« 金曜日の仕事を終えて … おでん「魚菜や(ぎょざいや)」(呉) | トップページ | 豚足1本で腹いっぱい … 屋台「一二三(ひふみ)」(呉) »

ワイワイと飲むもよし … バー「どん底(どんぞこ)」(呉)

どん底


 「魚菜や」を出て、静かにウイスキーでも傾けようかと、やってきたのは呉で一番古いスタンドバー「どん底」です。なにしろ、この「どん底」の、亡くなった店主が呉のスタンドバー組合の規則を作って、スタンドバーという業態を確立させたので、それより前には、明文化された状態での正式な呉のスタンドバーは存在しなかったのです。

「女の人が嫌いというわけじゃなくて、むしろ好きだったんだけど、お酒を飲んでる席で女性とイチャイチャしたりするのは『行儀が悪い!』といって嫌ってたわねえ。」

 と女将。亡き店主の奥様で、現在の「どん底」の店主です。そんな方が作った規則だから「店員はカウンターから出ず、カウンターの中でお酌程度のサービスをする」ということが明文化されたんですね。この規則が、現在もスタンドバーの原則として守られているようです。

 「魚菜や」から「どん底」までは歩いて5分ほど。「魚菜や」のまわりは、ちょっとした呑兵衛横丁になっていて酒場が並んでいますが、「どん底」の近くまで来ると店もまばら。ひときわ大きな「どん底」の重厚な造りが目を引きます。

 入口扉もまた重厚。今でこそ、あまり臆することなく扉を開けることができますが、若いときにこの店を知ってたとしても、ひとりでは入れなかったかもなあ。そんな思いがするほどの重厚さです。

 入口扉を開けて店内に入ると、酒場らしい賑(にぎ)やかなざわめきが耳に飛び込んできます。いつもは静かな雰囲気の「どん底」が、こんなに賑やかなのは珍しいことです。

 この店は、入口のすぐ内側にL字の壁があって、直接的に店内を見ることはできない造りです。L字の横にある、ほんの数段の階段を下りて、はじめて店内へと入るのです。

 その階段を下りながら、「こんばんは」と女将にごあいさつ。

 突然、「おぉ~っ、浜田さん!」と声がかかります。なんとなんと。賑やかにお酒を飲んでいたのは、部こそ違うものの、うちの会社の人たちだったんですね。この店で同じ会社の人にあったのは初めてです。

 6~7人ほどがカウンターにずらりと並んで飲んでいる横に座らせてもらい、私はいつもの「竹鶴」をロックでもらって、みんなと乾杯です。

「なんでこの店を知ってたの?」と聞いてみると、彼らの中のひとり(まだ若い!)がこの店にときどき来ているんだそうで、今日は彼にくっついてやってきたんだそうです。

 う~む。若いのに、この重厚な店にスッと入れるとは、かなりのバー好きですねえ。すばらしい。

 そんなわけで、ひとりで静かにウイスキーの予定が、ワイワイと楽しい「どん底」になったのでした。お勘定はみんな(7~8人ほど)で38,000円。ひとりあたり5千円前後といったところでした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《平成22(2010)年11月26日(金)の記録》

|

« 金曜日の仕事を終えて … おでん「魚菜や(ぎょざいや)」(呉) | トップページ | 豚足1本で腹いっぱい … 屋台「一二三(ひふみ)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/50687558

この記事へのトラックバック一覧です: ワイワイと飲むもよし … バー「どん底(どんぞこ)」(呉):

» 黒さで見るカキの鮮度 … 居酒屋「どん底(どんぞこ)」(呉) [居酒屋礼賛]
 広(ひろ)から呉(くれ)に戻り、今日の2軒目は、昭和28(1953)年創業の老舗バー、「どん底」です。  この店も、もともとは店主ご夫妻で始められたのですが、ご主人が60代の若さで亡くなられたあとは、昭和4年生まれの女将がひとりで切り盛りされています。  息子さんは、名前を聞けば誰でも知っているような大きな会社にお勤めで、現在はご家族とともに東京にいらっしゃるんだそうです。 「継いでほしいと、こ... [続きを読む]

受信: 2011.03.19 11:53

« 金曜日の仕事を終えて … おでん「魚菜や(ぎょざいや)」(呉) | トップページ | 豚足1本で腹いっぱい … 屋台「一二三(ひふみ)」(呉) »