« 倉橋島ツアー・夕食編 … 「北吉鮮魚店(きたよしせんぎょてん)」(呉・倉橋町) | トップページ | はじめてのカキ天ぷら … 「鳥八茶屋(とりはちちゃや)」(呉) »

ツアーの締めは呉屋台 … 屋台「一二三(ひふみ)」(呉)

締めの半ラーメン


 倉橋島からのバスは予定どおりに午後8時には呉に到着し、遊星ギアのカズさん、東京のMさんと3人で、二次会として向かった先は、堺川横の屋台街にある「一二三」です。

 ここはとにかく焼いた豚足がおいしいのと、お客の注文を「よっしゃ!」と元気にこなす、肝っ玉かあさん(=女将)の存在で大人気の屋台。今日も老若男女でいっぱいです。なにしろ、ぎっちりと詰めても10人入れるかどうかの店内なので、すぐに満席になっちゃうんですね。

「外のテーブルでもいい?」と女将。

「もちろん。じゃ、外、使わせてもらいますね」

 と返事して、屋台のすぐ横に置かれたテーブルを3人で囲みます。

 カズさんは燗酒(400円)を、Mさんは焼酎の湯割り(400円)を梅入りで、そして私は焼酎の水割り(400円)をレモン入りでもらって、カズさんへのお礼の気持ちを込めて二次会の乾杯です。

 料理の注文は、店の名物・豚足(600円)と、今日は豚耳(600円)も注文すると、豚耳はあっという間に出てきました。豚耳も、豚足と同様に鉄板で焼いて出してくれるのですが、豚耳はもともと肉厚が薄い上に、細くスライスしたものを炒めるので、すぐに火が通るんですね。味付けは、これまた豚足と同じく、塩、胡椒、そして味の素のみ。こんなシンプルな味付けなのに、どういうわけかお酒が進んでしょうがないつまみができちゃうんですよねぇ。

 フルフルと軟らかいコラーゲンたっぷりの身の中心に、コリッと軟骨。豚耳ならではの独特の食感です。

 そこへやってきたのは、「一二三」に来るといつもいらっしゃる常連さん。屋台の中は空いていないので、我われと一緒に外のテーブルを囲みます。

「ときどきここを通るんですけど、いつも開いてないんですよねぇ」と聞いてみると、

「この店は、今は金・土しかやってないんじゃ」と教えてくれました。なるほど、そうだったんですね。じゃ、平日にいくらのぞいても開いてないはずだ。だからこそ、開いている金・土は、外にあふれるほどお客が来るんですね。ときとして、ここにブルーシートを広げて、まるで花見のように車座になって飲んでたりしますもんね。それほどの人気ぶりなのです。

 さぁ、豚足も焼きあがってきました。少し前に、「北吉鮮魚店」で「もう入らない」と思うほど食べたのに、豚耳や豚足の脂っこいコラーゲンの味は、また別腹なんですよねぇ。

「呉に来たら、ここの豚足を食べてみたかったんです」と、Mさんにも満足していただけたようで、ひと安心。

 午後9時半も回って、呉市内の郊外に住むカズさんは、そろそろ電車が気になる時間です。遅い時間帯になると電車は1時間に1本程度になるので、午後10時15分頃の電車に乗り遅れると、次は約1時間後の終電しかなくなってしまうのです。

 最後の締めに半ラーメンを3杯いただきます。半ラーメンは、ラーメン(500円)の麺だけを少なくしたもの。飲んだあとに軽く締めるのには最適で、このあたりの屋台では(メニューには載っていないものの)たいてい注文することができるようです。スープはそれなりにたっぷりとあるのも、飲んだあとに最適なんですよねぇ。

 とそのとき、「これを忘れてました」とカズさんがカバンから取り出したのは、昭和11年創業という呉の老舗パン屋「メロンパン」の牛カツサンドです。「メロンパン」の名物は、もちろん店名にもなっているメロンパンなのですが、この牛カツサンドも人気の品なんだそうです。

