« 締めはイクラ・ウニ丼 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 〔この一品〕 横浜「豚の味珍」の猪尾 »

松山の夜はハイボール … バー「露口(つゆぐち)」(松山)

松山の夜はハイボール


 金曜日の仕事を終えて、呉港からフェリーに乗って松山に帰省です。呉から松山までは、フェリーで2時間弱。スーパージェットなら1時間弱で着く距離なのです。

 松山港に旧友Tが迎えにきてくれていて、まずはTの行きつけの店の1軒、三津の「てつや」で一献傾けます。

 「てつや」はフグなどの魚介類が食べられる割烹的な酒場ですが、この季節はオコゼがおすすめだそうで、オコゼの刺身からスタートです。コリコリと弾力感のあるオコゼの身が燗酒によく合うこと。媛っこ地鶏(ひめっこじどり)の焼き鳥もおいしいなあ。最後はオコゼの味噌汁で締めて、1軒目は終了です。

 2軒目は、松山の中心街に出て「露口」です。今夜の「露口」もほぼ満席状態。さっそく角瓶のハイボールをいただきます。

 バー「露口」は昭和33(1958)年に開店、今年で創業52年になります。

 マスターの露口貴雄さんは昭和11年、徳島生まれ。18歳のときに大坂のサントリーバーに修業に出て、21歳のときに四国ではじめてのトリスバーの店長として松山にやってきました。1年間の契約期間を終えた昭和33年、自分の店として「露口」を開いたのでした。その数年後、朝子さんと結婚されて、現在の二人三脚の体制ができあがりました。(詳細についてはサントリーの「バーテンダー物語り」をご覧ください。)

 開店したときから今に至るまで、「露口」には冷蔵庫はありません。したがってビールもない。最初から、マスターが心をこめて作ってくれる、8オンス・タンブラーの角ハイボールを飲む人がほとんどです。

 けっこう濃い目に作られたこのハイボールがうまいんだなあ。

 近くに住む同級生(女性)も駆けつけてくれて、日付の変わる閉店時刻まで旧交を温めたのでした。お勘定は3人で3,900円(ひとりあたり1,300円)ほど。どうもごちそうさま。

100604a 100604b 100604c
「てつや」のオコゼ刺身 / あわび炒め / くじら竜田揚げ

100604d 100604e 100604f
媛っこ地鶏の焼き鳥 / サバ寿司とオコゼ握り / オコゼ味噌汁

店情報前回

《平成22(2010)年6月4日(金)の記録》

|

« 締めはイクラ・ウニ丼 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 〔この一品〕 横浜「豚の味珍」の猪尾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/48738072

この記事へのトラックバック一覧です: 松山の夜はハイボール … バー「露口(つゆぐち)」(松山):

» 松山で過ごすお盆休み … バー「露口(つゆぐち)」(松山) [居酒屋礼賛]
 8月13日(金)~16日(月)まで四日間のお盆休み。12日(木)の仕事を終えて呉中央桟橋からフェリーで松山観光港へと渡ります。松山港到着は午後8時前。港まで迎えに来てくれていた旧友Tと合流し、まずはT行きつけの店、三津浜の「てつや」で腹ごしらえ。  ここ「てつや」はフグでも有名な店なのですが、この時期は何といってもアコウ(キジハタ)ですね。店内の生簀(いけす)で泳いでるアコウを網ですくってお造り... [続きを読む]

受信: 2010.09.04 11:16

« 締めはイクラ・ウニ丼 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 〔この一品〕 横浜「豚の味珍」の猪尾 »