保養になります。  スタンド(=呉地区によくある酒場の形... [続きを読む]

受信: 2010.10.03 13:19

« 〔くれ便り〕 同期の友と呉の夜 | トップページ | 竹鶴17年のハイボール … バー「どん底(どんぞこ)」(呉) »