« クリスマスイブに飲む … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) | トップページ | 3月末日をもって閉店 … おでん「あわもり」(呉・新広) »

クリスマスケーキで〆 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)

クリスマスケーキで〆


 「魚菜や」の忘年会が開催されたのは12月25日の土曜日。土日祝日が定休日である「魚菜や」に、土曜日に来るというのも新鮮な感覚ですね。

 忘年会の開始は午後6時で、会費は5千円。店の壁には古い柱時計が設置されていて、「これが10回鳴るまでよ」と女将さん。10回って、10時までってこと。そんな、4時間もは飲み続けないんじゃない、と開始時点ではみんなで話していたのですが……。

 席にはすでに小鉢がふたつずつ並んでいて、ひとつにはメンパチの唐揚げが、もうひとつにはタコのぬたが盛られています。どっちも好物だなぁ。

 メンパチというのは、ネブトという魚の呉方面での呼び方のようで、小さい魚なのに、味わいがとても深いのです。小イワシの天ぷらもいいけど、メンパチの唐揚げもいいんだよなあ。生ビールにも日本酒にもよく合います。

 真鯛のカルパッチョを食べ終わると、次は野菜鍋です。あらかじめ味付けされたスープの中に、トマト、キャベツ、ほうれん草などの野菜をたっぷり投入して煮込みます。

 穴子のみぞれ揚げや、おでんなどで、呉の地酒をたっぷりといただいたあと、薬味に暮坪かぶ(くれつぼかぶ)を添えた“もりそば”でビシッと〆。

 最後にデザートとして出されたのは、なんとクリスマスケーキ。そうか。今日がまさにクリスマスなんですね。

 終わってみると、本当に午後10時。「さぁ、時計が10回鳴ったから、そろそろ帰るぞ」と腰を上げます。

 「魚菜や」を出た後は、一緒に来ていた同期のH君とともに、スタンドへ。日付けが変わるころまで楽しんで、お勘定は二人で1万円(ひとり5千円)と、「魚菜や」の忘年会費とちょうど同じでした。

101225a 101225b 101225c
メンパチ唐揚げ / タコのぬた / 真鯛のカルパッチョ

101225d 101225e 101225f
野菜鍋 / 穴子を揚げる女将 / 小鉢に取った野菜鍋

101225g 101225h 101225i
穴子のみぞれ揚げ / がんす(おでん) / もりそば

店情報前回

《平成22(2010)年12月25日(土)の記録》

|

« クリスマスイブに飲む … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) | トップページ | 3月末日をもって閉店 … おでん「あわもり」(呉・新広) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/51108768

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスケーキで〆 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉):

» 今年最初のトークの日 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 毎月19日は、「魚菜や」の“トークの日”。ひとり3千円で「魚菜や」の全メニューが飲み食い放題になる(ただし2時間)、お客さま感謝デイなのです。  いつもはお客さんが来てからお通しが出されますが、お客さんが多い“トークの日”には、あらかじめ全座席にお通しが用意されています。  今日のお通しはフキ煮物、タコ煮物、ヤリイカ煮、百合根(ゆりね)、空豆、ぬた(ゲソ入り)の盛り合せ皿(八寸)と、ほうれん草の... [続きを読む]

受信: 2011.05.05 07:54

« クリスマスイブに飲む … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) | トップページ | 3月末日をもって閉店 … おでん「あわもり」(呉・新広) »