« お月見の翌日は独り酒 … ビアホール「オオムラ」(呉) | トップページ | 大食漢でも呑兵衛でも … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »

鍋前でいただくみそ煮 … 活魚・やき鳥「鳥八茶屋(とりはちちゃや)」(呉)

みそ煮と華鳩


 「オオムラ」の生ビール2杯でエンジンをかけて、今日の2軒目は「鳥八茶屋」です。

 この店は平日(月曜定休)は午後4時から午後10時半閉店という6時間半営業のお店ながら、土日は正午開店で閉店時間は変わらずと、なんと真昼間から10時間半も営業しているお店に切り替わるのです。

 しかも、入口を入って、奥の座敷席までの間は両側にズドーンとのびる直線カウンター。休日の昼間に、ひとりでやってきて、このカウンターで飲んでみたいなぁ、と前々から思っていたのです。

 今日はすでに午後7時半なので「休日の昼間」というのは実現できませんが、まずは「鳥八茶屋」でのひとり飲みデビューということで入ってみますか。

 おろっ。いつも(平日)はけっこう空いているカウンター席ですが、今日はお客さんが多い。左も右も、それぞれ4割ほど埋まっています。男女ふたり連れが多いかな。

 ざっと見て、空いているスペースが多い、右手カウンター奥側の、ちょうどみそ煮用の四角い鍋がある前に陣取ります。

「いらっしゃいませ、何にしましょう?」

 と聞いてくれるカウンターの中のおにいさんに、まずは「華鳩」(1.5合630円)を燗でもらって、つまみは目の前のみそ煮(160円)を注文すると、目の前で小鉢についで、鍋越しに手渡してくれます。

 奥の座敷に座ると、まずはお通しが出てくるのですが、カウンター席にはお通しはないようです。

 ここ「鳥八茶屋」は、呉に数多くある「とり屋」と呼ばれる独特な形態の酒場の1軒。焼き鳥屋をベースとして、呉の近くでとれる新鮮な魚介類もメニューに並んでいるのが大きな特徴で、看板にも「活魚&焼き鳥」と書かれている店が多いほどです。

 そして最初にもらったこのみそ煮は、呉の「とり屋」では定番のメニュー。鶏の皮をどろりとした味噌味のタレで煮込んだもので、東京のもつ煮込みと同様に、鶏皮だけを煮込んだタイプ、鶏皮とコンニャクを煮込んだタイプ、鶏皮を串に刺した状態で煮込んだタイプと外観だけでも各種あり、しかも味付けも店によって違うので、まさに各店で各様のみそ煮を食べることができます。

 「鳥八茶屋」のみそ煮は、1人前160円と値段も安いのがうれしいですね。

 ん? どっかからニュースの音声が流れてきている。振り返って確認すると、反対側のカウンター(入口から見て左側のカウンター)の中、中央部にテレビが置かれています。そして、その近くに男性ひとり客が2~3人ほど。なるほど、ひとり客は向こうのカウンターに座って、テレビを見ながら飲むんですね。

 と思っていたところへ、いかにも常連さんらしき年配の男性が入ってきて、私の2つくらい横の席に座ってチューハイ(370円)を注文。あらら。必ずしもひとり客がみんなテレビ側に行くわけじゃないんですね。

 そのおじさんは、チューハイをひと口、ふた口飲んだところでトマトも注文。『へぇ、トマトなんてあるんだ』とメニューを再確認してみると、なるほどあったあった、冷やしトマト(320円)。そのトマトが出たところでチューハイをおかわりし、キューッとおいしそうに飲んで「ごちそうさん」。はやっ! 滞在時間20分ほどで、千円ほど払って帰っていきました。まるで立ち飲みなみの飲み方ですねぇ。

 みそ煮に続いて、たこわさ(350円)を注文すると、すぐに若い店員さんがたこわさを持って来てくれて「たこわさはどちらさん?」とカウンター内の店員さんに確認。聞かれた店員さんは「みそ煮前のお客さんです」って。そうか、この席は「みそ煮前」と呼ぶんですね。

 お酒のほうは、昨日の月見の会でおいしかった「誠鏡(せいきょう)」(1.5合630円)を燗でいただきます。この「誠鏡」は安芸の小京都・竹原で作られた純米酒です。

 つまみにはスープ豆腐(420円)を注文すると、ひとり用のアルミ鍋にたっぷりの具沢山なスープ豆腐が出されます。こりゃすごい。このスープ豆腐をつまみに、燗酒2本で1,680円コースなんてのが、これから寒くなってくるといいかもね。

 最後にハゲ(カワハギ)の潮汁(うしおじる)もサービスでいただいて、今日のお勘定は2,200円でした。どうもごちそうさま。

100926a 100926b 100926c
「鳥八茶屋」 / みそ煮 / たこわさ

100926d 100926e 100926f
スープ豆腐登場 / 蓋を開けると具沢山 / ハゲの潮汁

店情報前回

《平成22(2010)年9月26日(日)の記録》

|

« お月見の翌日は独り酒 … ビアホール「オオムラ」(呉) | トップページ | 大食漢でも呑兵衛でも … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/49744032

この記事へのトラックバック一覧です: 鍋前でいただくみそ煮 … 活魚・やき鳥「鳥八茶屋(とりはちちゃや)」(呉):

» はじめてのカキ天ぷら … 「鳥八茶屋(とりはちちゃや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 そうだよなぁ。生で食べても、焼いて食べても、フライにして食べてもおいしいカキ。天ぷらで食べてもおいしいに決まってる。なんで今まで食べたことがなかったんだろう。  今年の4月に呉に転勤になって、楽しみにしていたたくさんのことの中のひとつが、カキを食べること。ご存知のとおり、広島県はカキの一大産地。その中でも呉は、カキ(剥き身)の生産量日本一の市なのです。(ちなみに2番は、おとなりの江田島市です。)... [続きを読む]

受信: 2010.11.24 00:04

« お月見の翌日は独り酒 … ビアホール「オオムラ」(呉) | トップページ | 大食漢でも呑兵衛でも … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »