« 〔この一品〕 立石「二毛作」の大粒カキのおでん | トップページ | 〔この一品〕 立石「倉井ストアー」のラーメン »

夏はやっぱり生ビール … ビアホール「オオムラ(おおむら)」(呉)

生ビールとソーセージ


 暑い季節がやってくると、やっぱり飲みたいのが生ビール。呉れんが通り近くの小さなビアホール「オオムラ」にやってきました。

 カウンター12席だけのこの店で、出される飲み物は生ビール(500円)のみ。黙って座ればスッと生ビールが出されます。

 この店の生ビールは昔ながらの氷冷式のサーバーで出されることもあって、冷えすぎていない。また、この古風なサーバーには、今のサーバーのように泡だけを出すといった機能もないようで、ビールを注ぎながら多すぎる泡はナイフで切りながらこまめに調整して出してくれます。

 なかなかなくならない細かい粒の泡。ジワァ~ッと泡が消えてきても、その分ビールが増えてきて、全体として嵩(かさ)はあまり減らない。チェーンの居酒屋などでアルバイトの人が注いだ生ビールが、みんなにビールが出そろって乾杯するまでの間に泡の部分だけポッカリとなくなってしまうのとはぜんぜん違います。

「な~に。親父の代から、ズゥ~ッとこうやってやっとるだけよ」

 とまったく肩に力の入っていない店主。そうは言うものの、やっぱりこのビールはうまいですよ~。

「そうでしょう。この氷はうちが納めとるんですよ」

 カウンターの三つくらい横で飲んでいる男性客が、そう言いながら笑顔を向けてくれます。おぉ、氷屋さんもこの店にビールを飲みに来るんですね。

「ここで飲むのが楽しみでね。前にお客が少なかったときに、「樽を全部あけてもええ?」とマスターに聞いて、14~5杯くらい飲んだこともあるんよ。さすがにあの時はきつかった。」

 そう笑いながら、今日もつまみなしに軽く5杯は飲んでいます。

「私もここのビールが大好きで、1年半ぶりくらいに山口から飲みに出てきたんですよ。」

 私と氷屋さんの間には、男女ふたり連れが座っているのですが、その男性も話に加わってくれます。この男性は、以前は呉に住んでいたんだけど、3年ほど前に山口に引っ越したんだそうです。呉にいるときは、ここ「オオムラ」によく通っていて、今でもときどき、どうしてもここのビールが飲みたくなって、こちらに出てこられるんだと話してくれます。

 そんな話を聞きながら、ソーセージ(200円)をつまみに生ビール(500円)をついつい3杯。『ぐっと一杯! 思わず二杯!』というキャッチフレーズが店内に張られていますが、本当に気がつくとなくなってしまっているほど飲みやすい生ビールです。

 1時間ほどの滞在は1,700円。どうもごちそうさま。

店情報前回

《平成22(2010)年6月12日(土)の記録》

|

« 〔この一品〕 立石「二毛作」の大粒カキのおでん | トップページ | 〔この一品〕 立石「倉井ストアー」のラーメン »

コメント

ご無沙汰いたしております。
ただいまワイドショウで呉の町が浸水していることを報じておりました。
どんな状況でしょうか?本通・仲通が全滅でしょうか?
40年前の浸水を思い出し、心配しております。

投稿: rummenthol | 2010.07.14 14:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/48797533

この記事へのトラックバック一覧です: 夏はやっぱり生ビール … ビアホール「オオムラ(おおむら)」(呉):

» 初期のお客は米兵さん … ビアホール「オオムラ(おおむら)」(呉) [居酒屋礼賛]
 単身赴任なので月に1回程度は自宅(都内)に帰り、せっかく近くにいるのでこれまた月に1回程度は実家(松山)にも顔を出しとしていると、ゆっくりと呉で過ごせる週末は多くても月に2回程度。部屋を掃除したり、布団を干したり、買い置き分の食料の買出しに行ったり、図書館に本の返却・貸出に出かけたりと、ゆっくりと過ごせるようでいて、実際にはけっこう忙しい週末になるのです。  この週末に、これだけは済ませておかな... [続きを読む]

受信: 2010.07.09 20:22

« 〔この一品〕 立石「二毛作」の大粒カキのおでん | トップページ | 〔この一品〕 立石「倉井ストアー」のラーメン »