« 店情報: やきとん「ひなた」(上板橋) | トップページ | 〔コラム〕 連休六日目は古典酒場の打ち合せ »

〔コラム〕 連休五日目は類さんたちと取材飲み

「まるます家」のスッポン鍋


 1週間の大型連休も折り返し点を過ぎ、今日も含めて残すところあと三日。憲法記念日の今日は、KKベストセラーズから5月31日に発売予定のCIRCUS6月号増刊「TOKYO大衆酒場」の取材で、赤羽の「まるます家」です。

 取材の中身は、「酒場放浪記」でおなじみの酒場詩人・吉田類さん、「居酒屋考現学」の橋本健二教授との大衆酒場に関する鼎談(ていだん)。

 最初に、今日も行列ができるほど人気の高い、1階店内で写真撮影をしたあと、2階の座敷席に移って鼎談です。

 うなぎの蒲焼や、こいの生刺し、あらい、そしてスッポン鍋と、次々と出される「まるます家」の名物料理に舌鼓を打ちながら楽しい鼎談の時間となりました。本のできあがりが楽しみです。

 そうそう。「まるます家」の女将さん経由で、酒呑(乃)童子さんからタラマヨの差し入れをいただきました。いつも本当にありがとうございます。>酒呑(乃)童子さん

 取材は終了し、類さん、橋本先生と打ち上げに出かけたのは、「まるます家」のすぐ近く、OK横丁の中にある串焼き・モツ料理の「八起(やおき)」です。ここで「酔わせて下町」のFさん、ライターの舟橋さんとも合流してチャーメン(特製肉入りモヤシ炒め)にホルモン煮盛り合せなどなど。

 3軒目は、これまたすぐ近くの「丸健水産」で、地元の丸眞正宗をいただきならが、おでんです。どの店に行っても、吉田類さんは人気者。ここでも周りで立ち飲んでいるお客さんたちから「いつも見てますよ」と声がかかります。

「さ~て、次はどこにしましょうか」

 と相談していると、橋本先生から、

「実は板橋あたりにもいい酒場があるんですよ」

 というご提案。さっそくタクシーに乗り込んで、向かったのは上板橋(かみいたばし)の「もつ九」です。この店は、かつてこの地に20年ほど住んでいたという橋本先生が、もっともよく通った酒場なんだそうです。古い店舗は火事で消失したものの、先月(2010年4月)から、新築の店舗で営業を再開。今日も地元の常連さんたちで満席状態です。

 そして今日の5軒目も、同じ上板橋にあるもつ焼き(やきとん)の店、「ひなた」です。ここ「ひなた」も、「秋元屋」で修業をしていた辻さんが、今年(2010年)の1月に開店したお店。「秋元屋」のやきとんメニューはもちろん、この店ならではの料理も並んでいて、初期のころの「秋元屋」を思わせるような雰囲気です。

 今日もまた、たっぷりと楽しい1日でした。「TOKYO大衆酒場」、お楽しみに!

100503a 100503b 100503c
「まるます家」鯉のあらい / 取り分けたスッポン鍋 / スッポン雑炊

100503d 100503e 100503f
うなぎ肝串 / 「八起」チャーメン / ホルモン煮盛り合せ

100503g 100503h 100503i
「丸健水産」 / 丸眞正宗 / おでん

100503j 100503k 100503l
「もつ九」のテーブル / やきとん「ひなた」 / サッポロラガービール

100503m 100503n 100503o
ばら塩 / ニンニクの芽 / 焼きリンゴ

・「まるます家」(前回)/「八起」(前回)/「丸健水産」(前回)/「もつ九」/「ひなた

《平成22(2010)年5月3日(月)の記録》

|

« 店情報: やきとん「ひなた」(上板橋) | トップページ | 〔コラム〕 連休六日目は古典酒場の打ち合せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/48367796

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム〕 連休五日目は類さんたちと取材飲み:

» 〔この一品〕 赤羽「まるます家」2階のスッポン鍋 [居酒屋礼賛]
 1階のダブル「コ」の字のカウンターで飲むと、いかにも『元気な大衆酒場』という雰囲気を満喫できる「まるます家」ですが、2階は2階で、これまた捨てがたいのです。  「まるます家」の2階にはド~ンと広い座敷席があって、なんとこちらは予約も可能。グループでの飲み会のときなどにも利用できます。  そして『2階にしかないメニュー』というのも存在します。  たとえばスッポン鍋。1階にもスッポン鍋(750円)と... [続きを読む]

受信: 2010.08.29 11:45

» おでんセットを燗酒で … おでん「丸健水産(まるけんすいさん)」(赤羽) [居酒屋礼賛]
「おでんセットを燗酒でお願いします」 「はいよっ」  という返事とともに、大きな四角いおでん鍋から皿に盛られるのは、大根、ちくわぶ、厚揚、玉子、そして昆布の5品。  燗酒は「丸眞正宗」のカップ酒、『マルカップ』が出されます。 「タバコは吸いますか?」 「いえ、吸いません」 「じゃ、そこでいいですよ。700円です」  なるほどなあ。大鍋の近くでタバコを吸うと、灰が鍋に入ったりするかもしれないので、鍋... [続きを読む]

受信: 2014.01.07 22:20

« 店情報: やきとん「ひなた」(上板橋) | トップページ | 〔コラム〕 連休六日目は古典酒場の打ち合せ »