« 会社帰りにさっくりと … おでん「あわもり」(呉・新広) | トップページ | 〔この一品〕 立石「二毛作」の大粒カキのおでん »

手水場までも風情あり … バー「どん底(どんぞこ)」(呉)

手水鉢に柄杓


 「あわもり」を出て、呉の中心街に戻り、今日の2軒目は昭和28年創業の老舗バー「どん底」です。

 樹齢400年という欅(けやき)の一枚板のカウンターには先客は男性ひとり。前回もとなりで飲んでいた若い(40歳ほどの)常連さんです。

 竹鶴12年をロックでもらうと、今日のお通しは拍子木に切った山芋にイクラをのせたもの。「お醤油をちょっとかけて食べてください」と女将が醤油刺しをこちらに押しやってくれます。

 この重厚なカウンターは、幅(奥行き)が1メートルほどはありそうな広さ。女将が向こうから手を伸ばし、こちらもうんと手を伸ばして、やっと届くほどです。天井もうんと高く、全体がとてもゆったりとした造りなのです。

 昭和4年生まれの女将は80歳。腰が悪いので普段はカウンターの中の椅子に座って接客してくれるのですが、そうやって座ると、目線の高さもちょうど合ってとても話しやすいのです。文字どおり怪我の功名ですね。

 ここでゆっくりと、女将が話してくれる昔の呉の様子などを聞きながら飲むウイスキーがうまいんだよなあ。

 竹鶴12年のロックをおかわりしたところで、男女二人連れも来店。この方たちも常連さんのご様子で、自分たちのキープボトルを出して飲み始めます。

 キープボトル用のボトル棚は、カウンター席の背後の壁に造りつけられた木製のロッカーのような棚に入っていて、それぞれの棚に番号が付いています。その棚から自分のキープボトルを取り出してくるのです。

 もちろん棚には限りがあって、現在はすべての棚が埋まっている状態。この棚に入れられないキープボトルは、カウンター内に収納されているんだと思いますが、確認はしていません。

 その後、ふらりと入ってきた男性は、以前はよく来ていた人のようです。近くの町に引っ越して、なかなかこのあたりにも出てこれなくなったんだそうです。今日は近くで宴席があって出てきたので、その帰りにちょっと顔を出してみたとのこと。30分ほどの間に、ビールを1本だけ飲んで、さっとお勘定をして(1,500円でした)帰られました。男女二人連れも1時間ほど居て、お勘定は二人で4,000円。私も2杯目の竹鶴ロックを飲み干してお勘定をお願いすると3,500円。高いお店のように言われていますが、実はそれほど高くはないのです。

 午後9時前から11時過ぎまで、2時間ちょっとの滞在でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《平成22(2010)年6月11日(金)の記録》

|

« 会社帰りにさっくりと … おでん「あわもり」(呉・新広) | トップページ | 〔この一品〕 立石「二毛作」の大粒カキのおでん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/48785117

この記事へのトラックバック一覧です: 手水場までも風情あり … バー「どん底(どんぞこ)」(呉):

» 同じ話を何度も何度も … バー「どん底(どんぞこ)」(呉) [居酒屋礼賛]
 閉店時刻の午後9時に「あわもり」を出て、すぐ近くの二級橋(にきゅうばし)というバス停から呉市営バスに乗ると、約20分、運賃320円で四道路(よつどうろ)のバス停に到着。ここからちょいと路地の中に入ると、そこにあるのが昭和28年創業の老舗バー「どん底」です。  高~い天井に、広~い店内。壁の多くが書棚になっていて、ずらりと古書が並んでいます。切り盛りするのは和服に割烹着姿の女将ひとり。  いつもの... [続きを読む]

受信: 2010.08.01 22:30

« 会社帰りにさっくりと … おでん「あわもり」(呉・新広) | トップページ | 〔この一品〕 立石「二毛作」の大粒カキのおでん »