「行きのバスの中で、この牛カツサンドをつまみに缶ビールでも飲もうと思っていたのですが…」

 とカズさん。我われが切符を購入するのにちょっと手間どったので、缶ビールを買い込む時間がなかったんですね。たいへん失礼いたしました。

 牛カツサンドはお土産としていただいて帰ることにして、ぼちぼちとお勘定をお願いすると、午後8時から10時まで、2時間ほどのお勘定は3人で5,200円(ひとりあたり1,730円ほど)と、これまた割安感たっぷりです。どうもごちそうさまでした。

 Mさんも今宵の宿は呉駅の近くなので、みんなで呉駅まで行って解散。長くて楽しい1日になりました。ツアーを企画し、引率してくださったカズさん。遠く東京から参加していただいたMさん。改めてありがとうございました。

101023d 101023e 101023f
豚足を焼く店主夫妻 / 豚耳 / 豚足

店情報前回

《平成22(2010)年10月23日(土)の記録》

|

« 倉橋島ツアー・夕食編 … 「北吉鮮魚店(きたよしせんぎょてん)」(呉・倉橋町) | トップページ | はじめてのカキ天ぷら … 「鳥八茶屋(とりはちちゃや)」(呉) »

コメント

遊星ギアのカズです。
こちらこそありがとうございました。
もう1ヶ月が経つのですね。夢のような1日でした。

天気に恵まれ、それ以上に、浜田さん、Mさんはとてもステキな『酒徒』でした。
人に恵まれ、良い酒飲み小旅行になりました。
引率などと、大層なことはしておりませんが、
遠来から方々に、島はいい所だと、思っていただきたかったのです。
それが少しは叶ったのかな。良かった。

12月第一週をやり過ごせば、少しは余裕ができます。
呉の町で、またお会いしましょう!

投稿: 遊星ギアのカズ | 2010.11.23 17:46

 本当に楽しい、そして美味しい1日でした。改めてありがとうございました。>遊星ギアのカズさん
 12月の2週目になると少しは余裕ができるとのこと。とても楽しみにしております。ぜひよろしくお願いします。

投稿: はまだ | 2010.11.25 21:49

メロンパンの牛カツサンド、たいへんおいしいですね。あの値段であの味、あのボリューム。コロッケサンドもまたうまし。サンドイッチもおいしいし、メロンパンは菓子パンも勿論おいしいけど、おかずパンで真骨頂を発するのではないかと思います。広島では福屋で買えるんですけど、種類に限りがあるので、やっぱり呉ですね。呉そごうの売場が混んでなくて穴場かな。
カズさんは某ブログに情緒あるコメントを寄せられる、一度お会いしたいと思っている方です。やよ福のこともご存知なんじゃないでしょうか。浜田さんとカズさんと、ってなんかすごい。いいなぁ。

投稿: おおかわ | 2010.12.05 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/50103257

この記事へのトラックバック一覧です: ツアーの締めは呉屋台 … 屋台「一二三(ひふみ)」(呉):

» 小腹がすいて、おでん … 屋台「一二三(ひふみ)」(呉) [居酒屋礼賛]
「この前は悪かったの。外で飲んでもろうてのぉ」  満面の笑みで迎えてくれる女将さん。それだけで、ゆったりと温かい気持ちになります。それが、ここ「一二三」の人気の理由でもあるんでしょうね。豚足をはじめとする料理が美味しいことはもちろん大きな人気の理由ですが。  以前、「ひとり呑み - 大衆酒場の楽しみ」にも書いたとおり、私自身は酒場の雰囲気にどっぷりと浸りこむような『酒場浴(さかばよく)』的な過ごし... [続きを読む]

受信: 2010.12.06 23:06

« 倉橋島ツアー・夕食編 … 「北吉鮮魚店(きたよしせんぎょてん)」(呉・倉橋町) | トップページ | はじめてのカキ天ぷら … 「鳥八茶屋(とりはちちゃや)」(呉) »