« 店情報: 食堂「みやさん」(広島・福島町) | トップページ | 出刃包丁でひと口大に … 食堂「みやさん」(広島・福島町) »

広島のホルモン天ぷら … 食堂「みやさん」(広島・福島町)

広島のホルモン天ぷら


 先月、広島在住のオオカワさんと「鳥八茶屋」で飲んでいたとき、

「西広島の一部のエリアに、ホルモンの天ぷらを食べられるお店が何軒かあるんですよ」

 というお話をうかがって、「ぜひ今度ご一緒させてください」とお願いしていたのですが、今日、それが実現する運びとなりました。

 JR広島駅の改札口に、呉線の到着時刻、午後1時15分に合わせて集合したのは、案内してくれる広島組が、オオカワさんと、広島の立ち飲み屋「善吉」の店主・鴉田(からすだ)さん。案内していただく呉組が、遊星ギアのカズさんと私の、総勢4人のメンバーです。

 初対面のごあいさつもそこそこに、広島駅前から路面電車(広電)に乗って、向かう先は、JR西広島駅近くの電停・福島町です。広島駅からの所要時間は30分ほど。なのに運賃は150円と安いなぁ、広電。私以外の3人は、「パスピー(PASPY)」という広島県交通系ICカードでピピッと支払い。これで払うと運賃が10%割引になるほか、乗り継ぎ時の割引もされるんだそうです。

 福島町駅で下車した4人は、電停前の横断歩道を右に渡り、そのまま住宅街の中の広いまっすぐな道を北上します。この一帯が、すでにホルモン天ぷらのエリアなんだそうです。

「この辺で天ぷらと言えば、ホルモン天ぷらのことを指すんです」

 道路左側にある「中華そば・天ぷら あきちゃん」と書かれた店を指差しながら、鴉田さんがそう教えてくれます。

 電停から500メートル(10分弱)ほど北上し、左手の路地に「くりはら」の緑のファサードテントが見えたら、そこを左折。この「くりはら」もホルモン天ぷらの食堂で、広島のグルメサイト「快食.com」のホルモン料理店というジャンルの中で、筆頭に挙げられているお店です。

 今日はその「くりはら」は通り過ぎて、次の小さな交差点を右折。50メートルほど先の右手が、我われの目指す「みやさん食堂」です。先ほどの「くりはら」が緑だったのに対し、こちら「みやさん」は赤いファサードテント。店頭にはLPガスの大きなボンベ2本に流し台。その流し台の横に、なんと洗濯機が鎮座しています。ホルモンの下ごしらえ(洗浄)に使うのかなあ。

 入口を入ると、左右にビールなどの飲み物が冷えている冷蔵庫があり、左手のフロア中央に、ドーンと大きな長テーブル(片側5席ずつの計10席)が置かれています。テーブル席の手前窓側(入口の延長線上)には、壁に作り付けのカウンター席が5席ほどあり、その隅っこ上部にテレビが置かれています。テーブル席の奥は、厨房との間を仕切るようにL型のカウンター(Lの内側に座る形式)7席ほど。Lの角のところに、丸い大きなおでん鍋が置かれています。

 テーブル上やカウンター上には、等間隔にまな板が置かれていて、さらにそのまな板の上には小さな出刃包丁が置かれています。これでホルモン天ぷらを切り分けながら食べるんだとか。これは面白そうだなあ。

 オオカワさんや鴉田さんは何度かいらしゃっていますが、遊星ギアのカズさんと私は初訪問。何軒かあるホルモン天ぷらの店の中で、この店だけが注文を受けてから天ぷらを揚げてくれるので、熱々の天ぷらが食べられる。それがこの店を今日の1軒目として選んだ理由なんだそうです。

「ビールをもらいますね」

 と店のおばちゃんに声をかけながら、冷蔵庫から勝手にビールを取り出し、テーブル席の奥のほう両側に、二人ずつ並んで座ります。

「なんにしましょうか?」と店のおばちゃん。

「肉を10個と、野菜を5個。混ぜておまかせで」と注文してくれる鴉田さん。「チギモは入れてくださいね」とオオカワさんが補足します。

 壁のメニューには「天ぷら(肉・野菜)100円」「おでん120円」「でんがく400円」……と書き出されており、厨房との仕切り壁の上部に、「白肉、ハチノス、センマイ、ビチ、オオビャク、チギモ、ヤオギモ」と書かれた紙が張り出されていて、その横の小さな紙には「時々」と注意書きがされて「上白肉、ガリ」という2品が書き出されています。う~む。名前を聞いてもちっともわからない部位もありますねえ。

 さらにその右手には、「ジャガイモ、サツマイモ、ゴボオ、タマネギ、レンコン、シイタケ、豆、ナス、アスパラ」と、今日の野菜天ぷらの短冊メニューが並んでいます。

 ビール(アサヒスーパードライ大瓶、550円)で乾杯しながら待つことしばし。丸皿にてんこ盛りになった天ぷらが出てきました。

(つづく)

110115a1 110115b1 110115c1
みやさん食堂 / まな板に出刃包丁 / 天ぷらメニュー

店情報

《平成23(2011)年1月15日(土)の記録》

|

« 店情報: 食堂「みやさん」(広島・福島町) | トップページ | 出刃包丁でひと口大に … 食堂「みやさん」(広島・福島町) »

コメント

それにしても、居酒屋に包丁。危ない組み合わせにびっくり。

てんぷらは広島でもこの狭い地域にしか無いんですよね。なんというか十条のからし焼きの様な存在と言うか。わりとうまいし、作り方が特殊でもないのに、なぜか他の地域で見かけない。

久々に食べたくなりました。

投稿: 自宅警備隊隊長 | 2011.04.15 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/51389912

この記事へのトラックバック一覧です: 広島のホルモン天ぷら … 食堂「みやさん」(広島・福島町):

» 出刃包丁でひと口大に … 食堂「みやさん」(広島・福島町) [居酒屋礼賛]
『広島にホルモン天ぷらを出してくれる食堂が何軒かあるエリアがある』  ということで、広島在住の酒場通・オオカワさんと、広島の立ち飲み屋「善吉」の店主・鴉田(からすだ)さんにご案内いただいて、遊星ギアのカズさんとともに、ホルモン天ぷらを出してくれる食堂の1軒、「みやさん」にやってきています。  このあたりはすっかり住宅街で、そのところどころに、ポツリ、またポツリと食堂があって、そこでホルモン天ぷらが... [続きを読む]

受信: 2011.04.15 22:39

« 店情報: 食堂「みやさん」(広島・福島町) | トップページ | 出刃包丁でひと口大に … 食堂「みやさん」(広島・福島町) »