« 〔コラム〕 「オータ教授の居酒屋ゼミナール」 | トップページ | 店情報: 屋台「清龍軒(せいりゅうけん)」(呉) »

なるほど旨い中華そば … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉)

中華そば


 どうですか、この淡く黄金に透き通るスープ!

 これが「酔わせて下町」のFさん絶賛の「森田食堂」の中華そば(400円)です。

「出汁に瀬戸内の小魚を使っているのと、塩がいいのでしょう。超美味です。都内の塩ラ-メンの名店も敵わないかも。最後に半ライスを入れると最強です。是非というか絶対に食べてみて下さい。」

 というのがFさんからいただいたメール。(詳細はこちらの記事の後半をご覧ください。)

 これはぜひ行ってみなければと、水曜日の今日、仕事が終わったあとにJR呉駅前にある「森田食堂」へとやってきたのでした。

 午後6時半の「森田食堂」は、奥のテーブルに中年の男女4人組(男2人、女2人の公務員か学校の先生といった風情)、手前のテーブルには仕事帰りらしい男性ひとり客がテレビの見える側にいて、ポテトサラダ(250円)と茹でエビ(500円)をつまみに、大瓶ビール(キリン510円)のあと、千福の冷酒(600円)を飲んでいます。

 「森田食堂」の店内のテーブル席は、この2卓のみ。それぞれ8人くらい掛けられる長テーブルで、それ以外にカウンター席があります。ただしカウンター席はテレビに背を向けるポジションとなるため、ひとり客にはあまり人気がないようです。

 私も、男性ひとり客の通路側にテレビが見える向きに座り、「何にしましょう?」と聞いてくれる女将にビールを注文します。

 「生?」「いや、大瓶で」「キリンとアサヒがありますが」「キリンでお願いします」というやり取りがあって、女将が冷蔵庫からキリンラガー(一番搾りも選べます)を出して、ポンッと景気のいい音を立てて抜いてくれます。この景気のいい栓の抜き方は、女将の得意技のようです。

 一緒に出してくれるグラスに最初の1杯を注いで、まずはググゥ~ッと飲み干します。ん~~~っ。この1杯がたまらん!

 仕事終わりのビールを飲んで、すっきりと生き返ったところで、入口側の冷蔵ガラスケースにおかずを選びに行きます。ずらりと並んでいるのは、さばの煮つけ(200円)、だし巻たまご焼(150円)、ひじき(200円)、煮しめ(250円)、ポテトサラダ(250円)、小いわいの煮つけ(300円)、湯豆腐(300円)、奴豆腐(200円)などなど。

 ここは大衆食堂なので、これらのおかずで食事をするもよし、これらを肴(さかな)に酒を飲むもよし。店のファサードテントにも「めし、丼物、酒肴」と書かれています。

 小イワシの刺身があれば、それが食べたかったのですが、今日の刺身はタコと鯛(各500円)。しかも鯛は最後の1皿です。前回も鯛刺身を食べたので、今回は違うものを食べようと思っていたのですが、最後の1皿とあってはしかたがない。やっぱり鯛刺身にしましょう。だって見た目がいかにもおいしそうなんだもの。

 冷蔵ケースから鯛刺身を取り出して、席まで持ってくると、女将が醤油皿に刺身醤油を入れてくれます。このあたり(呉地方)の酒場では、ほとんどの店で刺身は普通の醤油ではなくて、ちょっと濃厚で甘みのある刺身醤油でいただくのです。

 前回もそうでしたが、今回も鯛刺身のつまはキャベツの千切り。これが「森田食堂」のスタイルなのかな。

 ビールが終わったら、音戸の地酒「華鳩(はなはと)」の冷酒(たぶん600円)と湯豆腐(スープ豆腐っぽい料理で、ここの名物。300円)にしようかと思っていたのですが、私が入ったあとから続々とお客さんが入ってきて、テーブルはもちろん、カウンターもいっぱいになってしまいました。

 カウンター席に座っている男性二人組みは、和歌山から旅行でやってきたと女将に話しています。最初の生ビールを飲み終えた二人は、

「ベッピィ~ン! 生ビールもう1杯ちょうだい」と女将に声をかけます。

「聞いたことないような言葉が聞こえてきたけど、もしかして私のこと? でもうれしいわ」と笑いながら生ビールを注ぐ女将。「別嬪」という声のかけ方がおもしろいですねぇ。和歌山あたりでは普通の呼び方なんでしょうか。

 ほぼ満席の店内の客数は15人ほど。切り盛りしているのは女将ひとりだけなんだけど、女将の動きはあまり忙しそうではありません。ほとんどのおかずは冷蔵ケースに並んでいる大衆食堂だからかもしれませんね。

 とはいうものの、この満席状態で長居するのもヤボなので、予定を変更して締めの中華そば(400円)を注文します。

 あまり待つこともなく、すぐに出てきた中華そばは、淡く黄金に透き通るスープに、ごく普通の中華麺。具は豚肉2切れとモヤシ、メンマ、刻みネギとシンプル。まずは熱々のスープをひと口。おぉ~っ。たしかにこのスープはすばらしい。薄めの塩味で、魚のダシの味を強く感じます。これはうまいなぁ。

 あっという間にスープまで完飲。Fさんのおすすめは、これにごはん(小170円)を入れることだったんだけど、ラーメンだけでもお腹いっぱいで、そこまでは食べられませんでした。

 40分ほどのちょい飲みタイム。お勘定は1,410円でした。どうもごちそうさま。

100818a 100818b 100818c
「森田食堂」 / 鯛刺身 / 中華そば完食!

店情報前回

《平成22(2010)年8月18日(水)の記録》

|

« 〔コラム〕 「オータ教授の居酒屋ゼミナール」 | トップページ | 店情報: 屋台「清龍軒(せいりゅうけん)」(呉) »

コメント

「森田食堂」の中華そば,しかと拝見。もしかしたら,それは「黄いそば(きいそば)」「和風中華」「天ぷら中華」などと呼ばれるものではないか,と。
うどん出汁に中華麺,姫路の駅ソバが有名だけど,個人的には,高校(広島市)の学食の懐かしき味。
地元民としては,エアポケットでした。今度食べます。
森田食堂の名物は「湯豆腐」。うどん出汁に豆腐がつかり,トロロ昆布にゆず片。〆の汁まで用意された,酒飲みにはありがたい酒肴。
年中ある「おり酒(華鳩)」コップ1杯300円とともにどうぞ。

しかし,駅前のあの並びには,渋い店が揃っています。
「鉄板焼 藤」。呉で一番旨いコップ酒が出る,と勝手に認定。「清盛」は音戸の華鳩の別ブランド,無造作なコップ酒に豊かなコク。
おかみさんの玉子焼きは旨い。冷蔵ケースの小鉢や焼き物(がんす焼きなど)とおでん。何気ない一品で至福の時。常連占有率が高い店。
「松屋食堂」。おばちゃんが一人で切り盛り(時々助っ人孫娘)。食堂とはいえ,夕刻の短い時間しか開けない。
黒じょか型の容器で出る日本酒。瓶ビールはセルフで。肴も適当なものを選んで…至って開放的なシステム。
でも,帰る時少しびっくりします。安いのです。
呉細うどん「りゅう」は,地元の山乃家製麺が始めた,比較的新しい店。
ちくわ天,かき揚げなど,うどんのトッピングで麦焼酎のロックを。かけうどんで〆,細うどんにからむ『命の出汁』。
夏の具だくさん冷やしうどんもいいし,うどん出汁に中華麺の和風中華(胡椒かけ)もいいな。
うどんに対しすごく真面目な店主との語らいながら,うどん酒を呉で流行らせたいと思う気にさせる店です。
ここ一年ほど行けてないけど,皆盛況でやっておられるでしょうか。

投稿: 遊星ギアのカズ | 2010.09.07 23:21

再度登場失礼します。
森田食堂の中華そば、食しました。そして、私の前言撤回。それは、黄いそばではなく、まごうことなき真っ当な、専用スープの中華そばでした。
『塩ラーメン』ですか、確かにそういう視点でとらえると、いつもの料理が、新鮮なものに変身しますね。
チヤシューでなく、茹でた豚バラ肉が入るのも、呉の古い食堂らしい(二河の「宮川食堂」の中華そばがそうです)。呉市民に親しまれている、中通「モリス」の中華そばと、味の傾向がものすごく近いです。
美味しい一品を紹介していただき、ありがとうございました。

投稿: 遊星ギアのカズ | 2010.09.18 15:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/49374162

この記事へのトラックバック一覧です: なるほど旨い中華そば … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉):

» 大食漢でも呑兵衛でも … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) [居酒屋礼賛]
 大食漢だけど、お酒はあまり飲まない後輩が出張でやってきて、ふたりで「森田食堂」です。まずは瓶ビール(キリンラガー大瓶、510円)をスパンッと景気よく抜いてもらって乾杯です。ここの瓶ビールはこうやってスパンッといい音を出して栓を抜いてくれるところが気持ちいいんですよねぇ。  今日の呉地方は雨。午後から降りだした雨の勢いはだんだん強くなってきて、会社を出ることには、会社前のバス停に行くまでの間にもう... [続きを読む]

受信: 2010.10.17 13:34

« 〔コラム〕 「オータ教授の居酒屋ゼミナール」 | トップページ | 店情報: 屋台「清龍軒(せいりゅうけん)」(呉) »