« お新香、レバ刺、焼酎 … もつやき専門店「カッパ」(荻窪) | トップページ | 〔お知らせ〕 「居酒屋礼賛(Izakaya-Raisan)」メールマガジン発刊 »

殻マカはどんな料理? … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮)

居酒屋「ペルル」


 荻窪駅北口駅前は、現在、再開発工事中。かつて「鳥もと」や、立ち飲みの「金魚」などのあった建物はなくなって更地になり、バスロータリーも以前とは違う並びになりつつあります。

 その新しくなりかけのバスロータリーからバスに乗り、鷺ノ宮駅前に移動。今日の3軒目は居酒屋「ペルル」です。

 「ペルル」の創業は昭和35(1960)年。今年(平成22年)、創業50年を迎えました。

 創業以来、店を切り盛りしてきた店主・古川実さんが亡くなったのは平成22年5月5日のこと。それ以来、それまでも店を手伝ってきた方々が店を切り盛りされています。

 店内はカウンターのみ12席ほど。まず入口から奥に向かって直線に伸び、奥で左に直角に曲がるL字カウンターです。

 そんなカウンターの中央部に座り、キープボトル(ブラックニッカ)を出してもらって、水割りセット(水と氷がおかわり自由で500円)を出してもらって飲み始めます。

 「ペルル」は料理メニューも充実しています。今日は湯豆ふ鍋(700円)、氷見いか(600円)、チーズ三点盛り(600円)、サラミ(500円)、ハムスター(500円)、サラブレット(500円)、ネギベー(500円)、殻マカ(500円)、オリーブ盛り(500円)、ジャガチーズ(500円)、チーズモチ(500円)、山うにクラッカー(500円)、ボイルドキャ別(400円)、から付きアーモンド(400円)、厚揚げ(400円)、ぎんなん(400円)、ホワイトアスパラ(400円)、秋田いぶりがっこ(300円)などなど。

 名前を聞いただけでは、どんな料理かわからないようなものも並んでいるのも、昔からの大きな特徴です。

 そんな名前だけではわからない料理のひとつ、殻マカ(500円)を注文してみると、カラカラと小皿に7個ほど盛られて出されたのは、殻付きのマカダミアンナッツです。それとは別に、マカダミアンナッツ専用の殻割り器を出してくれて、この殻割り器でとても固い殻をパキィ~ンッと割りながらいただきます。

 その後も、お客さんが釣ってきたヒラメの刺身をいただいたり、だれかがお土産で持ってきてくれたリンゴをいただいたりしながらの~んびりと1時間半。

 お勘定は1,000円でした。どうもごちそうさま。

101204g 101204h 101204i
ウイスキー水割り / 殻マカ / 割った殻マカ

店情報前回

《平成22(2010)年12月4日(土)の記録》

|

« お新香、レバ刺、焼酎 … もつやき専門店「カッパ」(荻窪) | トップページ | 〔お知らせ〕 「居酒屋礼賛(Izakaya-Raisan)」メールマガジン発刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/50858217

この記事へのトラックバック一覧です: 殻マカはどんな料理? … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮):

» 久しぶりニューボトル … 居酒屋「ペルル(ぺるる)」(鷺ノ宮) [居酒屋礼賛]
 荻窪(おぎくぼ)から路線バスで鷺ノ宮(さぎのみや)まで戻り、今日の3軒目は鷺ノ宮図書館のすぐ近くにある居酒屋「ペルル」です。  「ペルル」の創業は昭和35(1960)年。初代店主の古川実(ふるかわ・みのる)さん(昭和2年生まれ)は、残念ながら昨年5月に亡くなりましたが、店主存命中にも店を手伝っていたみなさんが跡を継いで、現在も以前と変わらぬ営業が続いています。  店に着いたのは午後8時前。この時... [続きを読む]

受信: 2011.06.13 23:42

« お新香、レバ刺、焼酎 … もつやき専門店「カッパ」(荻窪) | トップページ | 〔お知らせ〕 「居酒屋礼賛(Izakaya-Raisan)」メールマガジン発刊 »