« 〔この一品〕 阿佐ヶ谷「川名」の焼き鳥 | トップページ | 秘伝・しじみ醤油漬け … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町) »

〔コラム〕 東京~広島、行ったり来たり

 週明け、月曜日の午前中は本社(都内)で会議。情報伝達的な会議であればテレビ会議でも十分だけれど、みっちりと議論しなければならないときは、やっぱり同じ場で頭をつき合わせていないと、うまくまとまらない気がしますねぇ。

 午前中に会議が終われば「宇ち多゛」の口開けに立ち寄ってから広島に帰ろうと思っていたのですが、残念ながら会議は午後までの延長戦。行くことはできませんでした。久しぶりにホネやシンキが食べられると思ったのになあ。。。

 しかしながら品川を午後3時半頃に出る新幹線には乗れたので、呉に着いたのは午後8時半過ぎ。駅前の「森田食堂」で夕食とします。

森田食堂 まずは奥の席に陣取って、女将さんに中ごはん(180円)と味噌汁(100円)を注文しておいて、入り口横の陳列冷蔵庫のところにおかずを選びに行きます。今日は小イワシ煮(300円)とポテトサラダ(250円)にしましょうか。

 本当はビールの1本も飲みたいところですが、金・土・日と三日間続けて、浴びるようにお酒を飲んだ後なので、今日は止めておいたのでした。お勘定は830円。

芝浦食堂 あけて火曜日は、いつもどおり呉で仕事をして、翌水曜日は、午後からの都内での打ち合せに向けて早朝から新幹線で移動。ちょうど昼ごろ、品川に到着し、昼食は「芝浦食堂」へ。久しぶりのサーロインステーキ定食(なんと600円!)です。決してやわらかい肉ではないけれど、グイグイとナイフで切りながら口にほうりこむと、グングン元気がわいてくる感じがしますねぇ。

広島駅弁うどん せっかく東京まで来たけれど今日は日帰り。夕方には新幹線の人になり、広島駅で呉線に乗り換えるついでに、在来線1番ホームの立ち食いうどん屋で天ぷらうどん(340円)。カリッとかたくて具の少ないかき揚げ天ぷらと、ホニャッとやわらかく腰のないうどんがここの天ぷらうどんの特徴。ほめてるようには聞こえないかもしれないけれど、このうどんがいかにも広島らしくて大好きなのです。夜行寝台列車(あさかぜ)で出張していた頃から、よく食べたもんなぁ、ここのうどん。

 単身赴任社宅に戻り、買い置きしてあるミックスナッツをつまみながら缶ビール。長い水曜日が終わります。

 木曜日は丸1日、呉で過ごし、会社帰りにちらりと「オオムラ」。塩っけの強いピーナッツ(200円)をつまみながら生ビール(500円)を2杯飲んで、お勘定は1,200円。明日に備えて早めに帰宅です。

濱そば 金曜日はまたまた早朝から、今度は横浜に向けて移動です。横浜はゴールデンウィーク前に行ったっきりで、本当に久しぶり。ちょうど昼ごろに新横浜に到着し、昼食は在来線ホームにある「濱そば」で、かき揚げ天玉そば(420円)です。横浜にいる頃は、これを食べてから新幹線に乗り込んだのですが、今は新幹線を降りて「濱そば」ですもんねぇ。つぶした黄身をからめ、からめしながらいただきます。

 さあて。午後の仕事が終わったら、どこに行こうかな。。。

|

« 〔この一品〕 阿佐ヶ谷「川名」の焼き鳥 | トップページ | 秘伝・しじみ醤油漬け … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/48892808

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム〕 東京~広島、行ったり来たり:

« 〔この一品〕 阿佐ヶ谷「川名」の焼き鳥 | トップページ | 秘伝・しじみ醤油漬け … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町) »