« 広島の酒場情報で一献 … 「鳥八茶屋(とりはちちゃや)」(呉) | トップページ | 17日だけどトークの日 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

かきあげ天ぷらうどん … そば処「平原(ひらはら)」(呉)

かきあげ天ぷらうどん


 横浜に勤務しているとき、毎日のように天玉そばを食べていた時期があったのですが(関連記事)、こちら呉はもともとうどん文化圏ということもあって、立ち食いそば屋も、天玉そばからも見かけません。

 先日、「ひらはら」で鍋焼きうどんで一杯やりながら、メニューをながめていたところ、さすがに天玉そばはないものの、“かき揚げそば・うどん”(450円)があるのを発見。月見うどん(300円)や鍋焼きうどん(600円)に玉子が入っているので、メニューにはないけど、玉子の追加トッピングには応じてもらえるんじゃないでしょうか。『かき揚げそばに玉子を入れてください』と注文すれば、きっと天玉そばに近いものになるはずです。

 若干の心配ごとは、こちら広島方面のうどんに入っているかき揚げ天ぷらは、広島駅1番線の「駅うどん」の天ぷらうどんに代表されるように、ほとんど具材の入っていなくて、カリッと揚がった衣が主役、というタイプのものが多いということ。

 首都圏で食べる天玉そばのかき揚げ天ぷらは、玉ねぎなどの具材が入った“野菜かき揚げ天ぷら”で、このタイプのものじゃないと、私がイメージする天玉そばにならないのです。

 まずはこの店のかき揚げ天ぷらがどんなタイプのものなのか、それを試してみましょうかね。具材が少ない「駅うどん」タイプだった場合に備えて、そばではなくて、うどんのほうにしておきましょう。

「すみません。かき揚げうどん(450円)をお願いします。」

 ここ「平原」は昭和59(1984)年の創業。正月三が日以外は年中無休で、朝11時から夜9時まで中休みなしで営業している上に、値段が安く、セットメニューも豊富なので、近くの人たちが日常的にやってくる人気店になっています。

 安い値段にもかかわらず、そばもうどんも自家製麺で、注文ごとにゆでてくれます。天ぷらも、注文を受けてから揚げてくれる通し揚げ。今回のかき揚げ天も楽しみです。

 そして出てきたかき揚げうどん。できたて熱々のかき揚げは、小エビや玉ネギの他に、イモ、ニンジン、カボチャ、ナス、春菊なども入った野菜たっぷり、ボリュームたっぷりなもの。

 これはまた、逆にかき揚げ天ぷらが立派過ぎて(具が多過ぎて)、私がイメージする天玉そばにはなりにくいかもなぁ。このかき揚げ天ぷらだけで、ちゃんとしたおかずといった感じです。これはこれで、ものすごく美味しい。

 この店で温かいそばを食べたことがないので、次は温かいそばも試してみたいですね。ここのツユはイリコ出汁のもの。おそらくそばツユも同じものなんじゃないかと思います。国産そば粉で打った手打ちそばを、このツユでいただくとどんな味わいになるんだろうなぁ。楽しみです。

店情報前回

《平成22(2010)年12月12日(日)の記録》

|

« 広島の酒場情報で一献 … 「鳥八茶屋(とりはちちゃや)」(呉) | トップページ | 17日だけどトークの日 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/50986625

この記事へのトラックバック一覧です: かきあげ天ぷらうどん … そば処「平原(ひらはら)」(呉):

» 鍋焼きうどんで燗酒を … そば処「平原(ひらはら)」(呉) [居酒屋礼賛]
 そばで酒を飲むことはできるんだけど、うどんで飲むのはちょっとなぁ。  昔はそう思っていたものですが、野方の手打ちうどん酒房「さぬき亭」の焼きうどん(650円)を食べて、「うどんも酒に合うかも!」と宗旨替え。その後、同店の鍋焼きうどん(700円)をつまみにお酒をちびちびとやったりし始めたのでした。  今日も今日とて、呉のそば処「平原」で、「鍋焼きうどんと中ジョッキまたはお酒のセット」(900円)を... [続きを読む]

受信: 2011.08.26 10:31

« 広島の酒場情報で一献 … 「鳥八茶屋(とりはちちゃや)」(呉) | トップページ | 17日だけどトークの日 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »