« 酒場通とめぐる呉酒場(3) … スタンド「シロクマ」(呉) | トップページ | 酒場通とめぐる呉酒場(4) … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) »

店情報: 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉)

    100808z4
  • 店名: 富士さん(屋台)
  • 電話: 090-1017-6707
  • 住所: 737-0051 広島県呉市中央3丁目周辺の蔵本通り(赤ちょうちん通り)
  • 営業: 19:00-02:00、火休
  • 場所: JR呉駅から徒歩または市バス「中央三丁目」下車
  • メモ: 昭和49(1974)年創業。現在は二代目が切り盛りする、中華そばとおでんと鉄板焼きの屋台。ビール中瓶550、ホルモン炒め700、ラーメン500(半盛400、大盛600)、おでん全品100、焼きそば600、ホルモン焼きそば900、豚足600、豚耳500、豚キャベツ串2本250など。(2011年2月調べ)

|

« 酒場通とめぐる呉酒場(3) … スタンド「シロクマ」(呉) | トップページ | 酒場通とめぐる呉酒場(4) … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/49207595

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉):

» 酒場通とめぐる呉酒場(4) … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 「酔わせて下町」のFさんと、「宇ち中」の宇ち中(うちちゅう)さんのお二人が呉に遊びに来てくれて、呉の酒場めぐりです。スタンドの後の4軒目は、呉の締めの定番、屋台です。  呉の街なかを突っ切るように流れる堺川(さかいがわ)。その堺川の西岸(呉駅寄り)にずらりと並ぶ屋台はおよそ15軒。ここは赤ちょうちん通りと呼ばれる、全国でも珍しい、地方自治体(呉市)が管理する屋台通りなのです。  ずらりと並ぶ15... [続きを読む]

受信: 2010.08.21 11:26

» 鶏もつのおでんに燗酒 … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 「魚菜や」を出て、ひとりでふらりとやってきたのは、屋台の「富士さん」です。なにしろ、「魚菜や」の前の通りから橋(かえで橋)を渡ると、そこがもう呉の屋台街ですもんね。近い近い。  今日は木曜日なので、最近よく行っている屋台「一二三」(基本的に金・土のみ営業)はお休みの日。そこで、その「一二三」の2軒となりの屋台、「富士さん」にやってきたのでした。  「富士さん」の創業は昭和49(1974)年。創業... [続きを読む]

受信: 2011.02.21 22:41

» クリスマスイブに飲む … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 昔から変わらぬ呉の飲み会のゴールデンコースは、とり屋→スタンド→屋台という流れ。  “とり屋”と呼ばれる、瀬戸内海の魚介類+焼き鳥が売りの酒場でひとしきり飲んで、全国的には“スナック”という形態に近い“スタンド”で、歌ったり、店のおねえさんと話したりしながら楽しく過ごしたあと、深夜まで開いている“屋台”で〆て帰るのです。  ひとりで飲むときも、このパターンをたどる人もいますが、ほとんどのケースは... [続きを読む]

受信: 2011.03.12 13:46

» ついつい足が向くのが … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 年末に飲んだくれてて、散髪にも行けずに新年を迎えたので、1月4日の今日になって、朝から散髪屋に出かけます。新年早々から散髪する人なんて、他にいるのかな、と思いながら店に入ると、先客がひとりいて一安心。この散髪屋は、仕上げの前にローラーのようなもので、頭全体をグリグリとしてくれるのですが、これがすごく気持ちいいんですねぇ。  木製のタイヤのような部分がグリグリと回転しているのに、けっして髪の毛を巻... [続きを読む]

受信: 2011.04.07 23:13

» 仕事を終えてすぐ屋台 … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 水曜日の仕事を終えて、やってきたのは屋台が並ぶ赤ちょうちん通り。呉には、東京で言うところの『大衆酒場』がない(私が見つけられていない?)ので、その代わりに行くのが屋台だったり、大衆食堂だったり、とり屋だったりするのです。  今日は一番北のほうにある屋台、「富士さん」に入ります。  ほとんどの屋台は、リヤカーの上に屋根が付いたスタイルになっていて、屋台として組み立て終わったあとは、リヤカーの上部が... [続きを読む]

受信: 2011.05.14 12:56

» 三連荘で飲む飲む飲む … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)など [居酒屋礼賛]
 一昨日(水曜)に引き続き、昨日(木曜)もまた送別会。この時期(3月末)は送別会が目白押しです。街なかの居酒屋で盛大に送別した後、主賓も含めて3人で屋台の「富士さん」へ。瓶ビール(キリンラガー中瓶、550円)をもらって、各自でおでん(1本100円)を注文。私は好物の“鶏もつ”を2本と、コーンバター(300円)も焼いてもらいます。けっこう飲み食いして、ここのお勘定は3人で4,700円(ひとり1,60... [続きを読む]

受信: 2011.07.20 21:41

» ホルモン焼きそばで〆 … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 西武線沿線の呑み仲間・Hさんが出張で呉にやってきて、夕方、待ち合わせをしたのは小さな老舗ビアホール「オオムラ」です。店に到着すると、すでにHさんは飲み始めていて、私もさっそく生ビール(サッポロ、500円)をもらって乾杯します。  Hさん、実は1か月半ほど前にも呉に出張だったのですが、そのときは、二日間で4人の来客という異例の事態。二夜連続のダブルヘッダー飲み会の最後(第4試合目?!)がHさんとの... [続きを読む]

受信: 2011.08.12 00:43

» 鳥串で飲んで半麺で〆 … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 水曜日の今日は「魚菜や」で食べて飲んだあと、屋台の「富士さん」にやってきました。  麦焼酎「いいちこ」の水割り(400円)をもらって、鳥串(2本250円)を注文すると、店主・山内一寛さんが、鶏肉と、その鶏肉とほぼ同じ幅にぶつ切りにした白ネギとを交互に串に刺し、鉄板の上で塩コショウで味付けしながら焼いてくれます。  現在の呉の屋台13軒を時系列で分けた場合、呉市の公募より前からやっていた老舗屋台6... [続きを読む]

受信: 2011.11.17 22:52

» 通と食す屋台焼きそば … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 東京を出発して、四国→中国→近畿をロングツーリング中の飲み仲間・SaltyDogさんと行く呉酒場。3軒目は屋台の「富士さん」です。  SaltyDogさんは、「焼きそば名店探訪録」という、「焼きそば」の専門食べ歩きサイトも作られているほどの焼きそばフリーク。  ここ「富士さん」の名物料理がホルモン焼きそば(900円)なので、さっそくそれを1人前注文して、そのできあがりを待つ間に、おでんを2個ずつ... [続きを読む]

受信: 2012.07.07 08:51

» 鱧だ!鮎だ!穴子だ! … 料理屋「灘(なだ)」(呉)他 [居酒屋礼賛]
 金曜日の今日はビヤハウス「オオムラ亜」で、イカナゴの釘煮(200円)をつまみに生ビール(500円)を3杯ほど飲んだ後、魚を食べようと料理屋「灘」へと向かいます。  「灘」は手前が細長いカウンター席(6席)で、その奥がちょっと広がって4人掛け3卓のテーブル席。総席数18席の店内を、店主・灘さんと手伝っている女性、そして学生アルバイトの3人で切り盛りしています。  人気の「灘」は、いつもお客さんでい... [続きを読む]

受信: 2012.07.26 11:45

» 沼袋たつや店主夫妻と … 「のぶ」「富士さん」「どん底」「BAR ANCHOR」(呉) [居酒屋礼賛]
 沼袋「たつや」の店主夫妻(たっつんさん、まるたんさん)と巡る呉酒場。午後8時に、1軒目の「關白」を出て、すでに閉店して片付け中の「オオムラ亜」で、生ビールサーバーをちらりと見せていただいてから、お好み焼きの「のぶ」へ。せっかく広島に来てもらったので、カウンター全体が鉄板でできているお店も見ていただこうという考えです。  ただし、明日の昼、お好み焼きを食べる予定が入っているので、今日はトロロ焼きと... [続きを読む]

受信: 2012.10.23 08:00

» 半年ぶりの呉酒場巡り(1) … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 呉から横浜に転勤して半年。はじめて呉への出張が入り、朝から新幹線で広島に向かいます。広島駅に到着したのは午前11時半。今日の昼食は、広島駅1番ホームの「駅うどん」での天ぷらうどん(340円)に決めています。こっちのうどん出汁にぴたりと合う巻きずし(2個100円)も食べなきゃね。  久しぶりの広島駅の天ぷらうどんに大満足して、呉線乗場(3番ホーム)に行ってみると、昨夜からの大雨の影響で、呉線が大幅... [続きを読む]

受信: 2013.06.24 22:06

» 魚介は人手を介さない … 「本家鳥好(ほんけとりよし)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 呉に帰ってきて、楽しみだったことのひとつが「本家鳥好」でいただく、アジの刺身とカキの刺身。 「お客さんに生で出すものは、なるべく人の手を介さないで仕入れる」  というのが、この店の大将・上瀬弘和(かみせ・ひろかず)さんのモットー。  店内の生簀(いけす)で泳いでいる魚(アジとメバルが多い)は、すべて大将自身が船を出して釣ってきたものです。 「とれてすぐよりも、生簀で2~3日泳がして、余分な脂が抜... [続きを読む]

受信: 2014.12.11 15:07

» 呉の夜は屋台で締める … 「富士さん(ふじさん)」(呉)など [居酒屋礼賛]
 まずは『とり屋』で飲み食いして、『スタンド』でおねえさんと話をしたり歌ったりした後、最後は『屋台』のラーメンで締めくくるというのが、呉の呑兵衛たち定番のハシゴ酒コースだ。  『とり屋』というのは、焼き鳥と活魚が二枚看板の居酒屋のこと。「鳥好」「鳥八」「三とり」などなど、「鳥」または「とり」の字が付いている店が多いことから、総称して『とり屋』と呼ばれるようになった。  『スタンド』は、世間一般的に... [続きを読む]

受信: 2016.10.03 22:24

« 酒場通とめぐる呉酒場(3) … スタンド「シロクマ」(呉) | トップページ | 酒場通とめぐる呉酒場(4) … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) »