« 灯りに吸い寄せられて … バー「エンジェル(ANGEL)」(都立家政) | トップページ | お新香、レバ刺、焼酎 … もつやき専門店「カッパ」(荻窪) »

イカ大根で冬が来た! … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪)

イカ大根で冬が来た!


 土曜日、午後7時半の「やき屋」は、入口右手のメインカウンターで6人ほどが立ち飲んでいて、左手の壁に作りつけのサブカウンターにもひとり。左手奥の座り飲みテーブル席は空いている状態。

 メインカウンター手前側の空いているところに立って、燗酒(北の誉、250円)をもらって、つまみにはイカ大根(170円)を注文します。

 なにしろこのイカ大根が食べたくて、今日は「やき屋」に来ましたからねぇ。

 イカ大根は、その名のとおりイカと大根をじっくりと煮込んだもので、冬場だけしか食べることのできない、「やき屋」の名物の品。黒々と煮込まれた大根は、イカ以上にイカの風味が味わえます。

 なお、このイカ大根と、イカなんこつ焼き、そして珍味わたあえの3品は、みんなが食べたい超人気商品なので、注文はひとり1回のみ。おかわりはできません。

 ここ「やき屋」のメニューの主体は、八戸直送のスルメイカを使ったイカ料理。先ほどのおかわりできない3品に加えて、イカ刺身、イカみみ刺身、イカみみ焼、イカげそ焼、げそ揚げ、げそわさ、自家製塩辛、イカ納豆の合計11品が、すべて170円という驚くべき低価格で提供されます。

 イカ以外の料理も、うなぎきも焼、きざみ穴子、もつ煮込、串刺フランク、めかぶ、みそきゅうり、漬物、冷奴、枝豆の9品がそれぞれ170円で、シメサバ(220円)とホタテ(1串200円)の2品のみが、170円ではない料理メニューです。

 燗酒(北の誉、250円)をおかわりして、2品めのつまみにはイカ納豆(170円)をもらいます。

 イカ納豆は、小さなパックの納豆1個分に、イカ刺身の半量くらいのイカの刺身がのって、わさびと、たっぷりの刻みネギが添えられます。これに醤油をサッとかけて、ぐりぐりとかき混ぜていただきます。

 イカも燗酒に合うし、納豆も酒に合う。そんな素材2品を混ぜ合わせたイカ納豆が燗酒に合わないわけがない。うまいよなぁ。

 私自身は、このところは、ここのイカ料理を日本酒でいただくのが好みなのですが、お客さんたちに人気があるのは、圧倒的にホッピー(320円)。店の前にも、ホッピーの黄色いケースが積み上げられています。

 ホッピーは焼酎の入った氷入りのグラス(ナカ)と、それとは別に瓶のホッピー(ソト)が出されます。自分でソトを注いでホッピーを完成させるのですが、たっぷりとソトを入れても2杯分。普通に8~9分目くらいまでで作ると3杯分のホッピーが作れます。ナカのおかわりは160円なので、ソト1ナカ3で作ると都合640円(=ホッピーセット320円+ナカ160円×2)で3杯のホッピーが飲める(1杯あたり213円)のです。ここのホッピーを3杯いただくと、それでもうすっかりできあがっちゃいますからねぇ。

 40分ほどの間に、燗酒2本とイカ料理2品をいただいて、今日のお勘定は840円。どうもごちそうさま。

 「やき屋」のイカ大根をいただいて、今年も冬が来た感じがします。

# 「やき屋」は工事のため、2011年2月1日(火)~15日(火)までお休みです。

101204a 101204b 101204c
「やき屋」 / イカ納豆は / ぐりぐり混ぜて完成

店情報前回

《平成22(2010)年12月4日(土)の記録》

|

« 灯りに吸い寄せられて … バー「エンジェル(ANGEL)」(都立家政) | トップページ | お新香、レバ刺、焼酎 … もつやき専門店「カッパ」(荻窪) »

コメント

2/1~2/15までの改装との貼り紙がありましたが、
2/16に、やき屋閉店のお知らせに変っていました。

投稿: 矢本 | 2011.02.17 09:24

本当に残念です。

中野はオーバーフロー気味です。

投稿: 長山です。 | 2011.02.17 19:10

「やき屋」の閉店情報、ありがとうございます。>みなさん

先ほど、にっきーさんが張り紙の写真を撮って、送ってくれました。

『御客様各位

 閉店の御挨拶

 此の度 立ち退きの為 突然ですが
 閉店とさせていただきます。

 長い間の御支援
 誠に有り難う御座いました。
 新店舗開店の折には何卒
 宜しくお願い申し上げます。

          やき屋店主』

というのが、その内容。

一番最後の一文、《新店舗開店の折には》という言葉に、ちょっとだけ安心しています。

新しい「やき屋」が、一刻も早く開店することを心待ちにしています。

投稿: はまだ | 2011.02.17 21:47

はじめてご連絡させていただきます、
やき屋荻窪店にて浜田さんの長身を拝見したことがございます。

 年始に閉店した立ち飲み「やき屋荻窪店」が7/1 16:00~
場所も新たにオープンする予定との情報です、
場所は荻窪南口セガミ薬局から曲がった2・3軒目、
台湾料理屋の隣らしいです、
店長さんが変わるのでメニューや値段は不明
(ママさんは変わらないと思います)、
イカ料理はあると思うけど震災の影響が無いとはいえません、
値段も大きくは変わらないと思います。
広さは以前と変わらないそうですので少人数でいきましょう

投稿: ないしょの村田 | 2011.06.30 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/50837956

この記事へのトラックバック一覧です: イカ大根で冬が来た! … 立ち飲み「やき屋(やきや)」(荻窪):

» 満を持して南口で再開 … 立ち飲み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 今日から1週間の夏休みで帰京。東京駅で中央線に乗り換えて、そのまま荻窪へ。向かう先は、7月1日(金)にオープンした、新生「やきや」です。  170円のイカ料理で大人気だった、荻窪駅北口の「やき屋」ですが、今年(2011年)の1月末に、なんの前ぶれもなく、急に『立ち退きによる閉店』となってしまったのです。  その後、女将さんから、「かわいがってくれているお客さんも大勢いらっしゃるので、なるべく近く... [続きを読む]

受信: 2011.09.24 12:35

« 灯りに吸い寄せられて … バー「エンジェル(ANGEL)」(都立家政) | トップページ | お新香、レバ刺、焼酎 … もつやき専門店「カッパ」(荻窪) »