« 泡盛2杯とおでん6本 … おでん「あわもり」(呉・新広) | トップページ | クリスマスイブに飲む … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) »

竹輪、大根、焼酎湯割 … 屋台「一二三(いちにさん)」(呉)

竹輪、大根、焼酎湯割


 「あわもり」を出ると、ちょうど目の前がバス停。ただし、大通りをちょっとはずれた路線なので、午後7時を過ぎると、呉まで帰れるバスは1時間に1本ほどしかなくて、午後7時40分の次は8時33分で、これがこのバス停から呉市内まで帰るバスの最終便。

 なので、ほとんどの場合は、大通りまで出てバスで帰るか、新広駅まで歩いて電車で帰るかという選択肢になるのです。

 しか~し。なんと今日は「あわもり」を出たのが午後8時半。バスの時刻にぴしゃりではありませんか! こうなると歩くのはめんどくさくなって、このバス停からバスに乗り込みます。

 広の町から呉に出るには、以前、住んでいたころはクネクネと呉越(くれごえ)峠を越えるルートしかなかったのですが、今は休山(やすみやま)の下をぶち抜いて「休山新道」という長いトンネルが通っていて、朝な夕なに渋滞はしているものの、以前と比べるとずいぶんと交通の便もよくなっているのです。

 しかし、今日のバスは、昔ながらの呉越峠を越えていく路線。峠を越えたあたりでチラチラと見えてくる呉の街の明かりがとても美しいのです。古くからの港町は、いずこも坂のある町でもあるので、まわりの斜面にも明かりが並んでいるのがいいんですね。

 本通3丁目のバス停で降りて、まっすぐに堺川(さかいがわ)を渡ると、その両側が呉の屋台が並ぶ「赤ちょうちん通り」です。そして、その交差点のすぐ右手にあるのが「一二三」なんだけど、あれっ!? いつもは金・土の週二日しか開いていないはずの「一二三」が、今日は開いてる。そうか、明日が祝日(天皇誕生日)なので開けたんですね。

 「一二三」の営業は、不定休で午後6時半から朝の4時まで。まだ幼いお孫さんの面倒を見ながらの屋台運営なので、基本的に金曜と土曜だけの営業になってしまうのですが、今日のような祝前日にも開くことがあるんですね。これは行かねば!

 防寒用のビニールシートをかき分けるようにしながら、「こんばんは」と屋台の中に入ると、

「おろ、いらっしゃい。久しぶりじゃの。元気じゃったんか?!」

 と笑顔を向けてくれるお母さん。そういえば先週末は四国の故郷(いなか)に帰省していたので、「一二三」に来るのは11日ぶりです。このところ「一二三」に来る頻度が上がってるなぁ。

 豚足やおでん、ラーメンといった料理が美味しいということもあるけれど、ここの一番の魅力は、この屋台を二人で切り盛りされているお父さんとお母さんの人柄にあります。店内にはいつも笑い声があふれていて、本当に居心地がいい。

「焼酎の湯割り(400円)と、最初はおでん(各100円)にするかなぁ……。」

「よっしゃ、おでんの。なに取ろか?」

 と新しい皿を1枚手に取り、おでん用の菜箸(さいばし)をかまえるお母さん。

「大根とぉ、あと竹輪。」

「よっしゃぁ、大根と竹輪の。」

 と復唱しながら、おでん鍋の中から煮汁のよく染みた大根と竹輪を選んでくれます。お母さんは、いつも「よっしゃ」と元気よく注文を受けてくれるのです。

 おでんをつまみながら、「いいちこ」(麦焼酎)の湯割りをちびりちびり。

 あっさりとしたものも食べたくなって、ナスビ(350円)を注文すると、その場で1本のナスビを取り出して、目の前で、あっという間にナスの塩もみを作ってくれます。

 なにしろ屋台には〔別室の厨房〕なんていうかっこいい場所はなく、すべての料理は目の前で仕上げられていきます。そうやって調理されていく様子そのものも、これまたいい酒の肴になるんですよねぇ。

 最後はラーメン(500円)で〆て、1時間ほどの滞在は1,450円でした。どうもごちそうさま。

101222j 101222k 101222l
「一二三」 / ナスの塩もみ / 〆のラーメン

店情報前回

《平成22(2010)年12月22日(水)の記録》

|

« 泡盛2杯とおでん6本 … おでん「あわもり」(呉・新広) | トップページ | クリスマスイブに飲む … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/51070375

この記事へのトラックバック一覧です: 竹輪、大根、焼酎湯割 … 屋台「一二三(いちにさん)」(呉):

» 仕事納めの締めはここ … 屋台「一二三(いちにさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 平成22(2010)年も、今日で仕事納めです。入社して初めて配属された呉の地に、22年ぶりに戻ってきた今年。学生時代にも、横浜での単身赴任生活(8年間)でも経験したことがなかった、自炊生活をはじめたのも今年でした。あっという間にいろんなことが起こった9ヶ月でした。  横浜勤務のときは、職場ごとに社内で仕事納めの軽い宴会をやってから、二次会以降、近くの酒場に繰り出したりしていたのですが、こちら呉は... [続きを読む]

受信: 2011.03.21 22:34

« 泡盛2杯とおでん6本 … おでん「あわもり」(呉・新広) | トップページ | クリスマスイブに飲む … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) »