« 岩中豚やきとんを堪能 … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) | トップページ | 地元に戻ってハシゴ酒 … 「秋元屋」「ばりこて」「エンジェル」 »

2階座敷でスッポン鍋 … 鯉とうなぎ「まるます家(まるますや)」(赤羽)

スッポン鍋


 「埼玉屋」で飲んでいるところへピピピッとメール。『Kさんご夫妻と「まるます家」で飲んでます』と宇ち中(うちちゅう)さんです。

 「まるます家」は食事だけのお客さんも多いからか、基本的に一人3本までというやんわりとした制限があるうえに、酔って入るのもやんわりとNGのお店。

(二次会で行っても大丈夫かな?)

 と宇ち中さんにメールで確認したところ、さっそく宇ち中さんが「まるます家」の松島さんにお願いしてくれて、2階の座敷席に入れることになりました。

 到着するなりジャンチュー(1リットル瓶入りの“ジャンボチューハイ”の略称、950円)をもらって、料理は大鍋のスッポン鍋(4,000円)を注文します。

 ここ「まるます家」では、1~2人客は基本的に1階のカウンター席に。3人以上は1階のテーブル席か2階の座敷席に通されます。ひとり鍋で出される普通のスッポン鍋(750円)は1階でも2階でも注文可能ですが、大鍋のスッポン鍋は2会座敷席でのみ注文可能な品。分量としては3~5人前ほどあって、しかも〆の雑炊も付いて4,000円と、とてもお得な一品なのです。(ちなみに、普通のスッポン鍋も、プラス200円で雑炊にしてくれます。)

 他にも、要予約のスッポンのフルコースというのもあるんだそうで、こちらはスッポンの刺身なども付いて1万円。「酒呑(乃)童子の日記」の2010年2月の記事によると、このフルコースは、スッポン生血、スッポン肝、スッポン刺身、スッポンの甲羅の周りのプルプルしたところで作る酢の物、スッポン唐揚げ、そしてスッポン鍋に雑炊というコースで、『これだけで5~6人なら十分満足できるし、他の料理を適当に頼むなら、10人くらいまではスッポン料理を食った気にさせてくれる』んだそうです。

 こうして、メニューにも載っていないような「まるます家」の名物を教えてくださったり、私のブログのことも何度も書いてくださった「酒呑(乃)童子の日記」のクッシーさんですが、2010年12月20日、入院先の病院で他界されたそうです。

 松島さんによると、「まるます家」の1階で、「あいよっ。ちょっと待ってね」と、いつもニコニコと唄うように注文を通してくれていた名物おかあさんも、その数日前に他界されたんだそうです。

 う~ん、かなりショック。天国でもお二人で一緒に楽しんでいるといいなぁ。

 午後9時まで、2時間ほど楽しんで、お勘定は4人で8,300円ほど(ひとりあたり2,100円ほど)でした。どうもごちそうさま。

101229a 101229b 101229c
スッポン雑炊 / カルシウム(うなぎの骨) / 閉店間際の「まるます家」

店情報前回

《平成22(2010)年12月29日(水)の記録》

|

« 岩中豚やきとんを堪能 … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) | トップページ | 地元に戻ってハシゴ酒 … 「秋元屋」「ばりこて」「エンジェル」 »

コメント

その節はご来店ありがとうございました。震災後もおかげさまで、変わらず営業させていただいております。こんなときに照子さんがいたら、みんなを明るく励ましてくれただろうに、頭の良いクッシーさんがいろいろと調べて教えてくださっただろうに・・・。と女将がつぶやいてました。浜田さんもどうぞご自愛のうえ、元気にお過ごしくださいませ。そして、また会える日を楽しみしております。

投稿: 松島 | 2011.03.31 14:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/51242554

この記事へのトラックバック一覧です: 2階座敷でスッポン鍋 … 鯉とうなぎ「まるます家(まるますや)」(赤羽):

» 古典酒場の座談会にて … 「まるます家(まるますや)」(赤羽) [居酒屋礼賛]
 震災の影響で1週間遅れての「古典酒場」のブロガー座談会。場所は赤羽にある、鯉とうなぎの「まるます家」です。  集まったのは、「酔わせて下町」のFさん、「Y-TABEのレミング2」のワイタベさん、「やなちゃんの大阪一人酒の日々」のやなちゃん、そして「宇ち中」の宇ち中さんと私の5人。残念ながら「橋本健二の居酒屋考現学」の橋本先生は、所用のため今回はお休みです。  いつものように倉嶋編集長の司会進行で... [続きを読む]

受信: 2011.08.01 15:49

« 岩中豚やきとんを堪能 … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) | トップページ | 地元に戻ってハシゴ酒 … 「秋元屋」「ばりこて」「エンジェル」 »