« かなりいっぱいセット … 居酒屋「三とり本通店(さんとりほんどおりてん)」(呉) | トップページ | 〔コラム〕 二十三区北西部の名店めぐり »

〔コラム〕 グルッと野毛の新店めぐり

 明朝からの横浜での仕事にそなえて、今日のうちに横浜まで移動です。今夜の宿は野毛のホテル。野毛に泊まって飲めるのがうれしいなぁ。

エルヌビチノ そのホテルにチェックインして荷物も置き、身軽な格好で出かけたのは、飲み仲間・カジさんが都橋商店街1階中央付近に開店した生ビールの店、「una casa de gb gb El Nubichinom」(ウナ カサ デ グビグビ エルヌビチノ)です。とてもむずかしい名前ながら、「グビグビ」と略すか、「エルヌビチノ」と略すといいのかなぁ。

 営業時間は午後3時から午後8時ながら、横須賀のMさんが店に入って事情を話しておいてくれたので、開けて待っててくれました。

 ビールは毎日6種類ほどが用意されていて、Sサイズで500円、Mサイズなら800円、Lサイズは1,000円です。

 今日のビールは、宮崎の『ひでじビール』から「太陽のラガー」と「カスケードラガー」の2種。博多の『ブルーマスター』からはイチゴ(甘王)のビール「ノーブルスウィート」。厚木の『サンクトガーレン』からは「ゴールデンエール」、『イクスピアリ』の「シュバルツ」、茨城『木内酒造』の「ネストホワイト」の6種です。

 私はまずは「太陽のラガー」をいただきます。クセなく、とても飲みやすいビールです。

 Mさんが飲んでいるのは、なんとイチゴのビール。ほんのりと甘くて、イチゴの香りがします。

 ビールの種類もさることながら、生ビールが樽ごと冷蔵庫で冷やされていて、それが六つの注ぎ口から出てくるのがおもしろい。この方式だと、普通の生ビールサーバーのように、細いパイプを通ってくる間に急速冷蔵するという必要もないので、ビールがやわらかい感じがします。

 2杯めは和式ベルジャンホワイト(ベルギーの白ビール)である「ネストホワイト」をもらって終了。なにしろすでに閉店している時間なので、早めにサクッと切り上げました。

 閉店後にもかかわらず、ありがとうございました。>カジさん

 今度は普通に営業している時間に行って、ゆっくりと飲みたいと思います。

浜とん 2軒目は、大岡川を渡って福西町に入り、駐車場の裏手にオープンしたもつ焼き処「浜とん」です。店主は浅草橋の「西口やきとん」で修業をしてこの店を開いたのだそうで、メニューも「西口やきとん」に似ています。

 さっそく皿ナンコツとフランスパンを注文すると、「皿ナンコツの味付けはちょっと変えてるんですよ」とのこと。しかしこれもまたフランスパンによく合います。

ホッピー仙人 3軒目は再び都橋商店街に戻って、「ホッピー仙人」です。野毛に来たら、どうしてもここには寄らなきゃなぁ。残念ながら、すでに生ホッピーは売り切れていたので、横須賀のMさんとともに、瓶のハーフ&ハーフ(500円)をいただきます。

 生ホッピーがあるときは、ひとりでもハーフ&ハーフが楽しめますが、瓶しかないときは二人で白ホッピーと黒ホッピーをシェアしながらハーフ&ハーフを作ってもらわないといけないのです。

 すぐに閉店時刻がやってきて、閉店時刻まで残っている常連さんたちが、明日の営業用にカウンターの外に積み上げているホッピーを、次々にカウンター上に置いていきます。それをまた何人かで1本ずつきれいに布巾でふいて、しかるのちに冷蔵庫の中に整然と並べられていきます。なるほどぉ。閉店時には毎日こんな作業が続いてたんですね。はじめて知りました。

栞 「ホッピー仙人」をあとに、今日の4軒目は、横須賀のMさんが「最近のイチ押し」と通っている、日ノ出町駅近くの立ち飲み「栞(しおり)」です。

 「はい、いらっしゃいませ!」と元気に仕切ってくれるのは、元ヤンキー風の男前おねえさん。

 燗酒を飲んで、「十四代」の純米焼酎を飲んだりしているうちに、そろそろ横須賀のMさんは終電の時間。

日の出理容院 京急・日ノ出町駅で、Mさんを見送ったあとは、ひとりで行く今宵の5軒目、「日の出理容院」です。

 酒友・にっきーさんから、「終電が出たあとの「日の出理容院」が落ち着いていていいんですよ」という話はうかがっていたものの、実際にその時間にやって来たのは今日がはじめて。他にはお客さんもおらず、ひとりで切り盛りしている女性バーテンダーのメグミさんを独占です。

 今日の宿がすぐ近くだと思うと、それだけでくつろぎ度合いも大きいなぁ。

吉野家 「日の出理容院」を出て、まっすぐホテルに帰ればいいものを、この時間(午前1時過ぎ)になると、またまたお腹がすいちゃったりするんですねぇ。そんなわけで、最後は「吉野家」の牛鍋丼(並)+生卵で締めて、今宵の野毛めぐりを終えたのでした。

《平成22(2010)年10月7日(木)の記録》

|

« かなりいっぱいセット … 居酒屋「三とり本通店(さんとりほんどおりてん)」(呉) | トップページ | 〔コラム〕 二十三区北西部の名店めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/49927917

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム〕 グルッと野毛の新店めぐり:

» 野毛で楽しむ呉ビール … 生ビール「ヌビチノ(El Nubichinom)」(横浜・日ノ出町) [居酒屋礼賛]
 立ち飲みの「福田フライ」を出て、次なるお店は都橋商店街にある、これまた立ち飲みの生ビール屋、「ヌビチノ」。飲み仲間のカジさんが2010年に開店した、新しいお店です。  この店の本当の名前は「una casa de gb gb El Nubichinom」(ウナ カサ デ グビグビ エルヌビチノ)という長い名前なのですが、長すぎて覚えにくいので、ネット上によく登場している「ヌビチノ(El Nubi... [続きを読む]

受信: 2011.01.19 23:27

« かなりいっぱいセット … 居酒屋「三とり本通店(さんとりほんどおりてん)」(呉) | トップページ | 〔コラム〕 二十三区北西部の名店めぐり »