« 秘伝・しじみ醤油漬け … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町) | トップページ | ふぐひれ酒が290円 … 「ゑびすや食堂(えびすやしょくどう)」(立石) »

行列なしですんなりと … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石)

「宇ち多゛」


 土曜日の今日は、宇ち中(うちちゅう)さんと示し合わせて午後1時半に立石です。

 土曜日の「宇ち多゛」は昼前に開店。開店直後の1時間ほどは客の回転も悪いので、開店と同時に入らないのであれば、少し遅らせて行くほうがいいのです。そんな読みが功を奏したのか、午後1時半の「宇ち多゛」は、なんと行列なし。すんなりと店内へ案内されます。こんなことは初めてだなぁ。

 さっそく大瓶ビール(キリンラガー、540円)をもらって乾杯し、おかず(←「宇ち多゛」では料理のことをこう呼びます)は煮込み(180円)と、お新香・生姜のっけて・お酢(180円)からスタートです。

 お新香は、通常は大根とキュウリのぬか漬けに醤油をかけて、紅生姜をトッピングしてくれます。「生姜のっけて」というオプションを付けると、トッピングの紅生姜の量を増やしてくれます。「お酢」は醤油をかけた後、さらにお酢もかけてくれます。「かけないで」と注文すると、醤油もお酢もかけないお新香を出してくれます。

 続いてはアブラ・多いとこ・素焼き・お酢(2本180円)。「多いとこ」は、アブラの中でも、さらにアブラの部分が多いものを出してくれます。「素焼き」は、塩・タレの味付けをしないで焼き上げて、仕上げに醤油をかけてくれる食べ方。さらに「お酢」オプションを付けると、お酢もかけてくれます。

 飲み物を焼酎梅割り(180円)に切り換えて、シロ・タレ・よく焼き(2本180円)を注文します。

 モツの部位+味付け+焼き方という注文が、「宇ち多゛」のたのみ方の基本。慣れないうちは、「レバを塩で」「シロをタレで」といった具合に、部位+味付けでも十分です。焼き方は若焼き(わかやき)か、よく焼きが選べます。

 途中からなおとんさんや、冷蔵庫前のYちゃんも合流して、2時間近くの滞在は、宇ち中さんと2人で3,600円(ひとりあたり1,800円)でした。ごちそうさま。

100626a 100626b 100626c
お新香と煮込み / アブラ多いとこ / シロタレよく焼き

店情報前回

《平成22(2010)年6月26日(土)の記録》

|

« 秘伝・しじみ醤油漬け … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町) | トップページ | ふぐひれ酒が290円 … 「ゑびすや食堂(えびすやしょくどう)」(立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/48919377

この記事へのトラックバック一覧です: 行列なしですんなりと … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石):

» もつ焼き食べて大満足 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) [居酒屋礼賛]
 呉も暑かったけど、東京も変わらず暑いなぁ。こう暑いとあまり出歩きたくないのは呉にいるときと同じなのですが、東京には月に1~2回程度しか帰ってこれないので、暑さをおして外出です。  職住ともにこっちだったときは、たまに広島・呉方面への出張があると、ちょっと無理をしてでもあちこち回って飲み歩いていたものですが、すっかり逆転している感じですねぇ。  さてさて、東京に帰ってきたらぜひとも食べたいのがもつ... [続きを読む]

受信: 2010.09.14 23:02

« 秘伝・しじみ醤油漬け … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町) | トップページ | ふぐひれ酒が290円 … 「ゑびすや食堂(えびすやしょくどう)」(立石) »