« これぞ埼玉屋ワールド … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) | トップページ | 2階座敷でスッポン鍋 … 鯉とうなぎ「まるます家(まるますや)」(赤羽) »

岩中豚やきとんを堪能 … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条)

 「古典酒場」の倉嶋編集長、ライターの本間さん、そして本間さんの先輩のKさんとともに、年内最終営業日の「埼玉屋」を楽しんでいます。

 「埼玉屋」ならではのクリーミーな生ホッピー(480円)をグイッとやりながらの、やきとん(各140円)の5本めはハツです。

 ここの焼き物は、1種類ごとに大きなボウルにどっさりと入れられていて、奥の厨房から運ばれてきます。それを焼台前の大皿に移して、焼台に並べていくのですが、私の席はその大皿のすぐ目の前なので、焼く前のネタがよく見えるのである。ハツなんて、「こりゃ、このまま食べたいなぁ」と思うくらい、見た目もきれい。豚はすべて岩中豚を使っているんだそうです。

 6本めはネギマ。豚バラ肉と白ネギを刺した串なのですが、豚バラ肉が分厚くて、見るからにおいしそう。

 タン(7本め)。「このタンを食べたら、今まで食べてきたタンはなんだったんだろうと思うよ」と自信たっぷりに出してくれるタンは、本当にうまい。やわらかくて、味わいが深いのです。

 8本めのシャモ(軍鶏)は、みんなに「まだ食べないでよ」と言いながら1本ずつ配ったあと、息子さんたちがサルサソースをのせて回ります。シャモの肉だけでもうまいが、サルサソースがこれまたおいしくて、シャモ肉ととてもいい相性です。

 バラ(9本め)。先ほどはネギマとして食べた豚バラ肉を、今度はネギなしで、豚バラ肉のみを味わいます。

 今日は年内営業最終日なので、ネタも限られていて、「東十条のエスカルゴ」とも呼ばれるほどのチレは、残念ながら今日はネタ切れでした。

 常連さんたちの様子を見ていると、おまかせのネタが次々に出される合い間に、自分たちの好きなサイドメニュー(“やきとん”以外の、奥の厨房で作られる料理)を注文して、それもつまんでいます。

 倉嶋編集長たちも、牛刺(620円)を注文したので、横からちょいとひと切れ分けてもらいます。なるほど、これはいい肉ですねえ。生のままでも、濃厚ないい味わいです。

 私もサイドメニューとして、向こう側の常連さんが食べていておいしそうだったポルコ(350円)を注文。これは豚耳と細く切ったキュウリをマリネにしたものです。ポルコというのは、スペイン語でポークのことなんだそうです。

「ベーコンも食べるかい?」

 と倉嶋編集長に声をかける店主。

「はいっ。いただきます!」

 もちろんですとも、と言わんばかりの即答です。ベーコンはグラム売りで、注文を受けて大きなかたまりから切り分けて出してくれます。しかしながら、別にこちらがグラムで注文するわけではなくて、店主の側で「3人ならこれくらいだね」と言いながら、適当な大きさのものを選んでくれます。

「ちょっとだけ生で食べてみてもらいたいんだよな。残りを焼くからさ。味の違いをみてほしいんだ」

 と言いながら、端っこの部分を切り取って出してくれる店主。残りは焼き台の上で焼かれます。焼くとより塩味を感じるようになるんですね。

 “やきとん”の10本めはナンコツ。ここまで、ずっと生ホッピーで来たのですが、ここでもうひとつの名物、生レモンハイに切り換えます。生レモンハイは、ホッピーと同じくシャリシャリに凍らせた甲類焼酎(ソフトゴードー)に、カットレモンを3切れ分を、ギュッと搾りながら投入して、炭酸を入れます。ジョッキのふちには、塩がぐるりと付けられて、まるでソルティドッグのようなスノースタイル。塩をなめなめいただく生レモンハイは、つまみ要らずの飲み物ですねぇ!

 そして最後の11品めはギョク。これはウズラの玉子の串焼きなんだけど、タレに浸けては焼き、浸けては焼きを数回繰り返すうちに、まるでみたらし団子のような濃い照りが出てくるのです。これもいいなぁ。

 これだけ食べると、じっくりと「埼玉屋」を満喫した気分になりますよねぇ。

 開店時刻の午後4時から7時まで、ゆっくりと腰を据えて3時間もの滞在は、編集長たちは3人で15,270円(ひとりあたり5,090円)、私は4,540円でした。牛刺やベーコンが入っている分だけ、編集長たちのお勘定のほうが高かったんですね。

 やぁ、おいしかった。久しぶり(実に10年ぶり!)の「埼玉屋」ワールドを堪能いたしました。どうもごちそうさま。

店情報前の記事

《平成22(2010)年12月29日(水)の記録》

|

« これぞ埼玉屋ワールド … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) | トップページ | 2階座敷でスッポン鍋 … 鯉とうなぎ「まるます家(まるますや)」(赤羽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/51228774

この記事へのトラックバック一覧です: 岩中豚やきとんを堪能 … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条):

» 北区の人気やきとん店(1) … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) [居酒屋礼賛]
 連休四日目の今日は、東京北部のもつ焼きの雄、「埼玉屋」にやってきました。  少し早めにと思って、午後3時に店の前にやってきたのですが、この時点ですでに5人ほどの先客が、椅子に腰を下ろして待っている状態。その横に立って待っていると、少しして、ちらりと外の様子を確認しに来た店主の息子さんが私と、私の次に並んでいた人の分の椅子も出してくれました。なるほど、こうして椅子に座って待つことができると、開店前... [続きを読む]

受信: 2012.06.13 23:51

« これぞ埼玉屋ワールド … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) | トップページ | 2階座敷でスッポン鍋 … 鯉とうなぎ「まるます家(まるますや)」(赤羽) »