« 〔コラム〕 「東京最高のレストラン」メールマガジン創刊 | トップページ | 店情報: 食事処「かず」(呉・倉橋町) »

金曜の夜は同期の友と … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)

太刀魚塩焼きと生ビール


「久しぶりに飲みに行こうか」

 同期入社の友人Hと示し合わせて向かったのは、このところよく出かけている「魚菜や」です。彼も、ときどきこのブログを見てくれていて、今日は「ぜひ『魚菜や』に行ってみたい」という希望だったのです。

 丸太を半分に切ったL字カウンターの角あたりに座り、まずは生ビールを注文して乾杯すると、お通しの小鉢は、二人でつつき合えるように、ひとつは茹で海老、ひとつは酢の物と、それぞれ違うものを出してくれます。

 ここ「魚菜や」は、女将が料理好きで料理上手なのがいいところ。今日は太刀魚の塩焼きと、鯨の竜田揚げをもらいます。

 我われの左側にはご夫婦とその息子さん(大人)の親子3人連れ。あれやこれやと料理を出してもらいながら、家族で団欒中の様子です。ここは、あらかじめ予約しておくと、おまかせでいろんな料理を出してもらうこともできるのです。

 日本酒として、呉の地酒しか置いていないのもこの店の大きな特長。生ビールを飲み終わった後は、最近のお気に入り、仁方(にがた)の「宝剣(ほうけん)」を冷酒でいただきます。

「このお酒はうまいねぇ」

 日本酒好きの友人Hも気に入ってくれたようで、ひと安心。この「宝剣」は、生産本数がそれほど多くないということもあってか、呉のお酒ながら、呉市内でもなかなか取り扱っていないのです。この近くでは本通(ほんどおり)の「山城屋」に置いている程度。普通の値段で飲めますが、なかなか貴重なお酒でもあります。

 何度も何度も「宝剣」をおかわりしながら、つまみは関東風と関西風の二つの鍋で作られるおでんです。

 この店のメニューには値段は書かれていないものの、たっぷりと飲んで食べて、二人で7千円(ひとり3千5百円)ほどと、それほど高くはありません。どうもごちそうさま。

 金曜日なので、当然のごとく1軒だけでは終わらず、友人H行きつけのスタンドバーで、彼がキープしているワイルドターキーを炭酸で割ってもらって、飲んだり、歌ったり。たっぷりと金曜の夜を堪能したのでした。

101022a 101022b 101022c
鯨竜田揚げ / おでん / 白和え

店情報前回

《平成22(2010)年10月22日(金)の記録》

|

« 〔コラム〕 「東京最高のレストラン」メールマガジン創刊 | トップページ | 店情報: 食事処「かず」(呉・倉橋町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/50031146

この記事へのトラックバック一覧です: 金曜の夜は同期の友と … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉):

» 今日から呉の酒まつり … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 10月29日(金)と30日(土)の両日は「呉酒まつり」の開催日。  広島では西条の酒まつりがつとに有名で、平成2年に初開催されて以来、今年で21回目という歴史ある会です。西条酒まつりは、入場券(前売りなら1,500円)を買って酒広場に入って、その券と引き換えに試飲用のお猪口をもらうと、会場内にずらりと並ぶ900銘柄ほどの日本各地の日本酒が飲み放題で飲めるというもの。毎年10月の体育の日を含む三連... [続きを読む]

受信: 2010.12.05 22:35

« 〔コラム〕 「東京最高のレストラン」メールマガジン創刊 | トップページ | 店情報: 食事処「かず」(呉・倉橋町) »