« 竹輪、大根、焼酎湯割 … 屋台「一二三(いちにさん)」(呉) | トップページ | クリスマスケーキで〆 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

クリスマスイブに飲む … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉)

おでんと芋焼酎湯割り


 昔から変わらぬ呉の飲み会のゴールデンコースは、とり屋→スタンド→屋台という流れ。

 “とり屋”と呼ばれる、瀬戸内海の魚介類+焼き鳥が売りの酒場でひとしきり飲んで、全国的には“スナック”という形態に近い“スタンド”で、歌ったり、店のおねえさんと話したりしながら楽しく過ごしたあと、深夜まで開いている“屋台”で〆て帰るのです。

 ひとりで飲むときも、このパターンをたどる人もいますが、ほとんどのケースは、会社の帰りに、同じ会社の人たちが連れ立って出かける『グループ飲み』です。

 今日も今日とて、クリスマスイブにもかかわらず、会社関係の忘年会で、このゴールデンコースをたどります。

 今日の“とり屋”は、おまかせの料理に飲み放題付きで、ひとりの会費が4,500円。昔は比較的安いと感じていた“とり屋”ですが、最近は呉の街にも、大規模居酒屋チェーン店がどんどん進出してきて、飲み放題付きで3,300円くらいのコースなどを提供してくれているので、単純に値段だけで比較すると厳しい状況です。

 そして“スタンド”。今宵は店のおねえさんに、呉のおすすめ酒場や、広島のおすすめ酒場などを教えてもらいながら、そして時どき歌ったりしながら2時間ほど過ごし、お勘定はひとり3,700円ほど。

 最後は、W君と二人で、屋台の「富士さん」です。W君の話によると、このグループで飲むときは、最後は必ず「富士さん」に決まってるんだそうです。なるほどなぁ。スタンドと同じように、屋台も、それぞれに行きつけのお店があるんですね。

 若き2代目店主が、ひとりで切り盛りするこの屋台の特徴は、老舗屋台にしてはメニューが幅広く、それぞれの料理がおいしいことにあります。

 おでんは、たまご、あつあげ、大根、かまぼこ、糸こんにゃく、こんにゃく、鶏もつ、牛すじ(切り出し/アキレス)、じゃがいも、ひら天、ごぼう天、ソーセージ、がんす、ちくわ、餅きんちゃくがあって、全品100円。

 おでん以外の料理は、鳥串(2本250円)、豚キャベツ串(2本250円)、がんす焼(1枚150円)、もやし炒め(400円)、砂ズリ(500円)、砂ズリピーマン(600円)、コーンバター(300円)、豚タン塩(300円)、とんとろ焼(500円)、山いもバター焼(400円)、ギョーザ(6個400円)、豚耳(500円)、豚足(600円)、ホルモン炒め(700円)、ホルモン焼そば(900円)、焼そば(600円)に、中華そば(500円)とチャーシューメン(700円)。そばはそれぞれ大盛は100円プラスで、小盛は100円マイナスとなります。

 飲み物は、瓶ビール(ドライかラガーの中瓶、550円)、生ビール(一番搾り、450円)、ノンアルコールビール(350円)、麦焼酎(400円)、芋焼酎(400円)、しそ焼酎(400円)、日本酒(白牡丹か千福、400円)、梅酒(400円)、ジーマ(450円)、ソフトドリンク(コーラ、オレンジ、ウーロン茶、ジンジャーエール、各150円)という品揃え。

 ユニークなのは、ホルモン焼そばや、豚キャベツ串、おでんの鶏もつなどでしょうか。

中華そば 今夜は芋焼酎(400円)を湯割りでもらって、つまみはおでん(全品100円)の厚揚げと牛スジです。W君は同じく芋焼酎の湯割りに、おでんの大根。

 最後は中華そばで締めて、お勘定は二人で2,100円(ひとりあたり1,050円)でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《平成22(2010)年12月24日(金)の記録》

|

« 竹輪、大根、焼酎湯割 … 屋台「一二三(いちにさん)」(呉) | トップページ | クリスマスケーキで〆 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/51099258

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスイブに飲む … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉):

» ついつい足が向くのが … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 年末に飲んだくれてて、散髪にも行けずに新年を迎えたので、1月4日の今日になって、朝から散髪屋に出かけます。新年早々から散髪する人なんて、他にいるのかな、と思いながら店に入ると、先客がひとりいて一安心。この散髪屋は、仕上げの前にローラーのようなもので、頭全体をグリグリとしてくれるのですが、これがすごく気持ちいいんですねぇ。  木製のタイヤのような部分がグリグリと回転しているのに、けっして髪の毛を巻... [続きを読む]

受信: 2011.04.07 23:14

« 竹輪、大根、焼酎湯割 … 屋台「一二三(いちにさん)」(呉) | トップページ | クリスマスケーキで〆 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »