« 東京に着くやいなやで … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) | トップページ | 岩中豚やきとんを堪能 … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) »

これぞ埼玉屋ワールド … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条)

 広島から新幹線で帰京して、なんとか開店直後の「埼玉屋」にすべり込んだところです。コの字のカウンターはすでに満席で、左手壁際のテーブル席も残りわずか。

 店主ご夫妻と、その息子さんの3人が、最初に入った人たちから順に生野菜(クレソンと大根のサラダ、420円)を配りつつ、ひとりひとりに飲み物の注文を聞きながら、順番に飲み物を出していきます。生ホッピー(480円)か生レモンハイ(450円だったかな?)を注文する人が圧倒的に多くて、生ビールの人もチラホラ。私は生ホッピーを注文します。

 生ホッピー(480円)は、1升瓶のままシャリシャリに凍らせた、合同酒精の“ソフトゴードー”(アルコール20%)という甲類焼酎をジョッキに入れて、そこに樽ホッピーを注いだもの。店主がいろいろと試してみて、この20%というアルコール分がちょうど良かったのだそうです。

 そういえば、横浜の「ホッピー仙人」のホッピーも、瓶のホッピーには25%のものを使っていますが、生ホッピー用は20%ですね。仙人も「生ホッピーには、こっち(20%)のほうが合う」という話をされていました。

 奥の厨房から、大きめのボウルに山のように盛られた“やきとん”(1本140円)が登場。

「1本目はアブラだ。本当はもうちょっと寝かしたほうが、もっとうまくなるんだけどさ。年末は今日で最後だから仕方がない。年始営業の頃が一番うまいと思うよ」

 みんなに聞こえるように、大きな声で説明してくれながらボウルに盛られたアブラを、焼き台の端から端までずらりと並べていく店主。ここにいる全員の分を一気に焼くんですね。これはすごい本数だ。

 端まで並べ終わって、しばらくしたら、今度はクルクルと上下を返していく。途中でパッと炎が上がったりするんだけど、気にしない。あぶる程度に火を通すネタが多いので、焼き方そのものにはあまりこだわっていないのかもしれません。

 焼きあがったところから、さっき生野菜が出てきたのとほぼ同じ順序で、みんなに1本ずつ、アブラが配られていきます。

 アブラは、牛のリブロースをさっと炙ったもので、塩焼きで出されます。これでも十分にうまいと思うんだけど、年始営業のころはどんな味になっちゃうんだろうなあ。

 そこへ新たな4人組が入ってきて、1卓だけ空いていたテーブルに座って、これで満席。暖簾(のれん)も店内に入れられます。

「お客さんたち、うちにくるのは初めて? あ、そう。初めてじゃないんだね。じゃ、うちのやり方、わかってるよね。年末で出せるものも限られてるからさ。おまかせでいいかい?」

 と、新しく入ってきたお客さんに確認する店主。

「はい。おまかせでお願いします」

 ということで、新しいお客さんたちにも生野菜が配られます。

 2品めの“やきとん”は、これまた「埼玉屋」名物のひとつ、上シロです。上シロは、豚の直腸を串焼きにしたもので、他の店ではテッポウとかトロと呼ばれることも多い品です。シンプルな塩焼きなのに、臭みもまったくなくて、とろける軟らかさがいいですねえ。

 焼き台の上には、もう1度、上シロがずらりと並びます。今度はタレ焼き。やったぁ。今日は上シロが2本も食べられるのか! これはうれしいなあ。

 4本めはレバです。「今日のレバーは甘いよ」と店主。なるほど、当たり前かもしれないけれど、ちゃんと味見をされてるんですね。中野の「石松」の店主の話では、新鮮なレバーの味は見た目ではわからなくて、実際に食べてみるしかないんだそうです。

(つづく)

店情報前の記事

《平成22(2010)年12月29日(水)の記録》

|

« 東京に着くやいなやで … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) | トップページ | 岩中豚やきとんを堪能 … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/51219433

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ埼玉屋ワールド … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条):

» 岩中豚やきとんを堪能 … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) [居酒屋礼賛]
 「古典酒場」の倉嶋編集長、ライターの本間さん、そして本間さんの先輩のKさんとともに、年内最終営業日の「埼玉屋」を楽しんでいます。  「埼玉屋」ならではのクリーミーな生ホッピー(480円)をグイッとやりながらの、やきとん(各140円)の5本めはハツです。  ここの焼き物は、1種類ごとに大きなボウルにどっさりと入れられていて、奥の厨房から運ばれてきます。それを焼台前の大皿に移して、焼台に並べていくの... [続きを読む]

受信: 2011.03.27 12:49

« 東京に着くやいなやで … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) | トップページ | 岩中豚やきとんを堪能 … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) »