« 店情報: 食事処「かず」(呉・倉橋町) | トップページ | 店情報: 「北吉鮮魚店(きたよしせんぎょてん)」(呉・倉橋町) »

倉橋島ツアー・昼食編 … 食事処「かず」(呉・倉橋町)

「かず」の日替り定食


 遊星ギアのカズさんから「呉に来たならぜひ倉橋島の北吉鮮魚店に」というコメントをいただいたのは、今年の6月のこと。以来、呉の情報誌「くれえばん」の木戸編集長や、「魚菜や」の女将さんからも、「北吉鮮魚店にはぜひ行ってみるべき」というおすすめの言葉をいただいて、期待はふくらむばかり。10月第4土曜日の今日、満を持してその「北吉鮮魚店」に向かうことになったのでした。

 倉橋島ツアーをコーディネートしてくださったのは遊星ギアのカズさん(以下、“カズさん”と略します)。遠く東京からMさんも、リフレッシュ休暇の一貫として参加してくれて、正午前に呉駅前のバス停3番乗り場に集合です。

 呉駅前から、倉橋島の桂浜・温泉館までは呉市営バスで約1時間、運賃は800円です。カズさんがバスの切符売り場で調べてくれた結果、1日乗車券を買うのがいいとのこと。1日乗車券は1,300円で、呉市営バスの全区間が1日中乗り放題なので、呉駅から桂浜・温泉館まで往復しただけで、もう23%もの割引率となるのだそうです。(1日乗車券には、大和ミュージアムや入船山記念館の割引券も付いています。)

 呉駅前発、正午ちょうどの桂浜・温泉館行きバスに3人で乗り込んで、いよいよ出発です。

 カ~ンとよく晴れた天気の中、バスは呉湾内の工業地帯や、潜水艦基地などを通り過ぎて、音戸大橋をわたり、いよいよ倉橋島に突入です。

 倉橋島は、今から1700年位前から造船の地として知られていて、遣唐使船もこの地で造られました。広島県内の島々の中で、最南端に位置する島でもあります。

「終点の桂浜・温泉館までは、あとバス停2つほどですが、今日の昼食はここにしましょう」

 そう言いながら、カズさんが本浦でバスの停車ボタンを押します。バスを降りて入ったのは、海のすぐそばにある食堂 兼 寿司屋 兼 喫茶店の「かず」です。向かって左手はいかにも喫茶店風の造り、右手は定食屋風の造りながら、中では同じものが食べられるんだそうです。

 刺身定食(1,300円)や寿司定食(1,000円)が安くてうまいというのがカズさんのオススメながら、刺身はこのあと「北吉鮮魚店」で思いっきり食べる予定なので、今日は日替り定食(700円)をいただきます。日替り定食は店の奥のおかず置き場から、好きなおかずを2品選ぶと、それにごはん、みそ汁、お新香に小鉢を付けて定食にしてくれます。

 カズさんの選択は太刀魚(たちうお)塩焼きとアラ煮。Mさんも太刀魚の塩焼きと、もう1品はイカと大根の煮物です。私は昨日、太刀魚をいただいたばかりなので、今日の選択は小イワシ焼きとアジ南蛮漬。魚介類は地元産の取れたてのものを使っているというのがいいですね。今日の小鉢はスパゲティサラダです。

 メニューにはビールや酒などの飲み物もあるのですが、現在の時刻は午後1時すぎ。このあと、午後4時ごろから「北吉鮮魚店」で飲むことを考慮して、ここはアルコールなしで食事のみとします。夕方の部で、本日初のビールで「プハァーッ!」とやりたいですもんね。

 それにしても、この定食でもうすっかり満腹。あと3時間ほどで、お腹がすくかどうかが心配だなぁ。

店情報

《平成22(2010)年10月23日(土)の記録》

|

« 店情報: 食事処「かず」(呉・倉橋町) | トップページ | 店情報: 「北吉鮮魚店(きたよしせんぎょてん)」(呉・倉橋町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/50050865

この記事へのトラックバック一覧です: 倉橋島ツアー・昼食編 … 食事処「かず」(呉・倉橋町):

« 店情報: 食事処「かず」(呉・倉橋町) | トップページ | 店情報: 「北吉鮮魚店(きたよしせんぎょてん)」(呉・倉橋町) »