« 店情報: 居酒屋「九太呂(くたろ)」(広島・本川町) | トップページ | 店情報: イタリアン酒場「バーカロ・ウノ(BACARO UNO)」(広島・胡町) »

内臓も丸ごとイワシ天 … 居酒屋「九太呂(くたろ)」(広島・本川町)

内臓も丸ごとイワシ天


 オオカワさん、鴉田(からすだ)さん(「善吉」店主)、遊星ギアのカズさんと一緒にめぐる広島酒場。4軒目はタクシーで本川町まで移動して、居酒屋「九太呂」です。

 広島を代表する居酒屋として名前があげられることが多い、酒肆「なわない」の原点とも言うべきお店が、ここ「九太呂」なんだそうです。

 まずそれまでも別の地で居酒屋をやっていた女将がここ「九太呂」が開店し、その後、ご主人がそれにならって「なわない」を開店した、という順番です。

 魚は天然、野菜は国産、添加物は一切使用しないという料理が人気で、黒板に手書きで書き出されている今日のメニューは、ざっと50品。値段はおでんや串ものを除くと、一品360~750円と、いい品を使っている割りにリーズナブルです。

 こういうきちんとした料理には燗酒がいいですね。日本酒は広島(三次)の「美和桜」で、2合が730円です。このほかに、各種冷酒が1合550~750円。焼酎も1杯あたり350~550円で、各種そろっています。

 店内は右手が大きなカウンター席で、左手と奥側にテーブル席が並んでいます。木とレンガを基調にした店内は、とても落ち着きがあります。

 料理は、ひとり一品ずつ程度を注文。

 おから(360円)は具だくさんのしっとり系。藤沢の「久昇」のおからより、もっとしっとりとした食感で、トッピングされている紅生姜の赤で、おからの白さが際立ちます。

 なまこ(530円)。刻みネギをたっぷりとかけて、紅葉おろしをトッピングしています。ぬた(360円)の具材は鳥貝(とりかい)です。

 おでんは一品160~260円で16種類。その中から牛すじ(210円)を2本いただきます。

「この店に来たら、ぜひこれは注文してください」

 というオススメの一品は、いわし天(630円)。“いわし”と単純に書かれていますが、もちろんこの“いわし”は“小イワシ(カタクチイワシ)”で、内臓を取らずに、そのまま天ぷらにするのが「九太呂」流。内臓のほろ苦さが、日本酒によく合います。これはいい。

「そして、締めはこれです」

 と江波巻(えばまき、370円)を2人前注文。江波というのは、広島市内の太田川河口あたりの地名で、江波巻はその地の名物料理なんだそうです。

 焼海苔に熱々のご飯をのせ、食べやすく刻んだ広島菜(ひろしまな)を醤油で味付けしたものを芯にして巻いたもの。1本を真ん中から2等分したものが1人前で、その長さのまま、かぶりついていただきます。

 江波あたりは、昔は海苔の養殖が盛んでした。その当時、傷の入った売り物にならない海苔を使って作ったのが、この江波巻だったんだそうです。

 1時間ほどの滞在は、4人で5,960円(ひとりあたり1,490円)でした。どうもごちそうさま。またじっくりと来てみたい居酒屋です。

110115a5 110115b5 110115c5
店内の様子 / おから / なまこ

110115d5 110115e5 110115f5
ぬた / 牛すじ2本 / 江波巻2人前

店情報

《平成23(2011)年1月15日(土)の記録》

|

« 店情報: 居酒屋「九太呂(くたろ)」(広島・本川町) | トップページ | 店情報: イタリアン酒場「バーカロ・ウノ(BACARO UNO)」(広島・胡町) »

コメント

浜田様、ぜひご一緒させてくださいませ!

投稿: りゅうちゃん | 2011.04.30 08:12

実に、うまそうですな。

是非一度、ご一緒させて頂きたい物です。

投稿: 渇男 | 2011.04.30 10:21

4/30荻窪やきやに行きましたところ解体されて残骸のみでした.どうしたのでしょう.

投稿: 伊東弘一 | 2011.04.30 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/51524393

この記事へのトラックバック一覧です: 内臓も丸ごとイワシ天 … 居酒屋「九太呂(くたろ)」(広島・本川町):

« 店情報: 居酒屋「九太呂(くたろ)」(広島・本川町) | トップページ | 店情報: イタリアン酒場「バーカロ・ウノ(BACARO UNO)」(広島・胡町) »