« 〔この一品〕 森下「三徳」の純レバ | トップページ | 〔この一品〕 白金高輪「鈴木屋」の煮込み »

〔この一品〕 赤羽「まるます家」2階のスッポン鍋

すっぽん鍋(2階)


 1階のダブル「コ」の字のカウンターで飲むと、いかにも『元気な大衆酒場』という雰囲気を満喫できる「まるます家」ですが、2階は2階で、これまた捨てがたいのです。

 「まるます家」の2階にはド~ンと広い座敷席があって、なんとこちらは予約も可能。グループでの飲み会のときなどにも利用できます。

 そして『2階にしかないメニュー』というのも存在します。

すっぽん鍋(1階) たとえばスッポン鍋。1階にもスッポン鍋(750円)というメニューはありますが、1階のスッポン鍋は小さなアルミ鍋で出される一人用のもの。汁を残して食べ終えると、プラス200円でスッポン雑炊も作ってもらえます。

 では2階のスッポン鍋はどうなのか。グループでしか上がることができない2階座敷席用のスッポン鍋は3~5人用の大鍋で3千円(参考価格、詳細は後述)。しかも最後の雑炊も追加料金なしで含まれています。

 さらに1階ではできあがったスッポン鍋を目の前に持ってきてくれますが、2階では加熱前の土鍋が出されます。これを一緒に出してくれる卓上コンロで、目の前でクツクツと仕上げていくのです。

 ここでひとつお断り。「まるます家」の2階席には、今年(2010年)に入ってからも2回ほど行っているのですが、いつも大勢でわいわいと楽しんでいたので、2階席用メニューの値段チェックができていません。上で書いた3千円という値段は、3年前、2007年2月頃の値段です。1階でいただく一人用のスッポン鍋も当時は700円(現在は750円)だったと記憶していますので、現在の値段は3千円よりも上がっているかもしれません。しかし、まぁ、びっくりするほどは値上がりしていないと思います。そんなわけで、2階席用メニューの値段については、このあとの情報も含めて『参考価格』(2007年2月頃の価格)ということでお願いします。(現在の価格を知っている方は、ぜひコメントください。)

 1階で食べるスッポン鍋にも、いかにもコラーゲンたっぷりのスッポンの身は数切れ入っているのですが、2階の大鍋で見ると、それがゴロリゴロリと入っていて、しかもまだ火がついていないときは、すべの具在が独立的に並んでいるので、何が入っているのか、とてもわかりやすい。

 2階のもうひとつの目玉は、大きな正方形のお皿に、ずらりと10種類くらいの刺身を盛り合わせて出してくれる「刺身盛り合せ」(参考価格: 3,150円)。1階にも刺身3点盛り(800円くらい)はあるのですが、刺身盛り合せは2階だけだろうと思います。

 スッポン鍋ができあがるまでは、みんなで刺身盛り合せをつつきながら、北区のお酒「丸眞正宗」を飲んだり、ジャンチュー(=ジャンボ・チューハイ)を飲んだり。

 スッポン鍋を食べ終わると、ごはんと生卵を投入して、まる雑炊(=スッポン雑炊)を作ります。

 このスッポン鍋、3~5人前というものの、それはスッポン鍋だけをつまみにした場合の人数。「まるます家」ならではの他の料理も食べたいし、スッポン鍋も食べたいし、という場合は、その倍くらいの人数(6~10人前)で考えても大丈夫です。この鍋、10人で食べると、まる雑炊まで付いて、ひとりあたり300円ですからねぇ。信じられない。

 スッポン鍋は1階でも2階でも年中食べられます。

100320a 100320b 100320c
「まるます家」 / 刺身盛り合せ / すっぽん雑炊

店情報前回

《平成21(2010)年3月20日(土)の記録》

|

« 〔この一品〕 森下「三徳」の純レバ | トップページ | 〔この一品〕 白金高輪「鈴木屋」の煮込み »

コメント

まるます家常連で、お店ではクッシーで通っています。
スッポン大鍋の価格は、現在は4千円です。
他に、スッポンフルコースと言うのがあって、スッポン刺しなどがついて1万円なり。ただし暑い時期には休みで、9月下旬頃から再開の見込みです。予約のみ。
「酒呑(乃)童子の日記」で、「すっぽん鍋」で日記内を検索するとフルコースの内容をごらんいただけます。
料理の価格は、1階2階ともメニュー上は同じですが、2階では、飲食代総額に5%の消費税が加算されます。この差額が席料と考えてください。
以上。本日確認してきました。

投稿: シュテンノ | 2010.08.31 14:45

浜田さん、ご無沙汰しています。まるます家はこの浜田さんのブログに教えていただきました。すっぽん鍋のお値段は地元の常連さんでいらっしゃる酒呑童子さんのコメントのとおりで、ちょっとだけ上がりました。で、もし若い人や沢山食べる人と行くときで、すっぽん鍋をメインにするときなのですが、4人に1台では足りないかもしれません。もうとっても美味しいので、若い人なんてドンドンいきますから、そろそろコラーゲンやら何やら、ちょっと補給したい年代は、あれよあれよという間に、雑炊になってしまいます。ま、それはそれで改めて、ゆっくりお邪魔すれば良いのですけど、相方は次の日からずーっと、今度いつ行こうと言ってますから、なかなか行けなくてしっかりすっぽん鍋を堪能したい向きは、二人1台が無難です。本当に美味しいので…。寒くなったらコースも魅力的ですね。いつもありがとうございます。お邪魔しました。

投稿: N.I | 2010.09.12 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/49273299

この記事へのトラックバック一覧です: 〔この一品〕 赤羽「まるます家」2階のスッポン鍋:

» 2階座敷でスッポン鍋 … 鯉とうなぎ「まるます家(まるますや)」(赤羽) [居酒屋礼賛]
 「埼玉屋」で飲んでいるところへピピピッとメール。『Kさんご夫妻と「まるます家」で飲んでます』と宇ち中(うちちゅう)さんです。  「まるます家」は食事だけのお客さんも多いからか、基本的に一人3本までというやんわりとした制限があるうえに、酔って入るのもやんわりとNGのお店。 (二次会で行っても大丈夫かな?)  と宇ち中さんにメールで確認したところ、さっそく宇ち中さんが「まるます家」の松島さんにお願い... [続きを読む]

受信: 2011.03.28 23:30

« 〔この一品〕 森下「三徳」の純レバ | トップページ | 〔この一品〕 白金高輪「鈴木屋」の煮込み »