« 金曜日の仕事を終えて … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | おしんこも始めました … やきとん「すっぴん酒場(すっぴんさかば)」(野方) »

牛煮込みはホッピーで … 「河本(かわもと)」(木場)

牛煮込みはホッピーで


 帰京から一夜あけて土曜日はの~んびりと自宅で過ごし、午後4時前に深川方面に向けて出発です。最初に向かったのは木場(きば)の「河本」。昭和7(1932)年に創業し、ホッピーが誕生した昭和23(1948)年からずっとホッピーを出しているという、まさにホッピーの元祖的な老舗酒場です。

 真寿美さん(女将さん)もアンチャン(弟さん)もお元気なご様子で一安心。いつものようにホッピー(400円)と煮込み(300円)を注文します。

 ここの煮込みは、牛の小腸(ホルモン)とコンニャクだけのシンプルなもの。裏側にたっぷりと脂のついたホルモンが、ホッピーととてもよく合います。

 今日の「河本」はいつもの「河本」とは客層が違います。奥の常連席には常連さんが二人ほど飲んでいるものの、手前の一般席(なのか?)には、なんと若いカップルが4組。その他に私も含めて、おじさんのそれぞれひとり客が3人で満席です。

 軽く30分ほどおじゃまして、今日のお勘定は700円。ごちそうさま。また来ますね~。

 「河本」をあとに、永代通りをトコトコと門前仲町へ。今日もにぎわう「魚三酒場」ながら、土曜日、午後5時のこの時間、外の行列は3~4人といったところ。開店1時間後なので、ちょうどお客さんが回転し始めたころなのでしょうか。ここから裏通りに入って「だるま」のにぎわう時間はもう少し遅い時間帯ですね。この時間帯は比較的すいているようです。

 そして今日の2軒目は、仲町名物、牛煮込みの「大坂屋」。

 …… という予定だったのですが、残念ながら「大坂屋」はお休みの様子。土曜日はときどき休んでることがあるようなんですよねぇ。それとも、もう少し遅い時間に開くのかなぁ。

 仕方なく、清澄通りを月島方面へと歩きます。月島駅のすぐ近くにある立ち飲みの「大島や」も今日はお休みのようです。魚料理の「魚仁」は店の外にお客さんがあふれかえらんばかりの大人気。そして「岸田屋」は、店の表から角を曲がって店の側面にまで、15人ほどの行列が伸びています。外で待つ人のためにも椅子を並べてくれているのが、女性ばかりで切り盛りする「岸田屋」ならではの優しさが感じられて、実にいいですねえ。

 勝どきに抜けて、立ち飲み割烹の「かねます」は、ビルの建て替えにともなって、他の飲食店と一緒に、プレハブの仮店舗で営業中ながら、今日、土曜日は定休日。勝どき駅から都営大江戸線に乗り込んで、西武新宿線方面へと向かいます。

・「河本」の店情報前回

《平成22(2010)年5月22日(土)の記録》

|

« 金曜日の仕事を終えて … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | おしんこも始めました … やきとん「すっぴん酒場(すっぴんさかば)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/48570042

この記事へのトラックバック一覧です: 牛煮込みはホッピーで … 「河本(かわもと)」(木場):

» 真寿美さんからひと言 … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 大手町(東京)での仕事を終えて、地下鉄東西線でやってきたのは木場(きば)。1ヶ月ぶりの「河本」です。  金曜日ながら、まだ午後5時と早いので、店内はまだチラホラと空席がある状態。その空席のひとつに座り、さっそくホッピー(400円)とニコタマ(煮込み玉子入り、300円)をもらいます。  昭和23年にホッピーが開発されたときから、ずっと出し続けているという「河本」のホッピー。ほとんどの客がそのホッピ... [続きを読む]

受信: 2010.07.13 21:52

« 金曜日の仕事を終えて … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | おしんこも始めました … やきとん「すっぴん酒場(すっぴんさかば)」(野方) »